coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

ブライン終了~フィルター設置

201406241.jpg

201406242.jpg

屋外飼育の親魚たちと当歳魚たち。

最近ブログに登場させてませんでしたので

ちょっと写真を載せてみました。

病気することなくめちゃめちゃ元気なので助かってます。









201406243.jpg

本命稚魚たちのブライン給餌を終了させ、赤虫や粒餌に切り替えますので

稚魚舟にフィルターを設置します。

以前水槽飼育で使用していた大磯砂利を水道水で洗浄した後

熱湯消毒して再使用します。

キッチンでやると嫁さんに何を言われるか分かりませんので

カセットコンロを使って外でじっくりコトコトやりました。










201406244.jpg

稚魚舟に設置するフィルターは屋外のプールにも設置している

底面ろ過式投げ込みフィルターの小っちゃい版です。

100均で購入したシューズケースの底に大きめの大磯砂利を敷き、










201406245.jpg

容器の大きさに合わせて切った鉢底ネットを砂利の上に敷き、










201406246.jpg

以前使用していた投げ込みフィルターの土台だけを中央にのせ、










201406247.jpg

しっかり洗浄・消毒した細目の大磯砂利を詰め込んで完成。










201406248.jpg

一番上に大きめの砂利を敷きました。

これは特に意味はなく、ちょっと余ったので。

屋外プールのフィルターには上にリングろ材を敷いてます。










201406249.jpg

同じものを2つ作り、準本命とド本命の稚魚舟にそれぞれ設置しました。

効果は屋外飼育で既に実証済みなので、様子を見ながら給餌量を増やしていきます。










2014062410.jpg

フィルターは入れましたが季節が季節ですから油断は出来ません。

こまめに換水しながら稚魚たちの成長具合を観察していきます。


ということで

ブライン地獄が終わると同時に次は換水地獄の始まりです。

仔引きしてると、冬以外はあまりのんびりしてる暇はないですね・・・。


では、また。



スポンサーサイト
  1. 2014/06/24(火) 16:39:05|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

朱文金の奇跡・・・番外編

201406208.jpg

これは昨年の初夏の頃のわが家の屋外飼育場のウッドデッキです。

まだ飼育用のプールはなく、トロ舟を並べて金魚たちを飼育してました。










201406207.jpg

その中の舟の1つで朱文金5匹を飼育。

しっかりと産卵もさせたっぷりと採卵もしました。










201406209.jpg

ものすごい数の仔たちが孵化しましたがどれだけ選別をくり返しても一向に数が減らず

肝心の鈴木系東錦の稚魚飼育にも悪影響を及ぼしかねないので

朱文金の稚魚飼育は途中で断念しました。

親魚の5匹も手放すことにし、勤務先の上司にその話をすると

じゃあ会社で飼おう!というありがたいお言葉をいただきまして

5匹の朱文金たちはめでたく会社に貰われていきました。










2014062010.jpg

その後しばらくは鈴木系東錦の飼育に集中し、朱文金は過去の魚になるはずでした。

朱文金の稚魚を飼育していた時に選別漏れした仔を数匹、メダカがいる庭のタライに放し

ずっと放ったらかしにしてたのですが、ある日、タライの中に驚くものを発見。










2014062011.jpg

選別してハネた稚魚たちがタライの中で地道に生き延び、立派な朱文金に成長していたんです。

餌も与えず、水換えもしないこのタライで生き延び、さらに成長するなんて夢にも思わず

朱文金が持つ驚異の生命力にただただ驚きました。

と、ここまでがわが家で起こった朱文金の奇跡。

以前にこの内容はご紹介しました。


ですが、このお話にはまだ続きがあるというか、

まったく別の場所でも奇跡が起こっていたんです。










201406204.jpg

ちょっと見にくいですが、勤務先の水槽で元気にはしゃいでいる朱文金たち。

最初は60cm水槽で狭苦しい生活を強いられていましたが

今年になって90cmワイド水槽にグレードアップされましたのではしゃぎ放題。

そんな90cm水槽でやりたい放題の朱文金たちは、今年も当然のように追いかけっこをし

わずかに植えてあったアナカリスにたくさんの卵を産みつけてました。


朱文金たちのお世話は自分はまったく関与せず、上司が一生懸命やってます。

90cm水槽で産卵があったときも、上司はせっせとアナカリスを取出したり換水したりで

とても大変そうでしたが、自分は性格が悪いので見て見ぬふり・・・。


そんなある日、仕事中に上司が自分のところへたずねてきて

『ちょっといいか?』と手招きされるほうへ連れていかれました。

『朱文金のお世話をしないから自分をどこかへ飛ばすんじゃ・・・』なんて思いながらついていくと

会社の中で唯一ある屋外の喫煙所に着きました。










201406201.jpg

その喫煙所の片隅にアナカリスの入った小さな水槽が置かれてます。

『実はこの水槽の中にメダカがおるみたいなんじゃ』と上司が山口弁で言ってきました。

『えっ?メダカですか!』と聞き返すと

『ちょっと水槽の中を見てみい』と言われるので見てみると










201406202.jpg

ずいぶんとズングリムックリのメダカ?らしき生き物がアナカリスを

一生懸命つついてました。


そうです、これはまぎれもなく朱文金の稚魚です。

朱文金が産卵後、水槽から取り出されたアナカリスはこの水槽に移され

そのままここに放置されてたようですが、なんとここで孵化し

給餌も換水もされないこの小さな水槽で成長していたんです。










201406203.jpg

よく見ると他にも数匹が水槽の中でアナカリスや底に溜まったゴミをつついていました。

正直、わが家のメダカのタライで成長した朱文金を見つけた時よりも驚きは大きかったです。

何故ならこの仔たちは卵の状態でこの水槽に入れられ、ここで孵化して立ち上がり

ブラインも粉餌もミジンコもない環境で生き延び、さらに成長していたからです。




『これはメダカじゃなくて金魚の稚魚ですね』と自分。

『マジでっ!』と上司。

『マジです』と自分。

『あいつらの子供か?』と上司。

『そうですね』と自分。

『じゃあ大きくなったらあっちの水槽にいれようかの~』と上司。

『・・・・・。』とあえて無言の自分。




しかし、朱文金というのはどうしてこんなに強いんでしょうか?

現在、わが家では鈴木系東錦の稚魚たちのお世話をしてますが

毎日毎日ブラインを与えて残餌や糞を吸い取り水を換え

フナ尾はいないか、スボ尾はいないかと目を凝らしながら飼育していますが

何もしなくても育ってしまう朱文金を見ると、今の毎日がばかばかしく思えてきます。










201406206.jpg

もうすでに孵化から1ヶ月を過ぎたのに、あいかわらず孵化から2週間ぐらいのスモールサイズ。

少しは朱文金の稚魚の成長速度を見習ってほしいわが家の本命たちの稚魚たち。

とは言っても、飼育者が選別をサボってることが一番の原因ですが・・・。


ということで、まだまだブライン地獄は続いていきます・・・。


では、また。



  1. 2014/06/21(土) 01:11:37|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

鬼と悪魔とバカ野郎

今朝のコートジ戦、大変残念でした。

でもまだ次があるし、1試合やったことで硬さもとれて

今度こそニッポンらしいサッカーが出来るんじゃないでしょうか。

しっかり応援しましょう!!



ということで










201406151.jpg

今年1月に産まれた鈴木系東錦の当歳魚たちですが

少し調子を崩してしまい、応募していただいた里親さんのもとへは

発送出来ませんでしたが、塩浴を経て完全に調子を取り戻しましたので

本日、屋外のオスプールへ合流させました。










201406152.jpg

201406153.jpg

里親さん募集でオスの数もかなり減らすことが出来ましたので

当歳魚たちをプールへ合流させても容量的にはぜんぜん余裕です。

当歳魚たちも舟で飼育していた時よりもさらに元気になった気がします。

この当歳魚たちは無理な飼い込みはせず、ここでじっくりのんびり育てるつもりです。










201406154.jpg

『準本命』の稚魚たち。

のような選別をくり返し、やっとこの数まで絞りました。










201406155.jpg

とは言っても、これでもまだまだ多いので、しっかりと成長っぷりを確かめながら

もう少し選別していく予定です。










201406156.jpg

『ド本命』の稚魚たち。

今日は網でひとすくいして、その中の気に入った仔だけを選び

それ以外はハネるという悪魔のような選別をくり返しました。










201406157.jpg

それでもまだまだこんなに多い・・・。

洗面器で選別してる間に舟に残った仔たちは

ひそかに細胞分裂でもしてんじゃね~の?ってくらい減った気がしません・・・。

そろそろ孵化から1ヶ月が経過するというのに、このサイズは・・・。



焦っても仕方ないのですが

今までこんなに成長速度が遅い経験はないのでちょっと不安。

昨年は一舟一腹分の稚魚たちを飼育していましたが

今年は一舟二腹分だし、予想以上に孵化率も高かったので

過密度がハンパじゃありませんでした。

ちょっと欲張りすぎたかなあという気持ちも正直あります。

来年からは欲張らずに一年一腹で仔引きしようと思ってます。


って言いながらまたバンバン仕掛けてバンバン産ませるもんだから

針仔たちがバンバン孵化して舟の中はパンパン状態。

それで結局また超過密になって成長が遅れてしまい

来年こそは一年一腹だけって言っちゃってる気がします・・・。


まあ、学習能力のないバカ野郎です・・・。


少なくとも嫁さんはそう思ってる・・・。


娘たちも・・・。


では、また。



  1. 2014/06/15(日) 23:18:58|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:2

近況

わが家から全国各地の里親さんのもとへ飛び立っていき

里親さんたちから無事に届いたという連絡をいただくたびに

ホッとしています。


ようやく今週ですべての発送が終わる予定です。

昨年のピンポンたちから数えると、いつの間にか2ケタの数の県へ

わが家から『水草』たちが飛び立っていきました。

うれしいと同時に、各里親さんたちには心から感謝しています。

それぞれの里親さんたちのもとで

観賞魚として、または親魚として、里親さんたちの期待に応えてほしいと思います。


『水草』、知ってる人は知っている・・・。





201406101.jpg

ちょっと久しぶりのこのアングルの写真。

飼育数が減ったおかげでとても管理が楽です。

換水の間隔も以前より長くなりました。










201406102.jpg

オスたちの数はもう少し減る予定なので

このプールはちょっと広すぎるかもしれません。

でも玄関の稚魚たちが成長すればここになだれこんでくるので

快適生活も今のうちだけです。










201406103.jpg

もちろん、メスたちも同様です。










201406104.jpg

今年1月に産まれた1腹目の仔たち。

もう稚魚というよりは当歳魚といったほうがいいサイズになりました。

今回の里親さん募集で発送する予定でしたが

発送する直前に調子をくずしてしまい、発送を中止しました。

原因はイマイチ不明ですが、塩浴で様子を見ていました。

とりあえずは回復したように思います。

餌も無理のない程度与え、しっかり食べてますので大丈夫でしょう。










201406105.jpg

ド本命の稚魚たち。

孵化から3週間が経過したにもかかわらず

まだこんなサイズにしか成長していません。

過密というのはこんなに成長をさまたげるんですね・・・。

ということで、今日は思いっきり選別しました。










201406106.jpg

一応減ったと思います、これでも・・・。

正直に申しますと、途中で頭が痛くなり

続きはまた今度ということにしました・・・。

でも孵化当初から比べると半分以下の数にはなったと思います。










201406107.jpg

こちらは準本命の稚魚たち。

ド本命の稚魚たちに比べれば数が少ない分成長も早く

少しずつ色変わりも始まってきました。










201406108.jpg

準本命の方はメス黒東から産まれた仔もいますので

普通鱗が多くでるのかなあと思っています。

でもいい仔が残りやすいということも聞きますので

けっこう期待しています。





ということで、現在の近況でした。

今後しばらくは本命の稚魚たちの飼育が中心になります。

昨年などに比べるとあきらかに成長が遅いので

ブライン給餌はもうしばらく続けていこうと思ってます。

ですが昨年と違い今年はアユ餌も併用して与えてますので

飼い主がサボらずしっかりと選別をやって数を絞っていけば

稚魚たちも期待に応えて大きくなってくれるでしょう。



頭痛が痛いだなんて言ってられません・・・。



では、また。


  1. 2014/06/10(火) 21:57:56|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

黒いネコのおばさん

こんばんは

鈴木系東錦のオス3匹&稚魚5匹&弥冨系東錦のオス3匹の里親さんが

今回も抽選でめでたく決定しました。

当たった方も外れた方も本当にご応募ありがとうございました。

また機会があればきっとやると思いますのでよろしくお願いします。



ということで、

里親さんの元へ金魚を送る際、宅配屋さんへ梱包した金魚を持ち込むのですが

仕事の日は、出勤前に勤務先近くの宅配屋さんの営業所へ持ち込みます。

休日の場合は、自宅近くの宅配屋さんへ持ち込むのですが

この自宅近くの宅配屋さんにはちょっと苦手な、『黒いネコのおばさん』がいるんです。


今まで、発送するときに記入する送り状の品名の欄には

どうしても、『金魚』とは書けない小心者・・・。


昨年、ピンポンパールの当歳魚を里親さんへ送るときも

『金魚』とは書かず、偽りの品名を記入しました。

それはなぜか・・・?


生まれて初めて金魚を里親さんへ発送することになった昨年、

自宅近くの宅配屋さんの営業所の受付のおばさんに事前に確認すると

どうしても生き物はNGだと、断固お断りされたからなんです。


それ以来、品名を偽りながら発送し続けてますが

勤務先近くの営業所では品名について深く追及されることはなく

水が入ってるけど梱包はちゃんと出来てるかと聞かれる程度。


しか~しっ!自宅近くの営業所の受付のおばちゃんはそうはいきません。

なので、今まで発送した金魚の9割以上は勤務先近くの方へ持ち込みました。


で、新たに里親さんへ金魚を発送することになった先日、

休日でしたので久しぶりに自宅近くの営業所へ発送する金魚を持って行きました。

まだあのおばちゃん働いてんのかなあ~なんて思いながら・・・。


はい、世の中そんなに甘くはありません。

まだまだバリバリ働いてますけど何か?って感じで受付にいました・・・。


軽いショックを受けましたが、とにかく動揺を隠しつつ平静を装いながら

いつものように、『これ、着払いでお願いします。』と箱を置くと

おばちゃんは、『はい、着払いですね、かしこまり・・・あれっ!?』と

箱を見て何かに反応しました。

『これ、水が入ってるみたいですけど大丈夫ですか?』と

いつものことを聞いてきたので、なんだよビックリさせやがってと思いながら

『大丈夫です、何重にもビニール袋重ねてますから』って答えました。


勤務先近くの営業所であればここで、『じゃあお願いします』で終わるのですが

このおばちゃんはここからさらに怒涛の攻撃を仕掛けてきました。


『でもこれ濡れてますよ』と、箱の底を持ちながら言い返してきたんです。

え~っそんなバカな、嘘だろっ!、しっかり梱包したはずなのに~と思いながら

『えっ、どこが濡れてますか?』と箱を確認しようとすると

『あっごめん、勘違い、テープが冷たかっただけみたい』だって・・・。

ちょっとこのおばさん、マジで勘弁です・・・。


動揺するかどうかちょっと試したんじゃね~の?なんて思うほど

かなりあやしい勘違い・・・。

その後も波状攻撃が続きます。


『こういうのは真夏には送ったりしないんですか?』なんて聞いてくるので

『あ、いや、真夏には送ったことがないのでよく分かりませんけど・・・』と

本当は箱の中には生き物が入ってるんでしょっ!みたいな誘導尋問まで・・・。


『あ~そうなんですか~、やっぱり真夏は難しいのかなあ』なんて言いながら

こっちの目を見て、『難しいんでしょうね・・・』と、とどめを刺しにかかります。


『・・・・・。』

目を合わせると石になってしまいそうでしたので、無言をつらぬきました。


『はい、じゃあ着払いで〇月〇日到着指定ですね、ではお預かりします』と

勝ち誇ったかのように会話を締めくくるおばちゃん。


『で、ではお願いします・・・・・。』

完全にやられたって感じで営業所を後に・・・。


次は休日でも勤務先近くの営業所へ持ち込もうと心に決めた小心者でした・・・。

今後おそらく、この苦手意識を克服することは出来ないでしょう・・・。


でもあのおばちゃん、営業所ではきっといい仕事してんだろうなあ~とも思ってます。

ダメなものはダメっ!っという仕事に対する徹底ぶりは見事だと・・・。



では、また。



  1. 2014/06/05(木) 00:55:04|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:4

里親さん募集の応募状況と針仔たちの近況

久しぶりの真夜中の更新です。

しかも、あと数時間後には出勤・・・。

針仔たちの飼育期間中はいつもこんな感じです。


ということで

里親さん募集の締切まであと2日となりました。

6月3日(火)で、今年の里親さん募集は終了です。

6月1日時点での応募状況は

□ 鈴木系東錦の稚魚選りなし5匹2セット・・・応募数 7名

□ 弥冨系東錦オス3匹1セット・・・応募数 2名

□ 鈴木系東錦オス3匹1セット・・・応募数 6名

たくさんのご応募ありがとうございます。

今回も抽選で里親さんを決定させていただきますので

抽選結果がでる6月4日(水)までもう少しお待ちください。


ではつづいて

孵化から2週間が経過した針仔たちの様子。










201406011.jpg

ド本命の針仔たち。

匹数が多すぎて、成長速度が遅すぎです・・・。










201406012.jpg

今日は初めて選別し、ほんのわずかに数が減りました。

孵化後に40リットルコンテナで飼育していましたが

今日から60リットル舟にサイズアップします。










201406013.jpg

準本命の針仔たち。

ド本命の針仔たちより1日早く孵化し、匹数も少ないので

順調に成長しています。










201406014.jpg

こちらも今日初めて選別し匹数を減らしました。

準本命の針仔たちはフナ尾率がかなり高かったので

けっこう数が減ったように思います。










201406015.jpg

上の40リットルコンテナが準本命の仔たち。

下の60舟にはド本命の針仔たちが入ってます。










201406016.jpg

準本命の仔たちの方は数が減ったといってもまだまだ多い・・・。

こまめに選別していく必要があります。










201406017.jpg

ド本命の針仔たちがいる60舟。

かなり匹数が減ったはずなんですが

ぜんぜん減ってないように見えるのは何故・・・。



昨年、一昨年と2年連続で自家産金魚を使い

近くの幼稚園の夏祭りで金魚すくいをしました。

そして3年連続となる今年もまたやることになりました。

なので、現在飼育中の針仔たちの中から金魚すくいに出す予定です。

出しても100匹程度になると思うので

普通に飼育していればちょうどいい匹数になるんじゃないかと思ってます。


ということで、今年の夏もまた暑くなりそう・・・。



では、また。


  1. 2014/06/02(月) 01:54:16|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:6

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦を中心に飼育しています。
理想の自家産東錦作出を夢見て
毎年春には仔引きにも挑戦してます。
毎年5月頃にはこのブログで
里親さん募集も行ってます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (350)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる