coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

いいお買い物

今日は、イイ天気というわけではなかったけど


日中は暖かく、外のジャンボ舟の水温も約18℃。


久しぶりに赤虫を与えたら、みんな慌てながら


われ先にって感じでパクパク食べていた。


今のうちにしっかり食べて、寒くなったらしっかり寝て


来年の春はジャンジャンバリバリ産んでほしい。



ということで


先日100均で見つけた簡易ポリタンク、ではなく


簡易給水タンクでブラインの分離&幼生抽出をしてみた。




2016111301.jpg


24時間エアレーションしたブラインの卵を給水タンクに移し


ライトを当てて分離中。


本番はこの間に翌日分のブラインをセットをしたり


場合によってはお風呂に入ったりご飯食べたり・・・。
















2016111302.jpg


100均用品を使用し、ここまではイメージ通り。


ピコピコ泳ぎながらコック付近に集まってきた。
















2016111303.jpg


分離出来たらコックを開けて一気に抽出。


指一本でレバーを押すだけなのでかなり楽ちん。


止めたい時は指を離すだけだし


サイフォン方式と比べたらかなり自由自在で


抽出時間もあっという間。


このお買い物は本当に大発見だと思う。


発見がもっと早ければ、今年やってたかも・・・。














2016111304.jpg


卵の殻や孵化してない卵が混ざる量は


サイフォン方式に比べたらとても少なく


きれいに分離出来ている。













2016111305.jpg


容器の凸凹に殻がイイ感じで引っかかるので


本当に使い勝手がイイ。


予備でもう2,3個買っておいてもいいかもしれない。


来年の春に100均で買おうと思っても


すでに販売終了ってこともあるので。





blog_import_51cc6fb32d3af.jpeg


販売終了といえば、


最近、この形のスポイトを見かけなくなった。


かなり使いやすくて好きだったのに・・・。


どこの100均にもホームセンターにも売ってない。


少し違う形のスポイトが売られていたが


それは使いにくくて自分的にはNG。


最後はネットで探すしかないかもしれないけど


1個100円ぐらいだから送料の方が高くなるので


100個ぐらいまとめ買いしないと。







100個はいらない。









ということで


とりあえずブライン関連は何とか効率を上げられそうなので


ひとまずお試し期間は終了し、器具は来春まで倉庫行き。


次回からは肝心の産卵に関してじっくり考えていきたい。


仕掛けるまでの準備やタイミングなどなど。


場合によっては人工授精もやってみたい気もするけど


過去、一度だけ挑戦はしたけど失敗に終わり、多少苦手意識が強い。


ど~しても人工授精が必要になったら頑張ろう。






では、また。





スポンサーサイト
  1. 2016/11/14(月) 01:14:19|
  2. 金魚飼育全般

来年の仔引きに向けて・・・ブライン編

2017年春の仔引きまであと約半年。


以前の仔引きでうまくいかなかったことなどを少しでも改善して


楽しい仔引きが出来ればいいなあと考えている。



まず、仔引きで欠かせないのが針仔の餌となるブラインシュリンプ。


ブラインシュリンプを孵化させ、幼生と卵の殻を分離し


毎日朝晩ひたすら与え続け、毎回食べ残した分の掃除&水換え。


冷凍赤虫が食べれるサイズに成長するまでの約1ヶ月間、一日も欠かさず続ける。


当然仕事をしながらの毎日となるため、夜は仕事から帰ってからの作業となり


就寝は平均am1:00頃。


朝は6時起きからの作業なので睡眠時間は5時間程度。


慣れてくればなんてことないが、慣れる頃には赤虫に切替わる。


自分としてはこの1ヶ月間が無限地獄のように感じられ


もう来年は仔引きなんて絶対しないと思ってしまう原因の一つ。


でもこれを適当にしてしまったら、針仔たちは全滅するんじゃないか・・・


なんて考えながら、常に危機感をもってブラインと戯れている。


そんな地獄のような毎日を少しでも楽しく過ごしたいなあと思い


ここ数日間、ブライン沸かしから分離の手順など、色々と試行錯誤している。



まずはブラインを孵化させるための容器。


昨年までは円柱型の花瓶を使って卵を撹拌していたが


何となくイマイチだなあと感じていた。


どうしても底に一部の卵が停滞してしまうので


エアーを強くする必要があった。


強くしすぎると、孵化率に影響が出るんじゃないかと思い


どうすれば底に卵が停滞しなくなるか考えてみた。


市販されているハッチャー何とかみたいに


底が丸ければ卵が停滞せずに常に撹拌出来るのではと思い


2016111001.jpg


この2㍑のペットボトルに少し手を加え
















2016111002.jpg


こんな感じに。


側面の凸凹は薄くなり、底は丸みを帯びて中央がとんがった。















2016111003.jpg


ペットボトルの底の中央は分厚く出来ていて


ここまでとんがらせるためにかなり試行錯誤した。














2016111004.jpg


底のとんがった部分にエアストーンを配置させることで


卵がしっかりと撹拌させることが出来、とりあえず役立ちそう。














2016111005.jpg


孵化後の状態。


孵化しなかった卵がとんがった部分に溜まり


幼生と分離しやすくていい感じ。


エアーも強くしすぎることなく撹拌出来た。













2016111006.jpg


けっこうきれいに分離出来た。


幼生を吸い取るときに多少殻が入るのは仕方がない。




つづいて、分離するための容器について













2016111007.jpg


木材の切れ端を組み合わせてこんなものを作り、














2016111008.jpg


孵化したブラインの幼生を取り出すための容器を自作して固定し


実際に取り出そうとしたけどイマイチうまくいかず、















2016111009.jpg


さらに別の取り出し用の容器を自作して、今度こそと思って


実際に試したけどやっぱりイマイチで、
















2016111011.jpg


結局サイフォンで上から吸出すのが一番早かった。


でもこれだと昨年とあまり変わらず進化が見られず


ライトの固定もイマイチで不安定なので


何かイイ物ないかなあと思いながらいくつものホームセンターを


回ったがこれといったものは見つからず。


容器の底近くにコックが付いているものがあれば便利だなあと思い


探してみたけど、ホームセンターでは見つけることは出来ず。


やっぱりネットで探すしかないかなあとあきらめかけながら


何となく100均屋さんで物色していると、
















2016111013.jpg


見つけた。


アウトドア用の簡易ポリタンク。


イイ感じの位置にコックが装着されている。


これはきっと使える。



ちなみに、100均屋さんで販売されてるけど


レジでは、『400円商品ですがよろしいでしょうか?』と


確認される。

















2016111015.jpg


ついでに100均屋さんでこんなライトも購入し
















2016111016.jpg


こんな感じで幼生を集めてみようと目論んでいる。


さらに、
















2016111017.jpg


こんなライトも購入し、
















2016111018.jpg


こんな感じでもやってみようと考えている。


さらに、
















2016111019.jpg


2つのライトを組み合わせ、
















2016111020.jpg


ダブルで照らしてみようかとも考えている。




ということで


ペットボトルを加工した撹拌容器でブラインを孵化させるのは


ほぼ確定。


簡易ポリタンクで思惑通りに幼生を簡単に取り出すことが出来れば


かなりの効率アップになる。


ブラインの孵化率そのものは用法・容量をよく守り


水1㍑に対し粗塩20g、ブラインの卵1グラムとし


水温は28℃固定。


よくばって卵の量を増やすと、結局底に溜まる卵の量が増え


分離の時に混ざる卵の量が増えるだけ。


あと、孵化した幼生は塩分濃度約0.2%の水でゆるくエアレーションしておくと


36時間は活き続けることも確認できた。


エアレーションなしの場合、夜孵化した幼生は朝までもたなかった。


夜に分離した幼生の一部を翌朝まで活かし


それを与えることで朝の作業がかなり楽になり


時間もあまりかからないので睡眠時間を稼ぐことが出来るし


針仔たちの容器の水を塩分濃度0.2%にすれば、朝多めに与えても


日中も食べ続けられるので、夜に掃除する残餌の量も減るのではと考える。


昨年も試していることなので、これは大丈夫だと思う。



ということで


簡易ポリタンクが役に立つかどうか


それはまた次回・・・。




では、また。






  1. 2016/11/11(金) 00:58:18|
  2. 金魚飼育全般

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦を中心に飼育しています。
理想の自家産東錦作出を夢見て
毎年春には仔引きにも挑戦してます。
毎年5月頃にはこのブログで
里親さん募集も行ってます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (349)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。