coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

意気消沈

お気に入り稚魚たちの突然死から一日が経過し

新たに☆になる仔は今のところ出ていません。

ですが、稚魚たちの状態はとても悪く

生き残った約30匹の内、1/3の仔が底に沈んだまま動かず

泳ごうとする動きは見せますが、骨の抜かれた魚のように

フニャフニャと弱々しい泳ぎしか出来ません。

水中でじっとしてる仔たちの中には泳ごうとすると

尾ひれを小刻みに震わせながら泳いだり

小さな尾ひれが真っ赤に充血したりと、見るに堪えない状態です。



大変残念ですが、全滅までは時間の問題と思われます。

もう少し様子を見ようとは思いますが、今の状態が長引くようであれば

流す覚悟も必要かと・・・。



あらためて、今回の原因は何か考えてみました。

今日の稚魚たちの状態から見ても、何かの菌に侵された可能性があり

そういう方向から考えると、選別のときに使用したすくい網に

何らかの菌が付着していた可能性が考えられます。

いつも使い終わったあとは洗剤でもみ洗いした後、外で干してます。

今回の選別の時も、事前に洗って干して乾いた状態でしたが

さらに一度水洗いをして使用しました。

それでも、干していた時に何らかの菌が付着していたとしたら

水洗いぐらいでは除去出来ていなかった可能性があります。

これも推測に過ぎませんが、ないとは言い切れないでしょう。




今回の件で、すっかり意気消沈してしまい

かなりヤル気が失せてしまいました。



もし、お気に入りの仔たちが全滅してしまった場合

残っているお気に召さない仔たちにすべてを託すことになりますが

そうなった場合、正直まったく気合いが入りません。



今年のお気に入りの仔たち、

けっこうイイ仔がいるなあなんて思い始めてたんですけどね・・・。




ということで、この機会にブログを少しお休みし

色々なことをじっくりと見直してみようと思います。




以前より

金魚飼育に関して嫁さんから色々と要望を突きつけられてますので

そろそろ決着をつける時なのかなあとも思いますし。




もし、稚魚たちが劇的に快方に向かった場合は

ハリキッテ更新すると思いますが、ちょっと難しそう。

こういう時に自分の無力さを痛感します・・・。




前回と今回は内容が内容なので

コメント欄などは控えさせていただきました。

ご了承ください。





では、また。




スポンサーサイト
  1. 2015/06/27(土) 01:09:46|
  2. 金魚飼育全般

お気に入りの稚魚たちが全滅寸前・・・。

玄関で飼育中の稚魚たちを屋外デビューさせるための準備として

今日はお気に入り組とお気に召さない組に仕分けました。


稚魚たちを飼育している舟から一部の稚魚を網ですくい

洗面器に移してからお気に入りとお気に召さない仔を選別し

また別の2つの容器にそれぞれの仔を入れていきます。

それを何回も繰り返してすべての仔を仕分け、お気に召さない仔は

屋外舟へ一足先に引っ越し、お気に入り組は引き続き玄関で飼育。

梅雨が明けるまでお気に入り組は玄関で飼育し、梅雨が明けたら

お気に召さない仔たちが仕上げた舟に移動させる、という予定でした。


選別して2つの容器に仕分けた後、先に玄関で使っていた舟を丸洗いし

フィルターのろ材の砂利や容器も飼育水で軽く洗浄し、再びセット。

そして、お気に入り組を舟に戻そうと思ったその時、事件が発覚!


お気に入り組を一時的に入れていた容器の中で

数匹が水面に横たわり☆になっていました。

その他のお気に入りの仔も様子がおかしく

容器の底でじっとしたままだったり、時々真横になって泳いだりと

あきらかに異常な状態。




『なぜ・・・???』と目が点になり、頭が真っ白になりました。

お気に召さない組の仔たちはいたって普通。

どうしてお気に入りの仔たちだけこんな状態になってしまったのか・・・。



とりあえず、戻そうとした舟のフィルターをいったん取出し

塩を投入しエアレーションのみにして、生きているお気に入りの仔を戻しました。

その後も数匹の仔の泳ぎ方が弱々しくなったと思ったら、動きがピタッと止まり☆に・・・。





このまま全滅してしまうのか・・・、そう思ってしまうような悲惨な状況でした。





お気に召さない仔たちは数日前からセットしてあった屋外の舟へ無事に引っ越し

特に問題もなく、みんな元気そうにビビりながら舟の片隅に集まって固まってました。



その後もお気に入りの数匹が☆になったため、

持っていたエルバージュを規定量より少ない量ほど舟に投入。

そのまま数時間様子を見るかぎり、たまたまかどうか分かりませんが

☆になる仔は出なくなり、なんとか落ち着いた様子。

でも全く元気はなく、底の方でじっとしたままだったり

エアレーションのゆるい水流にあおられたりする仔もいたりと

予断を許さない状況には変わりはありませんでした。



どうしてこんなことになってしまったのか?

仕分ける前は餌欲しさに水面まで近寄ってくるほど元気だったし

仕分けた2つの容器も事前にしっかり洗いキレイな状態だったし

容器に入れた水も玄関で汲み置きしていた水で

昨夜に準備した水なので傷んでいたとは考えられないし

同じ玄関なので急激な水温変化があったとも考えられず

お気に召さない仔たちの容器にも同じ水を使っていたし

すくった網も事前にキレイに洗浄していたし

お気に召さない仔たちもその網ですくったので

舟も仕分けた容器も水もすくい網も原因とは考えにくい。



では、なぜ?



唯一引っかかるというか、気になることは

2つの容器に仕分けた後、その容器はエアレーションしていなかった事。

玄関の舟やろ材などを洗浄している間、時間にして約30分ぐらい

エアレーションなしで待たせていたというのがちょっと気になります。

でも、お気に召さない組が全体の約7割に対し、お気に入り組の割合が約3割なので

どちらかというと、お気に召さない仔たちの方が酸欠になってもおかしくなかったかなと。

そのお気に召さない仔たちは元気モリモリでお気に入りの仔たちは壊滅寸前・・・。

結局これといった原因は不明・・・。



夕方の段階で確認すると、ほんの少しだけ良くなってるように見えましたので

もう一度水を換え、エルバージュなしの塩のみで引き続き治療中。

今後どうなるかは何とも言えませんが、何とか持ちこたえてほしいと思います。



この仔たちが孵化してもうすぐ7週間になりますが、今回は相当こたえました・・・。

原因はハッキリとはしてませんが、おそらくどこかにミスがあったんだと思います。

以前にも一度稚魚を大量死させた経験がありますので

飼育器具の洗浄や保管方法はしっかりやっていたつもりでしたが

まだどこかに抜けがあったか、稚魚の扱い方に間違いがあったのかもしれません。

いずれにしても、今後は今まで以上に慎重に稚魚たちに向き合う必要がありそうです。



今年は、『 一 ・ 腹 ・ 入 ・ 魂 』をモットーに慎重にやってきたつもりでしたが

早くもここでつまづいてしまいました・・・。



この仔たちに何かあったら、今シーズンはこの時点で終了してしまうので

今回の件は、この先の金魚飼育継続にも影響しかねない大事件です。



とにかく、静かに祈りながら復活を待ちたいと思います。




では、また。



  1. 2015/06/26(金) 00:00:35|
  2. 金魚飼育全般

どうでもいい事

201506212.jpg

今年の自家産東錦たちは孵化から6週間が過ぎ、あとは屋外デビューを待つだけ。

稚魚たちを屋外デビューさせるため、今日は屋外飼育場に稚魚用の舟も立ち上げました。

次の休日に選別し、ハネた仔の一部を屋外舟に投入してしばらく様子を見ながら

お気に入り組の屋外デビューのタイミングをはかろうと思ってます。











201506213.jpg

201506214.jpg

2012年の12月にオークションで初めて、『 鈴木東錦 』として出品されていた東錦を落札。

その翌春にはわが家で初めての『 鈴木系東錦 』が誕生しました。

昨年も今年も自家産の鈴木系東錦が誕生してますが

そろそろ鈴木系と書くのはやめようかなと思うようになりました。

というか、鈴木という名を語るのも如何なものかと・・・。



わが家で仔引きし、自分が選んで買った餌を与えて育て、自分が選別して残した仔たちは

鈴木系東錦ではなく、単純に自家産の東錦かなと。

でも今後も目指すところは、長手、浅葱色、墨や蛇の目などなど

本家本元の鈴木東に限りなく近い東錦。



ちなみに、本家本元の鈴木東なんてこの目で生で見た事ありませんけど・・・。















まあ、そんなイメージということで・・・。











今日の内容はどっちかと言うと

まったくもってどうでもいい事でした・・・。




では、また。




  1. 2015/06/22(月) 00:55:48|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:6

孵化から6週間経過

201506191.jpg

5月9日に孵化した仔たちは6週間が経過しました。

この1週間は赤虫を中心に与え、粒餌も与えてますので

成長速度が上がってきたように感じます。











201506192.jpg

食欲もどんどん上がってきて

今までは人が近づくと、舟の奥の方へ逃げ腰でしたが

最近は近づくと逆に舟の手前の水面に集まってくるようになりました。

そろそろ冷凍赤虫地獄が始まりそうな予感・・・。

冷凍赤虫地獄とは、

お小遣いがみるみるうちに糞になってしまうという現象・・・。













201506193.jpg

今のうちにしっかりと無理のないように食べさせてサイズアップを図り

梅雨が明けたら屋外飼育に切り換えます。

今いる稚魚たちの中から期待出来そうな仔だけを80舟で少数精鋭飼育して

その他の仔たちは選別しながら、あのでっかい舟で飼育するつもりです。


また色々と忙しくなりそうです。



では、また。




  1. 2015/06/19(金) 23:31:26|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:0

孵化から5週間経過

201506131.jpg

5月9日に孵化した仔たちは今日で5週間が経過。

今日の水換え中に少し写真撮影してみました。











201506132.jpg

201506133.jpg

201506134.jpg

体色の変化がハッキリしてきました。

普通鱗、モザイク透明鱗は半々ぐらいの数でしょうか。

透明鱗らしき仔も少しだけ残してますが、色の具合によっては

途中で選別対象となるでしょう。











201506135.jpg

もう少し様子を見てから、また選別したいと思います。

そして、梅雨が明けたらいよいよ屋外デビューです。

年末に決める当歳魚自己満足グランプリの勝者はどの仔になるのか、

ちょっと早いですが今から楽しみです。




では、また。



  1. 2015/06/14(日) 22:46:11|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:2

そのまんま赤虫始めました

201506111.jpg

やっとこのタイトルをアップすることが出来ました。

5月9日に孵化した稚魚たちも1ヶ月を過ぎましたので

そのまんま赤虫開始です。

もう刻みません。











201506112.jpg

与えてる赤虫は細目のタイプですが

口いっぱいほおばって一生懸命食べてます。

赤虫を与えるとよく見かけるのが

ほおばってる赤虫を反対側から咥えて奪おうとする奴。

奪い合いしなくてもそこらへんにいっぱいあるのに・・・。



ということで

朝は冷凍赤虫

昼はフードタイマーで稚魚用粒餌

夜は冷凍ミジンコか冷凍赤虫っていう感じで

しばらくやっていこうと思います。


今後は給餌量が増え、体も糞も大きくなり、気温も上がるので

あのツーンと鼻をつくアンモニア臭が玄関中に漂い

あのお方から、『臭っ!』って言われるので

頑張ってこまめに水換えしないと・・・。




では、また。




  1. 2015/06/12(金) 00:00:23|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:2

がんばろう!稚魚飼育

6月7日からの4日間、家族や金魚たちを放ったらかしにして

現実逃避するために国外逃亡をはかっておりました。

その逃亡先は、











201506101.jpg

マーライオンでおなじみのシンガポール。

分かりやすく言えば、2泊4日の社員旅行。

とにかく暑かった・・・。

日本で言えば、8月末から9月の蒸しx100ぐらいの残暑。

朝も昼も夜もずっと・・・。















201506102.jpg

宿泊先はマーライオンの先に見えるマリーナベイサンズ。

こんなすごいものをよく造ったなあと感心しまくりでした。











201506103.jpg

屋上のプールには入りませんでしたが、眺めはもちろん最高。

国外逃亡期間中、写真ばっかり撮ってた気がします・・・。

でも今回の国外逃亡で、しっかりと現実逃避という気分転換が出来ました。












今回の個人的な感想は、


ニッポン最高!


色んな意味で・・・。











ということで

放ったらかしにしていた

孵化から1ヶ月経過した稚魚たちは、











201506104.jpg

1匹もおちることなく元気でした。

屋外舟の親魚や水槽飼育のピンポンたちも同様に。

稚魚舟はちょっとでも水質が安定しつづけるように

逃亡前にフィルターを1つ追加しておきました。











201506105.jpg

4日間、まったく餌は与えてませんでしたので

帰ってすぐに冷凍ミジンコを与えると

ガッツガツに食べまくり。

これからまた毎日しっかり食べさせないと。







ということで

今日からしっかりと現実を受け止め

仕事に家庭に稚魚飼育に精一杯がんばろうと思います。











あ~あ・・・。







では、また。




  1. 2015/06/10(水) 23:22:38|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:6

孵化から26日経過

201506041.jpg

今日で孵化から26日が経過。

今日は2回目の選別を行い

孵化当初の数から約1/3になりました。

まだまだこれから・・・。











201506042.jpg

201506043.jpg

今回は四つ尾を中心に残し、他は気になる色の仔を残しました。

三ツ尾&サクラ尾とその他の残念な尾の仔はここで脱落。




現在は毎日冷凍ミジンコを中心に与え、時々お試し感覚で刻み赤虫を与えてます。

今回はかなり数を絞りましたので、今後の成長に期待したいと思いますが

今週末から4日間留守をするため、その間の給餌が出来ません。

フードタイマーや嫁さんに頼ろうかと考えましたが

下手に与えすぎて水が傷み、帰ってきたら☆☆☆☆☆ってなってもいけませんので

4日間は無給餌でいってみようと考えてます。




かなり不安・・・・・。




では、また。




  1. 2015/06/04(木) 23:07:51|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:4

ブライン終了

201506011.jpg

6月1日の夜というか、夜中近くにふと、

『そうだ!ブラインやめてフィルターを設置しよう!』と思い立ち

わが家では定番の底面ろ過式投げ込みフィルターを稚魚舟に設置しました。

そうなんです、もうブライン給餌にはいい加減疲れたんです・・・。











201506012.jpg

このフィルターだと強い水流もなく、稚魚たちが吸われる心配もないので安心です。

砂利を口に含んでばらまくこともまだ出来ないので大丈夫でしょう。











201506013.jpg

ということで

さっそく今日から冷凍ミジンコを与えました。

以前、冷凍ブラインを与えてますがあっけなく食べてくれましたので

これもいけるでしょう。











201506014.jpg

初めて見る餌に最初は戸惑ってましたが

食えると分かったらすごい食いつきぶりで

3列分を与えましたがちょっと足りない感じ・・・。

このペースだと朝晩で1袋食べても足りないかもしれません。

ということで

次の休日には2回目の選別をして数を減らします。

次は明らかな四ツ尾だけを残す大胆な選別の予定。

大胆にいければの話ですが・・・。











201506015.jpg

ということで

ブライン部屋は来年まで封印。

しばらく器具の収納部屋になります。



あ~、うれしい。



では、また。



  1. 2015/06/02(火) 01:20:42|
  2. 金魚飼育全般
  3. | コメント:2

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦一本飼育です。

気が向けば小規模ながら仔引きにも挑戦。

かなり不定期更新のブログです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (357)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる