coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

ピンポンパール孵化

こんばんは
 
 
4月20日にわが家のピンポンパールがめでたく産卵し
4月25日にめでたく孵化がはじまりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
無加温、エアーなしで5日間経過し
なんとか無事に孵化してくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
もともと産卵数が少なく、受精率も低かったので
あきらかに孵化してくる針仔の数が少ないです。
もしかしたら100匹にも届かない匹数かもしれません
 
でもそのくらいの匹数なら、フナ尾や奇形でないかぎり
急いで選別することもないので少し楽かもしれません。
 
わが家の2代目となるピンポンなのでしっかり育てます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
親魚の2匹の体色はオレンジで特別な特徴もなく
いたってふつ~のピンポンパールです。
 
孵化した仔もほぼこんな感じに育つんでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ということで、
今日からブラインは4リットルで沸かしてます。
 
 
 
鈴木系東錦、朱文金にピンポンパールと
3種類の稚魚を同時に飼育することになりましたが
いったいこの先どうなっていくんでしょう・・・?
 
特にピンポンの稚魚飼育は人生初なので
ちょっとだけ不安もありますが
まあ、なんとかなるでしょう・・・。
 
やっと気温も春本番らしくなってきましたので
しっかり金魚ライフを満喫したいと思います。
 
 
 
では、また。
スポンサーサイト
  1. 2013/04/26(金) 00:37:40|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

針仔と花瓶とブライン

こんばんは
 
4月下旬になろうかという時期なのに
妙な寒さで朝の気温が低かったこの数日ですが
ようやく明日ぐらいから春らしい気温になりそうです。
 
約一週間前に屋外へ移動させた鈴木系東錦の親子も
激しい水温の上下のため舟の底でおとなしくしてます。
 
それにひきかえ、しっかり屋外で越冬した
わが家産のキャリコ琉金、東錦や朱文金たちは
朝から元気に泳ぎまわってましたので
さすが、屋外越冬組は違うなあと感心してます。
 
 
 
 

 
2腹目の鈴木系東錦の針仔と朱文金の針仔です。
朱文金の針仔たちも無事に立ち上がりましたので
朱文金の容器から産卵床を撤去しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
予想以上に朱文金の針仔の数が多かったです。
400~500はいそうです。
みんなフナ尾に成長するでしょうから
どうやって選別すればいいのか考えものです。
 
体がくの字に曲がった仔や動きのおかしい仔は
最初から思い切ってハネていってます。
 
しばらく成長させてから、また考えようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2腹目の鈴木系東錦の仔たちは
孵化から一週間が経過しました。
 
尾の開きが少しずつ分かるようになってきました。
もう一週間ぐらいして選別し、少し大きな容器に移します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
水槽の中でブクブク中の容器は約2リットル。
最近まではこれでブラインを沸かしてました。
 
今後は左側の大きい方で沸かしていきます。
満タンで約7リットル入ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今までの2リットルのものと、この7リットルの容器、
実はこれらは透明ガラスで造られた花瓶です。
 
お店で見つけた時、ビビビッと来ました。
 
円筒型なのでしっかり撹拌できるので
ブラインの孵化率も高いように思います。
 
2リットルのもので約600円、
7リットルで約1200円とお手ごろ価格でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
現在は3リットルの塩水で沸かしています。
 
前回の記事の内容と重複しますが
右に浮かべてる小さな容器に余った幼生を入れ
朝までピコピコ泳がせてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
余った幼生をただ泳がせるだけだと、朝には8割ぐらい☆になるため
軽くエアレーションさせると、9割以上は朝まで泳ぐようになりました。
 
鈴木系東錦の1腹目の時や、昨年の仔引きの時は
朝晩それぞれ、別々の容器でブラインを沸かしてました。
 
今後は、夜だけ少し多めにブラインを沸かし
いったん網で濾して塩抜きした分を針仔に与え
余った幼生を新しく作った塩水でエアレーションさせ
朝まで生き延びた幼生を針仔たちに与えればいいので
朝のお世話がとても楽になりました。
 
最近は、遅寝早起きから遅寝普通起きになってます。
 
これでまた稚魚飼育が楽しくなりそうです。
 
気温もイイ感じになってきましたので
ますます楽しくなっていくでしょう。
 
 
では、また。
  1. 2013/04/22(月) 23:33:43|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ついにピンポンパールが産卵!!!

こんばんは
 
久しぶりに真夜中の更新です。
 
今朝、稚魚のお世話や他の金魚たちに給餌をしてると
ピンポンパールのオスがメスのお尻を突っついてるのを発見!!!
 
ピンポンパールたちがわが家に来て丸3年が経過しますが
こんな光景を見るのは初めてのことです。
 
『ついにこのペアにも愛が芽生えたかな・・・・・。』と
ちょっと感動しながらボケ~っと眺めてました。
 
ピンポンたちの仔引きに関しては
全くと言っていいほど考えてませんでしたが
『ちょっと採ってみようかな~』なんて思いながら
今年大活躍のお手製産卵床をセットして出勤しました。
 
 
夜、帰宅してさっそくピンポンたちの水槽へ。
 
今日は寒かったし、水槽も無加温なので
『やっぱダメかなあ~・・・』なんて思いながら覗くと、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
しっかり産卵してらっしゃいました・・・。
 
大した数ではありませんが
しっかりと産卵床に卵が産みつけられてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
やったなあ、おいっ!!!
 
 
 
 
 
今年は
鈴木系東錦に始まり、朱文金も初めて産卵し
ついにはピンポンたちまでやってくれました。
 
朱文金が産卵したのを最後に
今年はもう採るのをやめるつもりでしたが
ピンポンたちがせっかくその気になってくれましたので
もうしばらく遅寝早起きをつづけてみようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
玄関の水槽台の一番下の段の様子です。
右が鈴木系東錦の2腹目の稚魚たちで
左が朱文金の卵がついた産卵床です。
 
トロ舟の中に水を張ってヒーターで加温し
鈴木系東錦と朱文金を別々の容器で同時に管理してます。
 
ヒーター1個で2個の容器を加温できるので
針仔の間はこれで管理していこうと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
朱文金も孵化が始まりましたので
3日後ぐらいに産卵床を撤去して
ブライン給餌始めようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
鈴木系東錦の針仔たちは、現在ブライン真っ最中です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
最近は、夜にブラインをセットして沸かし
翌日の夜に与え、余った幼生を
新たな塩水に入れて朝まで泳がせ
朝の出勤前にその幼生を与えてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
そうすることによって沸かす容器は1個となり
朝も特別早起きしなくてもすぐに与えられます。
 
夜は時間が切羽詰ってないのでじっくりとお世話できますが
朝は出勤時間があるし眠たいし仕事に影響しかねないので
今後はずっとこのやり方でブラインを与えるつもりです。
 
とは言っても、今は鈴木系東錦の針仔だけですが
もうすぐ朱文金の針仔たちにもブライン与え始めるし
ピンポンの卵から無事に針仔たちが孵化してくれたら
さらにブラインの沸かす量を増やす必要があるので
容器1個では足らなくなるかもしれません。
 
やっぱり、選別の鬼となるしかなさそうです・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/04/21(日) 01:24:47|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化から2ヶ月~屋外飼育開始

こんばんは
 
最近、ようやく春らしい気温となり
朝も夜も過ごしやすくなりました。
 
週間天気予報を見ると
また週末ぐらいに最低気温が
10℃前後まで下がりそうですが
とりあえず、『春本番』でしょうね。
 
ということで今日は
ずっと室内飼育していた
鈴木系東錦の親魚たちと
その当歳魚たちを屋外デビューさせたり
屋外金魚のお世話をしたりと
早朝から夕方まで一日中ず~っと
金魚たちと戯れてました。
 
 
 
 

 
まずは、来月で2歳魚となる東錦たちの舟を掃除と換水からスタート。
最近の気温の上昇により、あっという間に苔だらけになり
あっという間に青水化していました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
白い洗面器にキャリコ柄がよく映えます。
この東錦たちも成長するにしたがって
カシラやフンタンがイイ感じになってきました。
今後の成長が楽しみです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
東錦の舟の掃除をしてたそのとなりの舟で
チャッポンチャッポンと音をたてながら
朱文金たちが鬼ごっこを始めてしまいましたので
どさくさまぎれに産卵床をそっと入れると
あっけなく産卵し、しっかり採卵できました。
 
オス3匹にメス2匹という構成ですが
1匹目のメスがめでたく産卵しましたので
よしよしと思いながら全換水すると
今度は2匹目のメスまで産卵してしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
産卵後も執拗にオスがメスを追い回すので
メス2匹をいったんキャリコ琉金の舟へ居候させてます。
 
メスたちには、ここでしばらく静養してもらいます。
キャリコ琉金たちは迷惑かもしれませんが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
鈴木系東錦の親魚たちも
めでたく屋外デビューを果たしました。
 
太陽をしっかり浴びながら
春の陽気を満喫してほしいと思います。
 
実は、4月10日の大潮真っ最中に
またまた産卵してくれましたので
しっかり採卵しておきました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
右が鈴木系東錦が産卵した産卵床で
今日ぐらいで孵化がすべて終わりそうです。
 
ということで、再びブライン地獄が始まります。
またしっかり遅寝早起きを満喫したいと思います・・・。
 
ちなみに、左にあるのが
今日産卵した朱文金たちの卵です。
 
朱文金の仔引きは初めてですが
一昨年、和金の仔引きを経験してるので
東錦に比べれば育てやすいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
つづいて
今年の2月14日に鈴木系東錦が産卵し
その3日後に孵化してから2ヶ月が経過しました。
 
ついにこの仔たちも本日屋外デビューです。
500匹ぐらいからこの20匹程度にしぼり
少数飼育を1ヶ月ぐらい続けました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
朝と夜に赤虫を与え
日中はフードタイマーで4回ほど粒餌を与え
何とかここまで成長してくれました。
 
一番大きい仔で4センチぐらいあると思います。
今日からしっかりと太陽を浴びながら
イイ色に揚がってくれたらなあと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ちなみに、
20匹の中に入れなかったお気に召さない仔たちは
120リットルタライの中で過密飼育を強いられてます・・・。
 
すべて夏祭りの金魚すくいに出すことになりますが
それまではこの仔たちもしっかり育てていって
少しでもお気に入りっ仔に昇格させられたらと思います。
 
お気に召さなくても、やっぱり鈴木の名の付く東錦なので
もったいないという気持ちが自分の中でちらちらと・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ということで
鈴木系東錦の親子が屋外デビューしましたので
玄関の下駄箱の上がスッキリしました。
 
もともとこのスペースは
嫁さんとの契約?で春までとなってましたので
本日で契約期間終了となりました。
 
また今年の年末に
新たな親魚たちを迎えられるように
嫁さんと契約交渉をしなければ・・・。
 
仁義なき嫁さんとの戦いは今年もまだまだつづく・・・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/04/16(火) 23:19:59|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

つかの間の日光浴

こんばんは
 
4月5日の金曜日はとてもイイ天気で
水槽の丸洗い日和?でしたので
玄関の水槽の丸洗いをしました。
 
 
 
 
 
 
 

 
水槽丸洗い中、金魚たちは
洗面器で待機させてましたので
つかの間でしたが、ついでに日光浴をさせました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ピンポンパールたちはわが家に来て丸3年が経とうとしてます。
多分、今年で4歳のはずです。
出来る限り長生きさせてやりたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
鈴木系東錦のメスたちです。
こうやって見るときれいです。
 
やっぱり金魚は太陽の下が一番ですね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
鈴木系東錦のオスたちです。
 
再来週あたりから仔引きのシーズン2が始まるので
しっかりとイイ仕事をしてほしいと思います。
 
 
しばらく最低気温が10℃以下になる日がつづくので
鈴木系東錦の親魚と稚魚たちの屋外デビューは
もう少し先のことになりそうです。
 
鈴木系東錦のお気に召さない稚魚たちと
明け2歳のチビ黒東たちは
一足先に屋外デビューさせましたが
ちょっと早かったかもしれません・・・。
 
夜から朝にかけては波板をかぶせるなどして
水温変化を最小限に抑え、様子を見ようと思います。
 
春本番はいったいいつからなんでしょう・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/04/07(日) 01:02:13|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

舟・舟・舟・・・・・。

こんばんは
 
忙しかった怒涛の3月もようやく終わり
新年度の4月となりました。
 
とは言っても、
年度末の仕事の忙しさの余韻が残ってて
まだまだ落ち着けません・・・。
 
でも3月ほどの忙しさはもうなく
少しずつ落ち着いていくと思いますので
そのうち帰宅時間も早くなるかなあと考えてます。
 
やはり夜中の金魚のお世話はつらいです・・・。
 
ということで、
今日は久しぶりにゆっくり休めましたので
普段出来ない屋外の金魚たちのお世話と
さらにトロ舟の数を増やしました。
 
 
 
 

 
わが家のウッドデッキの全貌です。
80舟3個、60舟3個に40舟1個となりました。
 
キングタライはお気に召さない稚魚たちを
まとめて飼育するために置いてます。
 
右奥の丸い容器にはメダカが入ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
現在、室内で飼育中の鈴木系東錦の稚魚とその親魚たち、
ピンポンパールと同居中のチビ黒東たちを
もうすぐここに引越しさせる予定です。
 
親魚はオスとメスを別々の舟に分け
稚魚はお気に入りっ仔と
お気に召さない仔に分けたりしますので
これだけあれば何とかなるでしょう。
 
真夏の換水地獄が思いやられますが・・・・・。
 
もっともっと大きな大きなお庭があれば
たたき池をつくったり、プラ舟ジャンボを
何個も何個も並べたりするのですが
わが家の狭~い狭~いお庭では
トロ舟を並べるのがせいいっぱいです・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
ちなみに、
和金たちはウッドデッキから
自宅裏の空きスペースに移動し
キングタライの上に90水槽をのせて
タライと水槽の両方で飼育することにしました。
 
和金たちはとにかく元気で勢いが良すぎるため
板で蓋をしてスーパーダイブを防止してます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
朱文金たちはタライからトロ舟へ移動しました。
元気よく春の運動会をやってましたので
今年は仔引きをやってみようかなと考えてます。
 
ただ、うまく仔引きが出来たとしても
95%以上の仔は金魚すくいに参加するでしょう・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
キャリコ琉金たちは先月(3月)で2歳魚となりました。
成長するのつれてキャリコ柄がハッキリしてきてますので
今後に期待して、来年は親魚に使えたらいいなと思ってます。
 
 
最後に
来週の大潮あたりでわが家産東錦と鈴木系東錦を
仕掛けてみようかなと思ってます。
 
現在、鈴木系東錦の稚魚を育ててますが
正直、あまりいい仔が見当たらないので
わが家産東錦たちに期待したいと思います。
 
 
もうすぐ春本番・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/04/03(水) 23:25:28|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦を中心に飼育しています。
理想の自家産東錦作出を夢見て
毎年春には仔引きにも挑戦してます。
毎年5月頃にはこのブログで
里親さん募集も行ってます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (350)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる