coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

本日は D I Y

こんばんは
 
梅雨が早く明けないかなあと毎日思いながら過ごしていますが
今日も朝から曇っていましたが、雨は降っていなかったので
屋外の舟の換水を始めたとたん、ポツポツと雨が降り始め
『あ~あ・・・』と思いながらバケツなどを片付けてたら
雨はあっという間にやんでしまいました・・・。
 
今日は、前回の休日に出来なかった和金たちのタライの換水や
キャリっ仔、お気に召さない東錦の仔の舟の換水をして
室内水槽の東錦の浅葱組の仔たちを屋外の舟へ引越しさせたら
TVでも見ながらのんびり過ごそうと考えてたのですが
雨や今後発生する可能性がある台風などに備えて
ウッドデッキに屋根を造ってしまおうという気になってしまい
いつものごとく、近くのホームセンターへ出かけてしまいました。
 
 
 
 
 

 
もうすでに舟で埋め尽くされたわが家のウッドデッキです。
ここの整理整頓も含めて少しだけリフォームします。
 
 
 
 
 

 
まず、梁となる木を1本固定します。
ちなみに、この木は3mの長さで1本598円という
お買い得なお値段でした。
っていうか、思った以上に木って安いですね。
 
 
 
 
 

 
次に、等間隔で屋根の骨組みとなる木を
釘で固定していきました。
ちなみに、この骨組みとなる木は
2メートルの長さの杉の木ですが
10本束売りで980円でした。
1mに切って20本にし16本使用しました。
 
 
 
 
 

 
通常はここで波板が登場してくるはずなんですが
最近は冷凍赤虫にかかる費用がものすごくて
ここで波板を買ってしまうと、思うように赤虫が
買えなくなってしまうおそれがあるため
かなりケチって『養生プラダン』といって
梱包などに使用されるやわらかいプラ製の
ボードを4枚購入して骨組みに固定しました。
ちなみにこの『養生プラダン』は
1820㍉×910㍉の大きさで1枚190円でした。
 
 
 
 
 

 

 

 
ということで、非常に簡単な造りの屋根となりましたが
雨、風をしのぐには全く問題ないと思います。
側面は風の通りを保つためにそのままですが
金魚たちの側面だけはすだれをかければいいかなと思います。
 
ということで、この屋根造りにかかった費用は
2,500円程度ですみました。
とりあえず、赤虫購入に影響なく出来ました。
 
 
 
 
 

 
では、この世に産まれて約2ヶ月間、
お日様を拝んだことのない室内の東錦の仔たちを
屋外の舟へ引越しさせるときが来ました。
とは言っても、曇り空で太陽は出てませんが・・・。
 
 
 
 
 

 
お気に召さない仔たちに比べたら
色揚がりはまだまだですが
体格はしっかりしてきました。
 
 
 
 
 

 

 
ちなみに、この2枚の写真の仔たちは
一足先に屋外にて飼育中のお気に召さない仔たちです。
しっかりと色が出てきてます。
お気には召しませんがひそかに成長を楽しんでます・・・。
 
 
 
 
 

 
浅葱組の仔たちの舟はスペースの都合上
和金たちのタライの上に重ねました。
以前自作した土台がありますので少々大丈夫です。
 
 
 
 
 

 
さあ、今後どんな成長を見せてくれるのか楽しみです。
今までは、夜遅くに仕事から帰宅しても
様子はすぐに確認することが出来ましたが
今後はそうはいかなくなります。
主には朝に観察するようになると思います。
 
 
 
 
 

 
一応、夜の観察も出来るように
屋根の梁の中央にセンサーライトを取り付けました。
今日は1個だけ付けましたが、今後もう少し増設しようと思います。
 
ということで、なんだかんだしてたらあっという間に夜が来て
あっという間に休日は終わってしまいました。
 
いつになったらゆっくり昼寝が出来るのか・・・。
8月の金魚すくいが終わった頃には出来るかな。
 
 
まだまだ稚魚たちのお世話はつづく・・・。
 
 
では、また。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/06/27(水) 23:24:12|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

採卵と換水の一日

こんばんは
 
今日は休日でしかもイイ天気となりましたので
さかなたちのお世話をするには最高の日でした。
 
ずっとやろうと思いながらなかなか出来なかった
めだかの採卵を今日は思う存分出来まして
たくさんの卵を採取しました。
 
 
 
 
 

 
これは、パンダめだかの容器に浮かべていたホテイ草です。
しばらくの間放ったらかしにしてましたので
めちゃくちゃ卵が付いてるだろうなあと思いながら根っこを見ると、
 
 
 
 
 

 
ご覧のとおり、予想以上の数の卵が付着してました。
こんな感じで楊貴妃めだかたちの舟に浮かべている
ホテイ草も確認しましたが、それはもうすごい数の卵があり
1時間ちょっとの間に数え切れないほどの卵を採取しました。
 
 
 
 
 

 
この3つの容器には楊貴妃めだかの卵が入っています。
採卵するとき、すでに目が確認できる卵がかなりあり
この容器に1個ずつ移していきましたが
採卵してる間に次々と孵化が始まりました。
 
 
 
 
 

 

 

 
金魚の針仔のお世話と違って、めだかの稚魚の場合
ほぼ放ったらかしでも、餌さえ与えていれば
立派に育ってくれますのでついつい採りすぎてしまいます。
 
 
 
 
 

 
パンダめだかの卵もたくさん採れまして
卵だけピンセットでていねいに1個ずつつまんで
採ってましたが、だんだん面倒になってしまい
最後のホテイ草だけそのまま容器に移しました。
 
 
 
 
 

 
ここも移したとたんに数匹の仔が孵化してました。
新水が刺激になったのと、天気が良かったため
気温・水温も上がり孵化が促進されたんだと思います。
 
 
 
 
 

 
一昨年までは、楊貴妃めだかの仔は室内水槽で育て
翌年の春に屋外に移してましたが
それだと弱く育ってしまうようで
屋外に移して一ヶ月ぐらいで次々と☆になってしまい
あやうくわが家の楊貴妃たちが全滅するところでした。
 
幸い、その直前にたくさんの卵を採ってましたので
全滅は何とかまぬがれ、現在に至ります。
それ以降、楊貴妃を含めすべてのめだかは一年を通して
屋外で飼育しています。
 
 
 
最後に、ちょっとだけ金魚たちの話です。
 
 
 
 
 
 

 

 
今日は、めだかの採卵後に
玄関の90センチ水槽、
東錦の浅葱組の60センチ水槽、
東錦の桜組の60センチ水槽、
20個足らずの卵から孵化した仔たちの45センチ水槽、
 
リビングの東錦の60センチ水槽、
キャリコ琉金の60センチ水槽、
 
娘の部屋にあるキャリっ仔のLサイズ水槽、
 
ウッドデッキにあるキャリっ仔たちの80舟、
東錦のお気に召さない仔たちの60舟の
換水を滞りなくやりきりました。
 
さらに玄関の東錦の浅葱組の仔を屋外飼育するために
ウッドデッキに60舟を立ち上げました。
引越しは来週の休日にでもしたいと考えてます。
 
まだ和金たちの120タライや川魚たちの60タライもありますが
今日はもうご勘弁ということで・・・。
 
最近の休日はこんなことばかりしてて
まったく体が休まないまま
翌日仕事に行ってますので
そろそろ何か影響が出そうでまずいです。
 
それでもやっぱりお世話はやめられない・・・・・。
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/06/22(金) 23:15:12|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

太陽の恵み

こんばんは
 
久しぶりの更新です。
 
先週ついに、3月から続いたブライン沸かし・給餌が終わり
朝晩のお世話がかなり楽になりました。
ブライン沸かしが終わるとこんなに余裕が出来るのかというくらい
朝はゆっくり、夜もゆっくり出来てうれしいかぎりです。
 
最後に90センチ水槽でたくさんの産卵があり
たくさんの仔たちが孵化しましたが
残念ながらその仔たちの飼育は断念しました。
もう完全にギブアップ状態で
今いるキャリっ仔や東錦の仔に
90センチ水槽から奇跡的に採卵できた
20個足らずの卵から孵化した
18匹の仔たちのお世話でいっぱいいっぱいで
今年の仔引きは終了にしました。
 
また来年までのお楽しみということにしたいと思います。
 
 
 
今日は、梅雨の中休みのような晴れ間が見え
屋外の様子を久しぶりにゆっくり観察できました。
 
 
 
 
 

 
まずはめだかたちの舟ですが
水草が大繁殖してまして
例年どおり、水草の森が出来つつあります。
 
 
 
 
 

 

 
舟の上に日よけとして
遮光ネットを張ってますが
水草の成長にはまったく関係ないみたいで
綺麗な緑色の葉がたくさん展開しています。
 
 
 
 
 

 
楊貴妃めだかの色揚がりもイイ感じです。
生物、植物にとって太陽の力は偉大ですね。
 
 
 
 
 

 
楊貴妃めだかたちの舟から成長した水草は
ウッドデッキの外側まで伸びに伸び
そこからさらに太陽に向かって伸び続けてます。
そのうち木になるんじゃないかというぐらいの勢いです。
 
 
 
 
 

 
パンダめだかたちの容器の水は
青汁と抹茶を混ぜ合わせたような
深い色の青水になってました。
この容器には遮光をしていないためでしょう。
それでもめだかたちは元気いっぱいなので
たくさん栄養がとれてるのかなと思って
そのまま放ったらかしにしてます。
 
 
 
 
 

 
これは、楊貴妃めだかとパンダめだかの仔たちです。
金魚たちのために沸かしたブラインをおすそ分けしてましたので
元気に成長しつづけてます。
 
 
 
 
 
 

 
これは、東錦たちの仔の中で
お気に召さない仔を入れてる舟です。
今日はじっくりこの仔たちの状態を見てたのですが、
 
 
 
 
 

 

 

 
室内の水槽の仔たちと比べて
あきらかに体色がはっきり出てました。
すでに浅葱色がしっかり出てる仔もいれば
見たこともないような体色になってる仔もいます。
やはり太陽の下で育つとこうなるんでしょうか?
 
 
 
 
 

 
ちなみに、キャリっ仔たちの体色は
完全に墨不足状態です。
これは遺伝なんでしょうね・・・。
 
 
 
 
 

 

 
室内水槽で飼育してる
東錦の浅葱組の仔たちです。
少し選別をしまして
50~60匹ぐらいまで数を減らしました。
もちろん選別漏れの仔たちは
先ほどの屋外の舟へ放ちましたが
選別漏れの仔の方が良くなったりして・・・。
 
 
 
 

 

 
こちらは、東錦の仔の桜組の水槽です。
こちらも今日水槽掃除ついでに選別して
50匹ぐらいまで減らしました。
どこがどうなったらイイ仔なのか分かりませんが
体色などを見る限り自分的にはかなりイイと思ってます。
 
 
 
 
 

 
20個足らずの卵から孵化した仔たちも
順調に成長してまして今では赤虫メインとなりました。
18匹から選別して現在12匹となり
容器も45センチ水槽に格上げしましたので
これからさらに急成長してくれるだろうと考えてます。
12匹の仔のうち、桜系が3匹で残り9匹は
普通の琉金になりそうな感じです。
 
 
 
 
ということで、わが家の近況でした。
 
この梅雨が明けると暑い暑い夏本番ですね。
室内水槽の水温管理に忙しい時期となりますので
金魚たちがバテないようにしっかり管理したいと思います。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/06/17(日) 20:04:22|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

いろいろと工作

こんばんは
 
今日は久しぶりの平日休みで
家族は誰もいなかったので
やりたい放題の一日でした。
 
以前から作りたいと考えていた物があり
今日はそれに必要なものを買うために
ホームセンターや100均に行って
自分のペースでゆっくり品物を見定め
自宅に戻ってから工作をしました。
 
 
 
 
 

 
まずは、網戸用の網と園芸用の支柱を使い
屋外の舟にかぶせる蓋を作りました。
 
 
 
 
 

 
園芸用の支柱を結束バンドでつないで長方形にし
それに網戸用の網を結束バンドで縛って完成です。
 
 
 
 
 

 
ウッドデッキにあるキャリっ仔たちと
お気に召さない東錦の仔たちの舟に
かぶせた状態です。
中央部分の網がたるんで水面にあたるので
細い支柱を少しアーチ状にしてつっぱらせました。
 
 
 
 
 

 
開けた状態。
給餌や観察などするときは
2本の支柱を立てかけます。
なかなかイイ感じに出来ました。
日よけにもなりそうです。
 
 
 
 
 

 
つづいて
ホームセンターで見つけた3本の木と
100均で買ったミニすのこです。
3本の木は少し反ってますので
1本50円で販売されてました。
でもかなり丈夫な木です。
 
 
 
 
 

 
ミニすのこを3本の木に釘で固定しました。
これを何に使うかというと、
 
 
 
 
 

 
和金たちがいる120リットルタライの上に
先ほど作ったものを置き
その上に60リットルタライを置いて
サイフォンの原理でエアホースを使い
水をちょろちょろと足すのに使います。
 
 
 
 
 

 
タライの片方の底に木片をはさみ
わずかにタライをかたむかせ
上から水を足していき
わざと水をあふれさせます。
 
 
 
 
 

 
このタライにはホースを固定するための穴が
左右に1個ずつ開いてますので
その穴からあふれた水が出ていきます。
ろうとにパイプをつないだもので水を受け
そのまま地面に水が流れ落ちるようにしました。
 
和金たちは暇さえあれば産卵してますので
すぐに水が汚れ水面には消えない泡や汚れが浮き
ついでに青水化も激しいのでろ過が追いつきません。
 
朝時間が無い時にタライの水が汚れてるなと思ったら
上のタライに水を張って下のタライに水を流し
足し水換水させながら出勤してます。
あとは、休日の時間が取れるときに糞掃除をしてます。
 
 
 
 
 

 
つづいて、水槽に水を注入するための物として
100均バケツに一方コックを取り付けました。
 
 
 
 
 

 
これは、よく拝見させていただくブログで紹介されてたものを
はっきり言えば、そのまま真似させていただきました。
今まではエアホースを使ってサイフォンの原理で
ちょろちょろとやってましたが、これは原理も何もなく
単純にコックをひねるだけなのでイイと思います。
調子にのって4個も作ってしまいました。
 
 
最後に、
 
 
 
 
 

 
屋外でぶくぶく太りながら成長をつづけるキャリっ仔たちは
今年の3月初めに孵化してからちょうど3ヶ月が経過しました。
 
 
 
 
 

 
そう言えば、この親魚たちを購入したのが
昨年の5月でやはり産まれて3ヶ月と店員さんが言ってました。
ということは、この仔たちも販売されてもおかしくないほど
日にちが経ったんだなあと、ふと思いました。
 
 
 
 
 

 
でもやっぱり親に似てキャリコ柄は薄くて
墨の少ない仔が多いです。
体型はとてもしっかりしてるんですが・・・。
桜琉金はキレイな薄いピンクで気に入ってます。
 
 
 
ということで、今日は工作に観察ということで
とても充実した休日となりました。
たまには一人でゆっくりするのもイイもんですね。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/06/06(水) 23:04:20|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

急成長!

こんばんは
 
かなり遅い時間の更新です。
明日は休日なので
深夜なのに気分がよくて
まったく眠たくならないので
とりあえず更新することにしました。
 
一ヶ月が過ぎた東錦の仔たちですが
最近、赤虫を朝晩に与えてまして
そのせいもあってか急成長しています。
 
 
 
 
 

 

 
『あれっ、こんなに大きかったっけ?』と思うほど
朝見たときより確実にその日の夜には大きくなってます。
やはりブラインのような大きさの餌だと
かなりの量を食べないと身にならないかもしれませんが
赤虫だとすぐに身となり骨?となるのかもしれません。
 
 
 
 
 

 
小さい口で自分の全長ぐらいある赤虫を
一生懸命口いっぱいにほおばり
『誰にもやらないぞ!』とばかりに
モグモグと食べてます。
 
 
 
 
 

 

 
少しずつ赤虫を食べつくす時間が短くなってまして
はじめのうちは完食するまでに時間かかってましたが
だんだん食べる量も多くなり、あっという間に無くなってます。
 
屋外のトロ舟にいる仔たちと比べても
この一週間で体格差が一気に広がりました。
 
過密状態での飼育とそうでない飼育とでは
かなり成長速度に差が出るんだなと実感してます。
 
お気に入りの仔たちを早めに選び
別飼育して育てた方がいいのかなと考えてます。
 
そうすることでまたわが家が狭くなっていく・・・・・。
 
では、また。
 
  1. 2012/06/06(水) 01:31:04|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

チーム再編成

こんばんは
 
昨夜は雨が降り
せっかくの日曜日は雨かなと思いましたが
しっかりと晴れてくれましたので
予定していた東錦の稚魚たちの
2回目の選別・仕分けを行い
いつものことですが休日なのにクタクタです・・・・・。
 
 
 
 
 

 

 
1枚目の写真がチームA水槽の仔たちで
2枚目の写真がチームB水槽の仔たちです。
この2チームの中から真っ黒クロ助と
飼い主のお気に召さない仔たちを選別し
屋外の舟に移動しました。
 
 
 
 
 

 

 
選別後、勝ち残った2チームの仔たちです。
この2チームを再び2個の水槽に戻します。
 
 
 
 
 

 
こちらは『チームA』改め、『浅葱組』とでもしときましょう。
数はまだ100匹前後はいるかと思います。
減らしたつもりでしたがあまり減ってないです・・・・・。
 
 
 
 
 

 

 

 
『浅葱組』の仔たちはその名のとおり
今後、浅葱色が出てきそうな仔を選んで
この水槽に集めてみました。
まだ2~3センチサイズなので
これからどう変化していくか楽しみです。
 
 
 
 
 

 
こっちは『チームB』改め、『桜組』としときましょう。
ここもその名のとおり、桜色した仔を集めました。
 
 
 
 
 

 

 
この桜組の水槽を眺めていると
約2ヶ月前のことを思い出し
そのときの写真を探してみました。
そのときの写真とは、
 
 
 
 
 

 
今年の3月8日に孵化して
約一ヶ月が経過した頃のキャリコ琉金の仔たちです。
この写真は、水槽を掃除した後に
桜っ仔たちだけ先に水槽に戻した時撮ったものです。
 
東錦の桜っ仔たちとそっくりです。
 
 
ちなみに、屋外に追い出された仔たちは、
 
 
 
 
 

 
今までの水槽と容量はほぼ同じですが
泳ぐ面積が広くなりましたので
数は多いですが、みんなまんざらでもなさそうです。
 
お気に入りっ仔たちをこっちに移したほうが
よかったのかなあとちょっと思いましたが
今後さらに成長したら、さらに広い120タライに移し
お気に入りっ仔の少数精鋭部隊を
この舟に移そうかなと考えてます。
 
8月の金魚すくいまであと2ヶ月ありますので
今後もしっかり飼いこんで成長させ
金魚すくいデビューさせたいと思います。
 
稚魚たちのお世話はまだまだつづく・・・・・。
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/06/03(日) 23:52:32|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化後一ヶ月

こんばんは
 
6月1日の今日は東錦の稚魚たちが孵化して
ちょうど一ヶ月の日です。
思えば、一ヶ月前の5月1日はGW真っ最中で
家族旅行に出かけるため給餌をどうしようか
色々考えてたのをふと思い出しました。
 
この一ヶ月間、1日も欠かさずブライン沸かしに
ブライン給餌と毎日10リットルずつの部分換水を
続けてきました。
 
3月に産まれたキャリコ稚魚たちの飼育経験を糧に
東錦の稚魚たちを一ヶ月間飼育してきましたが
特に問題も発生せず、何とか成長してくれてます。
 
 
 
 
 

 

 
現在も2個の水槽に分けて飼育してますが
成長するに従って過密度も増し
そろそろ限界かなあと考えてます。
 
チームA水槽とB水槽では
A水槽の方がB水槽に比べ
わずかに数が少ないので
A水槽の仔たちの方が成長が早い気がします。
 
 
 
 
 

 
B水槽の仔たち。
 
 
 
 
 

 
A水槽の仔たちです。
 
次の日曜日が休日になりますので
A、B水槽から黒っ仔だけを屋外の舟に移動し
自分でイイと思う仔だけを選んでA水槽に
その他の仔をB水槽に入れる予定です。
 
近いうちに赤虫を食べさせてみて
しっかり食べれるようでしたら
ブライン給餌は終了したいと考えてます。
 
 
おまけに、孵化して10日の稚魚たちの様子ですが、
 
 
 
 
 

 
過密とはほど遠い状態の
とても居心地のよさそうな稚魚たちです。
ただ、もう少し成長してくると
そうも言ってられなくなりそうですが。
 
 
 
 
 

 
18匹のうち、1匹だけがフナ尾で
あとの17匹はしっかり尾が開きはじめてます。
ここはもうしばらくブライン給餌がつづきます。
この大きさで判断するのは早いかもしれませんが
ピンポン系はどうもいないような感じです。
おそらくほとんどが琉金かもしれませんね。
 
 
ということで、あいかわらず稚魚たちのお世話を中心に
TVを見る時間もなく、新聞を読む時間もなく
ただひたすらお世話、お世話の毎日です。
 
今月いっぱいはブライン沸かしをつづけていき
来月からはお世話より鑑賞に時間をかけたいと思ってます。
 
元々さかなを飼いはじめたのは
鑑賞するためだったはずなのに
いつの間にか養殖っぽくなってる気が・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/06/01(金) 23:07:35|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦を中心に飼育しています。
理想の自家産東錦作出を夢見て
毎年春には仔引きにも挑戦してます。
毎年5月頃にはこのブログで
里親さん募集も行ってます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (350)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる