coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孵化から10日

こんばんは
 
鈴木系東錦の稚魚飼育が始まって以来
ずっと遅寝早起きの生活がつづいてますが
ようやく体が慣れてきたようで
朝6時に目覚ましが鳴ると同時に起き上がり
顔をサササッと洗って気合を入れ
稚魚舟の底掃除からブライン濾し&給餌を
毎日しっかりつづけてます。
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
稚魚たちも孵化してから10日が経過し、少しだけですが成長してます。
 
少し大きくなっただけで、なぜか匹数が多くなったように錯覚します。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
底の掃除のときに自作のミニミニプロホースで食べ残しなどを吸いますが
 
このぐらいのサイズになると、プロホースであやまって稚魚を吸ってしまうことが
 
ほとんどなくなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
さらにブラインの食べ残しもほぼなくなってきましたので
 
底の掃除がかなり楽になってきました。
 
合わせて、ブラインを沸かす量を増やす必要もあります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
孵化から10日と言えば、そろそろ選別する時期です。
 
昨年はほとんど選別しませんでしたので過密飼育となり
 
サイズアップできない仔がかなり出ました。
 
今年は早い段階から選別していき、しっかりサイズアップさせて
 
4月中旬ぐらいには屋外飼育に切り替えたいと考えてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
先週の土曜日から始まった大潮の期間中
 
2日目の日曜日と3日目の月曜日に
 
それぞれ産卵があり、またまたたくさんの卵をゲットしました。
 
ですが受精率がとても悪く、8割以上は無精卵のようです。
 
メスたちはハリキッて産んでくれますが
 
オスたちがどうもイマイチみたいです・・・。
 
この卵も明日ぐらいから(正確には本日)
 
孵化が始まると思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブラインの沸かす量も、1リットルから朝晩それぞれ2リットルずつに増量し
 
沸いたブラインの内、3割ずつぐらいラップに包んで冷凍保存を始めました。
 
 
朝起きて、ブラインを濾して与えようと思ったらぜんぜん沸いてなくて
 
全く与えられないということが、昨年2回ほどありました。
 
エアストーンが詰まってしまっていたのが原因でしたが
 
今年はそういう事態が起きても、冷凍ブラインを与えて
 
朝からバタバタしないで済むようにと考えてます。
 
もちろん、エアストーンの予備もしっかり確保してます。
 
 
ということで、このあと数時間ほど寝たら
 
また稚魚たちのお世話のために目覚めないといけませんので
 
このへんで終わりたいと思います。
 
 
って言うか、こんな時間まで何してんだよって自分に言いたいです・・・。
 
 
では、また。
スポンサーサイト
  1. 2013/02/27(水) 01:16:28|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化から一週間

こんにちは
 
鈴木系東錦たちが、2月14日と16日に産卵してから約一週間。
 
ブラインまみれの毎日を過ごしてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
結局、今回の産卵での受精率、孵化率は
 
2回分の産卵数の約2割程度しかなく
 
現在、200匹いるかいないかぐらいだと思います。
 
次に仕掛けるときは、もう少し小さな容器で
 
少数精鋭でやってみたいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
14日と16日の産卵からそれぞれ3日後に孵化が始まり
 
今では、すべての針仔たちがスイスイ舟の中を泳いでます。
 
12日にも思わぬ産卵があり、まともに採卵できませんでしたが
 
わずかに残った卵から孵化した針仔たちが一番先に泳ぎ始めたので
 
その後に孵化した仔が泳ぎだす前からブライン給餌を始めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブライン給餌を始めて約一週間が経過しました。
 
朝と夜にこれでもかっ!てぐらいのブラインを与えてます。
 
底に溜まるブラインのカスの量がハンパなく
 
毎回、底の掃除をして新水をちょろちょろ入れながら与えてます。
 
昨年もそうでしたが、底の掃除をするときに
 
どうしても数匹ほど稚魚を吸ってしまいます・・・。
 
水を受けたバケツから吸われた稚魚をすくいだし
 
舟へ戻すという作業がとにかく面倒で時間がかかるので
 
何かいい方法を考えるか、ネットなどで調べてみようと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
今朝、底の掃除をしてると
 
赤くて細く、小さな小さな糞をちらほら見つけました。
 
成長してるんだなあ~とうれしくなりますね。
 
赤虫を与えられるぐらいにまで成長すれば
 
稚魚飼育はかなり楽ちんになりますから
 
ブライン地獄はそれまでの辛抱です。
 
ですが、わが家産たちとの仔引きも考えてますし
 
他にもまだ考えてることがあるので
 
今年のブライン給餌は果てしなくつづいていくでしょう・・・。
 
 
 
今日は仕事はお休みだし
 
わが家の娘たちはじいちゃん・ばあちゃんたちと
 
お出かけしてくれたし、嫁さんは仕事だし
 
ということで
 
今からゆっくりお昼寝してしっかり充電したいと思います・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/23(土) 11:50:15|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化と工作

こんばんは
 
 
 
 
 

 
バレンタインに産卵があり
今朝、その卵から次々と孵化が始まりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
久しぶりに見る針仔たちです。
 
今年も始まったんだなあと思いながら
ボケ~と眺めてます。
 
今日孵化した仔たちがスイスイ泳ぎ始めたら
産卵床を撤去し、無精卵の掃除をして
ついにブライン給餌が始まります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
少し気が早いかもしれませんが
今日からブライン沸かしを開始しました。
 
とりあえず500mlから沸かしてみます。
昨日の産卵の卵が孵化して、その針仔が
泳ぎ始めたら、ブラインの量を増やしていき
朝晩2回のブライン沸かしにして
2リットルぐらいまで増量していこうと思います。
 
 
今年は、ブライン給餌を素早くする方法を
給餌しながら考えていこうと思ってます。
 
少しでも朝のバタバタを改善できたらと
昨年もずっと考えていました。
 
とりあえず、沸いたブラインの取り出しからですが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
昨年ブライン沸かしで使用していた容器を
少し改良して沸いたブラインを取り出し安くするために、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
100均で見つけた簡易ポリタンクの
このコックを使って工作してみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
このコックだけをポリタンクから外して、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
沸かす容器に穴を開けて、コックを取り付けます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
 
コック周辺をライトで照らし、ブラインの幼生たちをおびき寄せ
コックを開けてドバッと取り出す作戦です。
 
まだ実際にやってませんので
うまくいくかは分かりません。
 
昨年までは、いちいちスポイトで吸い
コーヒー用のろ紙で濾して新水で洗浄してから
針仔たちに与えてました。
 
今回はコックから直接濾し網に取り出して
ササッと洗ってすぐに与えてみようと考えてます。
 
これだけでもかなり時間短縮できるかなあと思います。
 
 
まだ色々と試してみて
少しでも遅寝早起きを少なくしたいと思います。
 
いずれにしても地獄ですけど・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/17(日) 18:07:55|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化と産卵

こんばんは
 
先日、鈴木系東錦の産卵があり
めでたく採卵に成功しましたが
日が経過するにつれ死卵が出始め
真っ白な卵が産卵床を覆いつくしてます。
 
それでもしっかり有精卵もあり
もう2~3日もすれば孵化するかなあという
段階まできてます。卵の中で動きもあります。
来週はきっとブライン地獄真っ只中にいることでしょう・・・。
 
先日の産卵よりさらに2日前の予想外な産卵で
わずかに残った有精卵からついに
数匹が孵化を始めました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
黒い舟での稚魚飼育は初めてになりますが
稚魚というか、針仔の確認が難しいです・・・。
 
ほとんど見えないに等しくて、ライトで照らしてやっとです。
これもあと2~3日で泳ぎ始めるでしょうね。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
鈴木系東錦たち8匹は、昨日より
水槽台の一番下の段にまたまた引っ越しました。
 
90センチ水槽を撤去して60舟を設置して
その中に8匹を移しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
昨日この舟に8匹を移し
念のために産卵床もセットして
今回はさらに網まで敷いて万全の状態で
23日の大潮に備えようと思ってましたが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
夜、仕事から帰宅して舟をのぞいてみると
産卵床とその周りの網に、見事に卵がばら撒かれてました。
 
マジで・・・・・って感じです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 
先月から数えてこれで4回目の産卵となりました。
最初の2回は空振りましたけど・・・。
 
4匹のメスが仲良く1回ずつ産んだのかどうかは
分かりませんが、完全にスイッチが入ったようですね。
 
今回もですが、もうすでに白くなった卵が多数見られます。
有精卵もちらほら見られますが、無精卵の方が多いでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ということで、産卵床だけ下駄箱の上の舟に移し
すべてここで孵化させて育てることにしました。
 
2腹分でどれだけ孵化するか分かりませんが
2回とも初産だと思います。
 
産卵数としてはかなり少ないと思いますので
じっくり孵化するのを待ってみます。
 
4月以降での仔引きは来年からということで・・・。
 
 
 
では、また。
  1. 2013/02/16(土) 23:49:49|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木系東錦の産卵~卵ゲット!!!

こんにちは
 
今日2月14日はバレンタインですね。
ですが、家族持ちの自分にとっては
何のトキメキもなく、ふつ~うの日です・・・。
 
今日はやりたい放題の平日休みですが
朝から予想外のトキメキがありました。
 
昨夜、鈴木系東錦のメスの一匹が
ずっとお腹がパンパンでかわいそうだなと思い
人生初の人工授精を見よう見真似で試みましたが
あえなく不発・・・。
 
仕方がないので、仕掛け水槽から
鈴木舟にいったん戻し様子を見ることにしました。
 
 
 
 

 
先月と今月に1回ずつ予想外の産卵があり
2回ともヒーター周辺に卵がばら撒かれてましたので
今後もこの周辺に産卵があるかもしれないと考え
少し小さめの産卵床を夜な夜な作成し
ヒーターのそばに仕込んで寝ました。
 
まあ、いずれ産むかなあ~ぐらいの気持ちで
飾りついでに仕込んだ感じです。
 
 
ところがドッコイ、今朝舟をのぞくと、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
産んでました・・・。
 
見事に産卵床を中心に産みまくってくれました。
今日は天気も良く、大潮はすでに終わってるにもかかわらず
そんなの関係なしに産みまくってくれました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
すぐに産卵床周辺を隔離。
今回こそ、しっかり卵ゲットです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
よ~く見てみると
産卵床やその周りにはたくさんの卵が。
 
しかもほとんどが有精卵で
白くなった無精卵が見当たらないぐらいです。
 
今回は産卵場所がはっきりしてたため
メスもオスも迷うことなくやってくれたようです。
 
受精率はかなり高いと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
一昨日に産卵があったときのわずかな有精卵が
フィルターにも少し付着してましたので
そのままここで今日の卵と一緒に孵化させます。
 
すでに体の線が見えつつあるので
もう2日もすれば孵化するでしょう。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
鈴木系東錦たちはとりあえず水槽へ移動させ
ここでもう1回チャレンジさせたいと考えてます。
 
結局、8匹中4匹がメスと判明しましたので
まだまだ産卵があるはずです。
 
気を抜くことなく、しっかり産卵床を仕込んで
23日の大潮を待ちたいと思います。
 
 
ついに
あのブライン沸かしの地獄の日々が
今年も幕をあけます・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/14(木) 11:49:33|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

読み違い・・・。

こんばんは
 
『大潮』は昨日で終了し、次の『大潮』は23日。
 
前日の22日に仕掛けすれば産卵するかもしれないと考え
今朝は産卵床は仕込まずに出勤。
 
しかし、外は雨・・・。
『大潮は昨日で終わったしまさかなあ・・・』なんて思いながら
仕事に行き、夜帰宅して鈴木系東錦たちの舟の中を見ると、
 
産んでました・・・・・。
 
完全に読み違ってしまいました・・・。
 
よ~く見ると
ヒーターの周りに集中的に卵が産み落とされ
今朝までお腹がパンパンだった1匹のメスのお腹が
とってもスリムになっちゃってます・・・。
 
おそらく産み場所に困り、とにかく何か物に産もうと思ったのか、
ヒーター周辺は暖かいからそこに産んだのか分かりませんが
真っ白になった無数の卵からしばらく目が離せませんでした・・・。
 
ちゃんと産卵床に産み落とされてたら、しっかり受精し
受精率も高くなるのかもしれませんが
決まったところに産めず、オスもどうしていいか分からず
ほとんどの卵が受精できなかったのではと思います。
 
それでも、わずかに透明な卵が確認出来ましたので
オスも放精はしたようです。
 
昨日作成した産卵床は23日の大潮で使おうと思ってたので
それまでは舟の中に仕込むつもりはありませんでした。
 
残念・・・・・、この一言です。
 
 
ですが3匹のメスの内、1匹のメスのお腹がまだパンパンなので
まだチャンスはあるかもと考え、いつでも仕掛けられるようにと
立ち上げておいた水槽にパンパンなメスと元気なオス2匹を移しました。
 
 
 
 

 
2個作った産卵床の内の1個を仕込み
いつ産卵してもいいようにしました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
このメスのお腹がパンパンなんです。
明日から天気が回復するので
すぐには産まないかもしれませんが
しばらくこの水槽で様子を見たいと思います。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
舟の方にも産卵床を入れておきました。
3歳のメスのお腹がまだプニュプニュしてそうなので
念のため、1匹だけオスを残してます。
 
 
ということで
すっかりリズムが狂ってしまい
多少やる気が萎えてしまいましたが
もう一度気をとり直してトライしようと思います。
 
これも経験なのかなと割り切って
次こそはしっかり卵をゲットしたいと思います。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/12(火) 22:37:08|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

新・産卵床

こんばんは
 
昨日、もしかしたら産むかなあと思い
昨年使った自作の産卵床を仕込んで寝ました。
 
今朝、ちょっとだけ期待しながら舟をのぞくと
いつもと変わらない鈴木系東錦たち・・・。
 
水面に泡もなければ、産卵床も争った形跡なし。
 
今年最初のかる~い仕掛けはあっけなく不発・・・。
 
ということで、今日は娘たちをつれて公園で遊んだり
ホームセンターへ行っていろいろと物色したりして
とても平和なの~んびりした休日を過ごしました。
 
 
午後から自宅へ帰り、娘たちが遊びつかれて
熟睡に入ったのを見届けた後
ホームセンターで見つけたもので
新たな産卵床を作成しました。
 
 
 
 

 
昨日仕込んだこの産卵床は100均で買った
園芸用のひもで作成したものですが
昨年はこれでしっかり採卵できました。
 
ですが、これは本来水槽用として作ったものなので
高さのないトロ舟では少しひもが長すぎ
金魚たちが乗っかりにくいかなあと考え
今日はトロ舟用の産卵床を作ってみました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ホームセンターで見つけたビニール紐と網に、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
100均にあったビニール製のブラシで作ります。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ブログなどで、ビニール紐を切って細くしたものを
束ねて作った産卵床をよく見かけますが
この紐は細い紐を編んで作られてるものなので
単純にほどくだけで使えます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ほどくのも簡単ですし、太さも均一なので
産卵床にもってこいの紐です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
100均のビニール製のブラシも
結びをほどくと筒状の長い網でした。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ほどいたビニール紐を束ねると
これだけでそれらしくなりました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ほどいたビニール製のブラシで
ステンレス製の網全体を覆い
束ねたビニール紐を中央で固定しました。
 
これで完成です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ビニール紐の束の上で産卵させ
周りに落ちる卵もしっかりキャッチできればと思い
こんな形にしてみました。
 
昨年、水槽の中で産卵させましたが
産卵床に付着できなかった卵が
水槽の底に落ちて無精卵となったり
押しつぶされたりしてしまいました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今年はこの新・産卵床で
少しでも多くの卵を確保できればと考えてます。
 
 
今回は不発に終わりましたが
8匹中、メスと考えてるのが3匹いて
それぞれお腹がパンパンになってます。
 
赤虫の食いすぎでメタボになったオスでない限り
近いうちにまた必ず産卵があるはずです。
 
毎日よ~く観察しながら
新・産卵床を仕込むタイミングを見計らい
しっかりと卵をゲットしたいと思います。
 
仔引きは4月以降という考えはどこへやら・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/11(月) 20:46:52|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産卵床仕込みました

こんばんは
 
今年の仔引きは4~5月にかけて
あせらずじっくり行こうと考えてましたが、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
2013年2月10日の仕事から帰宅した夜、
何だかんだ言いながら、ちゃっかり産卵床を
鈴木系東錦たちの舟にセッティングしてしまいました・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
こいつはメスかなあ~なんて思う仔のお腹が、
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
ピンポンパールのように丸くなってるので・・・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
オスと思われる仔たちも
いてもたってもいられない様子ですし・・・。
 
もしかしたらやっちゃうかもしれません・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
昨年、東錦やキャリコ琉金の産卵に使った
100均で購入した園芸用のひもを細く切り
水草のように束にした産卵床を使います。
 
一応明日までは『大潮』だし
明日は運よく仕事も休みだし
もし産卵があっても慌てずに処理できるし
何となく何かありそうな気がするので。
 
明日は休みですが
ハリキッて目覚めようと思います。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/10(日) 23:55:13|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

鈴木系東錦たちの近況

こんばんは
 
一週間前の記事では
春のように暖かい一日でしたという内容を
書きましたが、あっという間に真冬に戻り
特にこの2,3日は雪が積もったりして
先週の暖かさは何だったんだと思うほど
気温の上下が激しい一週間でした。
 
もちろん屋外飼育の金魚たちも
先週、一度は目を覚ましましたが
最近はまた舟底でじっとしたまま動かず。
 
もうしばらく餌は与えられそうにありません。
 
ですが、こんなに寒くても
室内飼育で春真っ盛りの金魚たちが
わが家の玄関の下駄箱の上にいます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
鈴木系東錦の面々たち。
23℃の加温飼育なので元気いっぱいです。
 
毎日朝晩、冷凍赤虫をお腹いっぱい食べつくし
日中はフードタイマーで粒餌もしっかり食べてます。
 
そんな生活も一ヶ月を過ぎ、少しだけ成長した気がします。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 
8匹のうち、4匹は県内のお店で購入し
2匹はオークション、もう2匹は通販で購入しました。
みんなそれぞれ違う出身地なので
このまま仕掛けても問題ないかなと思ってます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
赤虫をピンセットでつまんで水面にもっていくと
競争しているかのように近づいてきます。
 
8匹とも食欲旺盛でしっかり食べてますので
今のところ特に問題はなさそうです。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
あと2ヶ月ぐらいはしっかり食べさせて
出来るだけ体を大きくさせ
満を持して仔引きに臨めればと考えてます。
 
ですが、いつ産卵してもおかしくない状況なので
4月に入るまで採卵をガマン出来るか・・・。
 
仔引き開始のタイミングは飼い主の気分次第です・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
何だかんだ言いながら
産卵床やブライン沸かしの準備は
もうすでに出来上がってますので
仔引きが早くやりたくてしょうがないというのが
今の正直な気持ちです・・・・・。
 
春本番まであと約2ヶ月。
 
長いなあ~・・・・・。
 
 
では、また。
  1. 2013/02/09(土) 23:22:32|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

春?のような一日

こんにちは
 
今日は暖かい一日でした。
 
午前中は曇り空で、時々太陽が覗いてましたが
お昼からは完全に太陽が顔を出し
春を思わせるようなポカポカ陽気でした。
 
 
 
 

 
今日のポカポカ陽気で、屋外のめだかたちは
完全に冬眠から目覚め、水面で泳いでいました。
 
少し餌を与えると、狂ったようにパクついてましたので
こんな光景を見てると、少しずつ春が近づいてるんだなあと
ついついニヤけてしまいます・・・。
 
とは言ってもまだ2月。
またいつ寒波がくるか分かりません。
このまま春になればいいのにと毎年思います。
 
 
 
 
 
 

 
屋外の舟の換水とフィルターを設置しました。
泡切れが悪く、深い深いとても濃い青水でしたので
さすがにこれはマズイと思い、8割程度換水しました。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
今日の換水で、今まで姿が確認しずらかった
東錦たちもほぼ冬眠から目覚め、元気に舟の中を
泳ぎまわっていましたので、とりあえず安心です。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
キャリコ琉金たちは、東錦とは違い
まだまだ夢の途中です・・・・・。
 
換水が終わると、再び眠りに入っていきました。
水温は11℃まで上がってるんですが・・・。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 
東錦たちは大小10匹程度いますが
みんな痩せたりすることなく元気そうでした。
 
今日はまだ餌は与えませんでしたが
今後天気が良くて水温が高くなる日中は
少しずつ与えていこうかなと考えてます。
 
 
 
 
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 
みんなそれぞれイイ感じに成長してきてます。
特にビッグな仔たちは春の仔引きにも期待出来そうなので
ますます春が待ち遠しくなりました。
 
もうそろそろオスメスの確認もしないといけません。
 
玄関の鈴木系東錦たちもまだオスメスの確認は
してませんでしたが、一昨日の朝になんとっ!
産卵があったんです。
 
ちょっとビックリしましたが、よ~く卵を見てみると
ほぼ無精卵でしたのですべて除去しました。
 
鈴木舟の中は22℃での加温飼育のため
すでに春真っ盛りかもしれませんが
自分の頭の中は、まだまだ真冬です。
 
まだ毎日のブライン沸かしをする心の準備も出来てないし
今年はあせらずじっくり、4月から5月にかけて
仔引きしていこうと考えてますので
もう少しの間、鈴木系東錦たちの体作りをメインに
お世話していこうと思っています。
 
今回の産卵で一つ分かったこと。
それは鈴木系東錦たちの中に『メス』がたということ。
すべてオスだったらどうしようという不安も少しありましたので
ちょっと安心しました。
 
すべてメスだったりして・・・・・。
 
とりあえずオスもいることを信じて
ブライン沸かし器や産卵床の製作にも
ぼちぼちとりかかろうと思います。
 
 
 
では、また。
 
 
 
  1. 2013/02/02(土) 17:34:43|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦を中心に飼育しています。
理想の自家産東錦作出を夢見て
毎年春には仔引きにも挑戦してます。
毎年5月頃にはこのブログで
里親さん募集も行ってます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (349)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。