coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

懲りない奴ら・・・

こんばんは
 
今朝というか、日付が変わりましたので
昨日の朝のことですが
玄関の90センチ水槽にいる
キャリコ出目金が黒出目金や琉金たちに
追いかけられてました。
 
今までこのキャリコ出目金がオスかメスか見分けてなく
別にどっちでもよかったのですが
その光景を見ながら、『懲りない奴らだなあ・・・』と思いながら
2個の産卵床をひっぱり出してきて
水槽の両端に沈めておきました。
 
懲りない奴らだと言いながら
自分が一番懲りない奴です・・・・・。
 
仕事から帰宅後、朝沈めた産卵床を確認すると
見事に2個の産卵床に卵がたくさん付着してるのを確認し
余っていた発泡容器に水をはり、2個の産卵床を移しました。
 
 
 
 
 

 
前回、この水槽から20個足らずの卵を取り出し
18匹の稚魚たちが孵化しましたが
この2個の産卵床を見る限り
20個どころか200個足らずの卵がありそうです。
自分で言うのも何ですが
やれやれと言ったところでしょうか・・・。
 
 
 
 
 

 
今回産卵したと思われる、おかしな顔のキャリコ出目金です。
産まれてくる稚魚たちもおかしな顔なんでしょうか・・・?
 
 
 
 
 

 
横から見てもやっぱりおかしな顔です・・・。
キャリコ出目金だったのにキャリコ柄は
きれいさっぱり消えてしまいましたが
産まれてくる稚魚たちはどうなんでしょうか?
これでは更紗出目金と言った方がいいですね・・・。
 
 
 
 
 

 
一つ気になるのが、水槽の両端に
それぞれ産卵床を沈めてましたが
2個ともしっかり卵が付着してましたので
もしかしたら、1個はキャリコ出目金で
もう1個はこのメスピンポンが産卵した可能性があります。
 
 
 
 
 

 
3匹いるピンポンたちのうち2匹がオスで
時々メスピンポンを追いかけてましたので
もしかしたらもしかしたかもしれません。
やはり、今回の産卵も見て見ぬふりは出来ません・・・。
しっかり育ててどんな金魚に成長するか見届けようと思います。
 
 
 
 
 

 

 

 
2匹のオス琉金と1匹の黒出目金が
前回と今回の産卵に関わったことは
間違いないので、特に今回は
出目金が産まれてくる可能性が高いです。
 
こうなったら、とことん稚魚たちのお世話に付き合い
とことんブラインを沸かして、とことん遅寝早起きを繰り返し
とことん家族から冷たい目線を浴びたいと思います・・・。
 
今年はこれで4回目の金魚の産卵~採卵となりましたが
いい加減これで今年は最後にしたいと思います。
 
神と嫁に誓って・・・。
 
では、また。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/05/30(水) 00:42:20|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化~27日目の東っ仔

こんばんは
 
もう日中はほぼ夏ですね・・・。
暑いったらありゃしない・・・。
こうなると屋外のさかなたちの様子が気になり
仕事中でも『日よけの準備しないと・・・』
なんて事を考えたりしてます・・・。
 
これからは室内水槽の水温に気をつけたり
換水のサイクルを少し早めにしたりして
さかなたちの観察を怠らないようにしないといけません。
 
では、今日で孵化から27日目が経過した
東錦の稚魚たちの様子から。
 
 
 
 
 

 
東っ仔Bチームの水槽です。
4週間も経過するとかなり成長し
分かってはいたことですが、かなり過密状態です。
さらに別の容器に分けたいのですが
室内はすでにいっぱいいっぱいのわが家です・・・。
 
 
 
 
 

 
ちょっと前の記事にも書きましたが
体色が少しずつ変化してきてまして
そのうち浅葱色が出てきそうな感じです。
 
 
 
 
 

 
『餌がぜんぜん足りね~よ、もっとくれよ!』って顔してます・・。
とにかくよく食べ、そしてめいっぱい糞をしてくれます・・・・・。
今はまだブラインと稚魚用フードだけですが
もう1ヶ月もしないうちに赤虫が食べれるようになるかなと
思いますので、もうちょっとの辛抱です。
 
 
 
 
 

 
上から見るとあらためて過密・・・。
 
 
 
 
 

 
チームBではありますが
少し成長した姿を見てると
けっこう気になる仔もいますので
そのうちチームAに昇格させようと思ってます。
 
 
 
 
 

 
こちらがチームA水槽です。
チームBほどではありませんが
やや過密ぎみ・・・。
 
 
 
 
 

 

 

 

 
チームBの仔たちと比べると
やはりチームAの方がいい仔がいる確率が高い気がします。
自分で1匹ずつ分けましたので、そう思いたいだけかもしれませんが・・・。
 
いずれにしても、そろそろもう1回分ける必要がありそうです。
次の休日にチームA,Bの中から真っ黒クロ助だけを選び
余ってる60舟をウッドデッキに設置して移してみたいと思います。
 
 
最後に、孵化からちょうど1週間が経過したおまけの針仔たちです。
 
 
 
 
 

 
毎日東っ仔たちに与えるブラインを少しずつ与えてます。
体を真っ赤にしながら夢中でブラインをパクついてます。
 
そうこうしていると、食べきれないブラインのカスが溜まり
容器内が汚れてくるので、はじめのうちはスポイトで
カスを吸ってましたが少々面倒くさくなってきましたので
同じ容器をもう1個購入し、新水を入れておいて
換水するというよりは、容器ごと入れ替えるようにしました。
針仔たちはプラスチック製のスプーンですくって移してます。
 
 
 
 
 

 
17匹の針仔かと思っていましたが
今日スプーンで針仔たちをすくいながら数えてみると
18匹いることが分かりました。
 
このまま何とか1匹も落とさないように慎重に育てていき
キャリコピンポンかキャリコ出目金か単なるキャリコか
それとも単なる黒出目金なのか、ハッキリさせたいと思います。
 
 
まだまだ稚魚のお世話はつづく・・・・・。
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/27(日) 23:38:03|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャリっ仔

こんにちは
 
今日はせっかくの休日なのに外は雨・・・。
こんな日は室内の金魚のお世話にかぎります(いつもですが・・・。)
 
午後から雨が上がり曇ってはいましたが
キャリっ仔たちのトロ舟の換水などをして
ウッドデッキの上でまったりとしてました。
 
 
 
 
 

 
キャリっ仔たちのトロ舟生活も一ヶ月が過ぎ
すっかり屋外にも慣れた様子です。
朝と夜に赤虫をたっぷりと与えてますので
まるまるぷりぷりしてます。
 
 
 
 
 

 
キャリコ、桜、真っ黒の3種類がいます。
それぞれ個性があって、なかなかイイ金魚たちです。
 
 
 
 
 

 
まだまだ成長途中ですがキャリコ琉金らしくなってきました。
リビングからウッドデッキに顔を出しただけで
餌くれ~っ!ていう感じでいっせいに集まってきます。
 
 
 
 
 

 
キャリコ琉金から産まれはしましたが
この色はサクラ琉金ていうことでいんでしょうか?
本当にきれいなピンク色です。
 
 
普段なかなか金魚たちに興味を示さない嫁さんが
今日久しぶりにキャリっ仔たちを見て一言、
『金魚すくいに出すのはもったいないんじゃない?』
と言ってきました。
 
キャリっ仔たちを室内で飼育してるときに
日中の餌やりを嫁さんが毎日してくれてましたので
さすがに愛着が湧いたのかな~と思いましたが
さらに一言、
『どうせ金魚すくいに出すなら1回100円ぐらいもらったら?』
だって・・・。
 
 
金かよ・・・・・。
 
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/25(金) 16:47:06|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稚魚たちのお世話

こんばんは
 
5月1日に孵化した東錦の稚魚たちは
産まれて3週間が過ぎました。
現在、チームA,チームBという2チームに分け
それぞれ平等にお世話してます。
 
キャリコ稚魚たちのお世話の時は
1個の水槽で事が足りてましたので
そんなに苦ではありませんでしたが
今回の東錦の稚魚たちの場合
ブライン沸かし・給餌に糞取り・換水を
2チーム並行しながら進めますので
時間がかかり、朝はバタバタ、夜はクタクタです・・・。
 
 
 
 
 
 

 

 
毎晩、仕事から帰宅して
まず、それぞれの水槽の底に溜まった
餌のカスや糞を吸い取り、そのまま10リットルぐらい水を抜いて
水槽の上にバケツを置いてエアホースからチョロチョロと新水を足してます。
チョロチョロ足し水してる間に夕飯を食べ、お風呂に入り
息つく間もなく沸いたブラインの給餌の準備にとりかかります。
 
 
 
 
 

 
これはホームセンターでアクリル製のパイプと耐寒ホースを買い
単純につなげただけの物ですが
糞の吸い取りや換水にとても役に立ってます。
市販のプロホースだとパイプの径が太いため
稚魚たちまで簡単に吸い取ってしまうため
稚魚水槽の換水にはこれを使用してます。
 
 
 
 
 

 
このパイプでもまだ稚魚を吸ってしまうことがあるので
パイプの先に網をかぶせ輪ゴムで縛ってます。
これが意外とうまくいってまして
糞や餌のカスはしっかり吸い、稚魚は吸いません。
 
 
 
 
 

 
どこでも売ってる1個100円以下のスポイトですが
これを2,3本買って管の部分だけ切り取り
それらをエアホースとつなげてミニミニプロホースを作り
針仔サイズの換水に使います。
 
 
 
 

 
下がそのミニミニプロホースで
上が先ほどの自作プロホースです。
わが家でこの2本の自作プロホースは
稚魚の飼育には欠かせないものとなりました。
 
そんな手間のかかる今日の稚魚たちです↓
 
 
 
 
 

 

 

 
東錦の稚魚たちの中には
キャリっ仔たちと同様に桜色の稚魚がいたり
真っ黒クロ助になるであろうというような
稚魚もいたり、
 
 
 
 
 

 

 
少し黒い斑点が出てきてる稚魚もいたりします。
1種類の金魚からいろんな色の金魚が産まれますね。
この稚魚たちの親には赤色と浅葱色が混ざった体色の
ものがいますので、この稚魚たちの中からもきっと
赤みを帯びた体色に変化してくものが出てくるのかなと
とても楽しみにしています。
 
 
 
 
 
楽しみと言えば、
 
 
 
 
 

 
先日孵化したオス親が未確定の稚魚たちが
今日ぐらいからピーンピーンと泳ぎ始めました。
 
 
 
 
 

 
さっそく今日からブライン給餌開始です。
と言っても、東錦たちに与えるブラインを
少しだけおすそ分けするだけでいいので
とても楽ちんです。
ですが、わずか17匹しかいませんので
全部フナ尾だったりしたら悲しいですね・・・。
 
 
 
 
 

 
今日からブラインをしっかり食べて
少しずつ成長するにしたがって
オス親が誰なのかが判明するでしょう。
これもまた、楽しみの一つとなりました。
 
金魚の稚魚のお世話は正直大変ですが
少しずつ成長していく過程を楽しめますので
この趣味はしばらくやめられそうにありません・・・。
 
来年はらんちゅうに挑戦してみようかな・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/25(金) 00:28:17|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20個足らずの卵・・・孵化

こんばんは
 
先日、90センチ水槽で奇跡的に確保した
20個足らずの卵ですが
産卵から4日目の今日、めでたく孵化しました。
 
 
 
 

 
卵の数が少ないので、パッと見は
何も入っていないような容器ですが・・・、
 
 
 
 
 

 
そろそろとは思っていましたが
今日、仕事から帰ってきて覗いてみると
小さな小さな針仔たちが誕生していました。
 
 
 
 
 
 

 
今年、わが家ではキャリコ琉金、東錦につづいて
3種類目の金魚の産卵~孵化となりました。
こうやって無事に孵化してくれると
ものすごくホッとします・・・。
 
 
 
 
 

 

 
今回、19個の卵を確保して
現在、孵化したのは13匹。
残りの卵からもすぐに孵化すると思います。
 
 
 
 
 

 
今回はキャリコのメスが産卵しましたが
いったいオスは誰なのか・・・。
琉金、黒出目金、ピンポンパールがいますが
可能性がもっとも高いのは黒出目金です。
とにかく追星バリバリでした・・・。
 
自分としては、ピンポンが絡んでたら
ちょっとおもしろいなあと考えてますが
今後、成長していくのを楽しみにしながら
ブライン地獄の毎日を過ごしていきたいと思います・・・。
 
では、また。
 
  1. 2012/05/21(月) 23:50:00|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ひたすら続くブライン給餌

こんばんは
 
3月の初めにキャリっ仔たちが誕生し
それ以来ずっとブライン沸かしと
ブライン給餌が続いてます。
 
キャリっ仔たちの時は朝と夜にブラインを与え
日中は嫁さんに頼んで稚魚用フードを与えてもらい
それによってキャリっ仔たちはすくすく育ちました。
 
東錦稚魚たちにも同様に朝晩ブラインを与え
昨日から再び嫁さんに人間フードタイマーとして
日中に稚魚用フードを与え始めてもらってます。
 
東錦稚魚たちは、キャリっ仔たちに比べて
食べる量や成長速度が格段に早い気がします。
 
 
 
 
 

 
東錦稚魚のチームB水槽。
ブライン給餌直後の写真です。
 
 
 
 
 

 
東錦稚魚のチームA水槽。
こちらもブライン給餌直後。
 
こんなにブラインを与えても翌朝には完食していて
水槽の底にはたくさんの糞が落ちています。
どんどん食欲が増してきました。
 
 
 
 
 

 

 

 
もうすでに、わずかに背びれが出始めていて
何となく東錦の形に近づいている気がします。
 
 
 
 
 
 

 
キャリっ仔たちのときもいましたが
東錦稚魚たちの約2~3割ぐらい
すでに体色が褐色に変わり始めてる稚魚がいます。
キャリっ仔たちの時と同様に
真っ黒になるのかなと思ってますが
どうでしょうか?
 
 
 
 
 

 

 

 
この3枚の写真はチームAの東錦稚魚たちですが
自分なりに見て、尾がきれいに開いている稚魚を選びました。
もう少し様子を見ながら、チームAの稚魚の数をさらに絞っていき
お気に入り稚魚たち以外はチームBに移していこうと考えてます。
 
ちなみにチームBの稚魚たちは、8月の金魚すくいに参加予定です。
 
 
 
 
 

 
先日、90センチ水槽のキャリコが産卵し
奇跡的に採取できた20個足らずの卵ですが
小さなプラ容器から12リットル容量の容器に移し
わずかにエアレーションさせながら孵化を待ってます。
 
 
 
 
 

 
産卵から今日で3日目ですが
卵の中に稚魚の姿が確認出来ます。
もうそろそろ孵化しそうな気配です。
いったい何金魚になるんでしょうか・・・?
 
 
 
 
 

 
ということで、まだまだ稚魚たちのお世話は続きます。
東錦稚魚たちも食欲がどんどん増してきましたので
今まで1リットルの塩水で1グラムのブラインの卵を
沸かしていましたが、昨日より2リットルの塩水で
2グラムのブラインの卵を沸かすようにしました。
 
さらに、20個足らずの卵から無事に稚魚が孵化したら
さらにさらにブライン沸かしは続くことになりますので
まだまだ遅寝早起きの生活は続いていきます・・・。
 
いつになったらゆっくりできる朝を迎えられるのか・・・。
 
自業自得ではありますが・・・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/21(月) 00:20:18|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

移動、移動そして移動・・・

こんばんは
 
今日は休日でしたが
前々より今日の休日はお世話三昧の
一日にする予定にしていました。
 
少し成長した東錦の稚魚たちの分割や
勝手口側の屋外で飼育しているキャリっ仔たちを
ウッドデッキへ移動したり
リビングの川魚水槽もウッドデッキへ移動し
玄関にいる東錦の親魚たちを
リビングへ移動するように考えてました。
 
休日なのに朝6時に起床して
東錦の稚魚たちへブラインを与えることから始まり
東錦の親魚水槽に砂利を追加するために
砂利を10リットル分洗浄し
東錦稚魚を分割するためにウッドデッキで
ブクブクしていた水槽を室内に入れ、
 
 
 
 
 

 
川魚水槽をリビングからウッドデッキへ移動しました。
川魚たちはビビリまくり
ガラス面にバンバン体当たりしてました。
ですが、久しぶりに太陽を拝めることができたので
そのうち落ち着くだろうと思います。
 
つづいて、
 
 

 
東錦たちの水槽に砂利を追加し
玄関から川魚水槽があった場所へ移動しました。
これで今年産卵した金魚たちがリビングにそろいました。
 
 
 
 
 

 
つづいて勝手口側にいたキャリっ仔たちを
洗面器に移してウッドデッキへ連れてきました。
左がチームB、いわゆる予選落ち組で
右がチームA、最終勝ち組です。
 
 
 
 
 

 
チームAのキャリっ仔たちは
きれいな桜色のままの仔や
キャリコ柄が多少出てきた仔がいて
体格もしっかりしてきてイイ感じです。
 
 
 
 
 

 
チームBの仔たちもチームAに負けず劣らず
最近になって体色や体格がしっかりしてきました。
『鉄尾長(てつおなが)』という名の真っ黒な仔も
ハネ対象魚とは思えないほど立派になってきてます。
 
ということで、AだろうがBだろうが違いがハッキリせず
特別な差は見当たらなくなりましたので、
 
 
 
 
 

 
ウッドデッキ進出記念として
80舟にてA,Bの仔たちをを合流させました。
 
 
 
 
 

 
この状態でしばらく飼い込み
自分なりにイイ個体だと判断できた仔を残し
それ以外の仔は8月の金魚すくいに参加せようと思ってます。
 
 
 
 
 

 
最後に東錦の稚魚たちを2個の水槽へ分けるため
いったん、すべての稚魚をタライに移しました。
 
 
 
 
 

 
 
本当はトロ舟などで飼育したいのですが
室内でトロ舟飼育できるスペースがないため
ひきつづき水槽飼育をつづけていきます。
 
 
 
 
 

 
キャリっ仔たちを育てた水槽に
全体の約6割の稚魚を移しました。
いわゆる、チームB水槽です。
 
 
 
 
 

 
こちらがチームAの稚魚たちを入れた水槽です。
パッと見はどっちがどっちか分かりにくいですが
フィルターの高さが低い方がチームA水槽で
低い方がチームB水槽です。
 
以上が、本日実施した作業の内容でした。
 
色々と水槽の位置を変更しましたが
結果的に分かったことが一つ、
東錦の稚魚を2個の水槽に分けたことで
ブライン給餌、糞取り、換水など
毎日お世話する水槽が
単純に一つ増えたということでした・・・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/19(土) 20:56:59|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

20個足らずの卵

こんばんは
 
今朝の事ですが
いつものように東錦の稚魚たちにブラインを与え
他の金魚やめだかたちにも餌を与え
さあ、そろそろ出勤しようかなと思ってたら
玄関の90センチ水槽が何やらにぎやかなので
覗いてみると、1匹のキャリコを
琉金、黒出目金、オスピンポンたちが
追っかけまわしていました。
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『おいおい、マジかよ~!』と思いながら
見てましたが、東錦の産卵の時に使った
産卵床がいつの間にか90センチ水槽の中へ
しっかりとセットされてました。
どうやら手が勝手に動いてしまったようです・・・。
 
そのまま出勤し、帰宅したのが20時過ぎで
さっそく90センチ水槽を覗いてみると
水面が妙に泡立ってましたので
これは明らかに事が行われた後だということが
一目で分かりました。
 
すぐに産卵床をマジマジと確認しましたが
1個も卵が見当たらない・・・。
『おかしい、どうして卵が付いてないんだ?』と
水槽全体を確認しましたが、全く見つかりません・・・。
 
まあ、採れればラッキーぐらいの気持ちでいましたので
あっさり卵はあきらめ、とりあえず換水だけはしておこうと
プロホースで水を抜き取り始めました。
 
が、あきらめの悪いこの飼い主は
水を抜き取ったバケツの中をライトで照らし
卵がないか確認しますが、やっぱりありません・・・。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
半分ぐらい水を抜き取ったところで
この水槽内にわずかに植えているアナカリスを
ふと見ると、ありましたっ!卵を発見しました。
 
めだかの卵を採るときのように
ピンセットでそろ~っと1個の卵を確保。
そうこうするうちに他のアナカリスにも
卵が付着していましたのでさらに確保。
 
 
 
 
 

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ですが、採れたのはわずか24個。
その中に無精卵と思われる卵も数個あり
それを取り除くと残ったのはたったの19個・・・。
 
この中からさらにカビてしまう卵もあるでしょうから
最終的に何個残るのか分かりませんが
とりあえずこの20個足らずの卵を孵化させてみようと思います。
 
卵を産んだメスは間違いなくキャリコですが
オスは誰なのか分からないので
どんな金魚が産まれてくるか楽しみではあります。
 
ちなみに、つい最近までこのキャリコは
オスだとばかり思っていました。
あいかわらず適当な飼い主です・・・。
3月のキャリコ琉金の仕掛けのときも
オスとして参加させてました。
 
・・・・・まあ、何はともあれ
この貴重?な20個足らずの卵の進展は
今後気が向いたら記事にしていきたいと思います。
もし、いつまでたっても記事にしないようであれば
すべて無精卵だったか、あるいはすべてカビてしまったか
それともどうでもよくなってしまったか、のどれかだと思ってください。
 
キャリコ出目ピンポンが産まれてくれたらすごいなあ・・・・・。
 
では、また。
 
 

http://aquarium.blogmura.com/kingyo/
  1. 2012/05/18(金) 23:44:54|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

癒しの屋外飼育と思いがけない依頼

こんばんは
 
今日はイイ天気でした。
昨日までは雨と風がすごかったですが
今日は太陽も出て少し暑いぐらいでしたが
風もゆるやかに吹いて気持ちよかったです。
 
こんな日に屋外飼育のさかなたちの観察を
していると、ついつい時間を忘れてしまいます。
 
 
 
 
 

 
黒めだかたちのタライの睡蓮が開花し
屋外飼育がさらに楽しくなってきました。
 
 
 
 
 

 

 
濃いピンク色のきれいな睡蓮の花と
ロタラの薄いピンクの小さな花が同時に咲いてました。
こうやって花が咲きはじめると
『そろそろ夏だなあ・・・』と感じます。
 
 
 
 
 

 
先日、ウッドデッキに移動してきためだかたちですが
この楊貴妃めだかのトロ船の水草たちが
今日の太陽を浴びて元気を取り戻すどころか
成長が加速してきました。
 
 
 
 
 

 

 
 

 

 
ウッドデッキでキレイな水草やめだかたちを眺めてると
何もかも忘れてボ~っとしてしまいます・・。
水槽の中の金魚たちとは、また違った良さが
屋外飼育にはあります。
 
 
 
 
 

 
今日は、今年初めて楊貴妃めだかの採卵をしました。
わが家では4代目楊貴妃めだかとなる卵です。
これから休日のたびに採卵し、できるだけ多くの楊貴妃を
孵化させて来年につなげていきたいと思います。
 
今年は、楊貴妃めだかのみ採卵する予定でしたが
もう一種類いるパンダめだかの採卵もついついやりまして
これも出来る限り増やしたいと思ってます。
 
 
 
 
 

 
先日、パンダめだかの容器から
昨年浮かべてそのままにしてたホテイ草を取り出し
別の容器に浮かべてました。
今日、その容器をのぞいて見ると、
 
 
 
 
 

 
狙いどおり、小さな小さなパンダめだかの稚魚が
約10匹ぐらい孵化していました。
最近は金魚の針仔ばかり見てましたので
久しぶりにめだかの稚魚を見ると
ものすごく小さく見えます。
 
次の休日ぐらいから、東錦の稚魚のために
沸かしているブラインを少しずつおすそ分けして
しっかり育てていこうと思います。
 
 
 
 
では、その東錦の稚魚たちです。
 
 
 
 
 

 
5月1日に孵化して今日で16日が経過しました。
順調に成長している証として、最近は
水槽の底面に糞がかなり溜まるようになってきました。
さらに、その糞を吸い取るときに今まではどうしても
数匹吸い取ってしまい、吸い取ったバケツからスポイトで吸って
いちいち水槽に戻していましたが
そういうこともなくなってきました。
 
 
 
 
 

 
そろそろこの稚魚たちを別々の容器に分けないと・・。
ちょっと過密すぎ・・・・・。
 
 
 
 
 

 
前回の記事で、選別はせずに
すべて育てることを書きましたが
もちろん、育て続けるわけではありません。
 
実は、弟の友人がある幼稚園の理事長をやってるそうで
その理事長から弟を通じてある依頼がきました。
 
今年の8月4日の土曜日、その幼稚園で夏祭りをするそうで
その祭りで、『金魚すくい』をやってほしいとのことでした。
 
この話を聞いたとき、正直どうしようか迷いました。
まったくやったことがないというのもありますが
わが家で育った金魚で本当にいいのかということ。
 
ですが、お金をとるわけでもないし
バザーという形で誰でも掬えるようなので
それならまあいいか・・・と思い引き受けました。
 
8月までにこの稚魚たちを☆にすることなく
きっちり育てられるかという重圧はありますが
貴重な経験になるかなと考えてます。
 
がんばらないと・・・。
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/16(水) 22:08:27|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ラッキーな出来事

こんにちは
 
最近は朝晩がとても寒く
今日は朝からずっと寒くて
いったいこの気温は何なんでしょう。
TVを見ても北海道では雪が積もってるし
春から冬に逆戻りした感じです・・・。
 
昨日、今日とGW以来の休日でしたが
いつもの金魚たちのお世話に加え
とんでもない作業をしましたので
クタクタに疲れてしまいました・・・。
 

 
これは、わが家の裏のせま~いスペースを利用し
めだかや和金たちを飼育してる写真です。
 
先日、この家を買ったハウスメーカーより
 
『○○さんの家の窓のサッシのシーリングに不具合があり
後々雨漏れが発生し、室内の壁まで染み込んでしまう
可能性があるため、すべての窓のシーリングをやりなおさないといけません』
という説明があり、その工事をするために家の周りに足場を組み
約3日間の工事日数がかかるという内容でした。
 
さらに、
『そこで、足場を組むにあたってご相談が・・・』と言われ
『何でしょうか?』と聞くと
 
『○○さん家の裏にある魚が入っている容器を
移動していただかないと足場が組めないので
何とかならないでしょうか・・・?』って言ってきました。
 
『それは無理ですっ!』
ってキッパリお断りしたかったのですが
本当に申し訳なさそうな顔をされてましたので
『分かりました、何とかします。』
と答えたものの、かなり困った事態でした。
 
和金たちのタライは水とフィルターと和金だけなので
水を減らして移動すればいいのですが
めだかたちの容器は底土、水草、大量のめだかたちが
入っているためかなりの重量があり無理に持ち上げると
容器が割れてしまう可能性があります。
 
とは言え、考えててもしょうがないので
限界まで水を抜き移動することにしました。
移動先は、唯一工事の影響がないリビングの外にある
ウッドデッキの上です。
 
移動中は写真を撮る余裕はまったくなく
すべてが終了したあとの写真がこちら↓
 
 
 
 
 

 
一番奥が雑種めだかが入っているトロ舟で
真ん中が楊貴妃めだかのトロ船です。
右手前は園芸用の特大ポットにめだかを入れてますが
半分ぐらいまで地中に埋めてましたので
この移動が一番大変でした。
ですが、心配してた容器は割れずに済みました。
多少容器内が乱れましたが、☆になるめだかも出ず
とりあえず何とか無事に移動できました。
 
 
 
 
 

 
奥のキングタライが和金たちのタライで
20Mの延長コードで電源を引っ張って
フィルターを稼動させてます。
 
 
 
 
 

 
とってもビビリな和金たちは
隅に固まってオドオドしてました。
デカイ図体をしてるくせに
めだかたちよりもビビリです・・・。
 
 
 
 
 

 
固まったまま横に移動してます。
そこまでおびえなくても・・・。
 
 
 
 
 

 

 

 
すべて移動したあとに
『工事が終わってもこのままでいい?』と
冗談で嫁さんに言うと
『何かイイ雰囲気になったしいいよ!』
と、思ってもない返事が!
 
元々ここは午前中しか陽が当たらず
洗濯物を干すこともなかったので
嫁さんにしてみれば家の周りがごちゃごちゃするより
ウッドデッキ内に容器がまとまる方が
世間体を考えると都合がいいみたいです・・・。
 
ということで、完全な飼育スペースとなりましたので
給餌やめだかの採卵作業も楽になるし
かなりラッキーな出来事でした。
いずれ、キャリっ仔や東錦の稚魚たちも
ここに移動して一括管理したいなと考えてます。
結果的にハウスメーカーに感謝です。
 
 
最後に、孵化から約2週間経過した
東錦の稚魚たちです。
 
 
 
 
 

 
中央でフィルターをゆるく稼動させてるため
左右に分かれて集まってます。
 
 
 
 
 

 
2週間経過しましたが、今のところ問題なく
順調に成長しています。
本当はこの土日で選別する予定でしたが
思いもよらない話が舞い込んできたため
選別せずにこのまますべて育てることになりました。
そのお話は次の機会に・・・。
 
 
 
 
 

 
予選落ちしたキャリっ仔のうちの10匹を
うちのお姉ちゃんが自分の部屋で飼ってます。
とても喜んで飼ってましてしっかり給餌をやってるようです。
 
ですが、この10匹のキャリっ仔たちは
100%フナ尾だという事実を娘はまだ知らない・・・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/13(日) 18:01:03|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

GW最後は金魚の日

こんばんは
 
ついにGWも今日で終わりですね。
明日から厳しい?現実がやってきます・・。
 
GW最後ということで
今日ばかりは自分と金魚のための日とし
お魚たちのお世話三昧の日にしました。
 
屋外のめだかたちの容器には
ものすごい量の藻が繁殖してたり
枯れた水草なども放置したままでしたので
バッサリザックリと除去しました。
ずっとしゃがんだままでの作業だったため
腰がちょっと・・・。
 
毎年めだかの採卵をしてますが
今年は金魚のお世話が主なので
すべてのめだかからは卵は採らず
楊貴妃めだかだけにしようと思ってます。
とにかく今年は金魚メインということで。
 
では、今日のわが家の金魚たちです。
 
 
 
 
 

 
これはキャリコの仔たちが入っているトロ船と
発泡容器です。わが家の勝手口側に設置しました。
トロ船には一次予選から最終予選までのあいだで
惜しくも敗れてしまった仔たちを入れてまして
発泡容器には最終予選勝ち組の仔たちを入れてます。
 
 
 
 
 

 

 
最終予選勝ち組の仔たちは
基本的に尾の開き具合だけを見て選びました。
 
ですが、トロ船にいる仔たちの中にも
まだまだ気になる仔はいますので
いずれ入れ替え戦をしようと思ってます。
 
 
 
 
 

 
トロ船に入れた仔たちをこうやって写真を撮ってみると
他の金魚ブログで見たことあるような写真になりました。
これまでずっと室内水槽での飼育でしたが
こうやってトロ船で飼育するのもイイですね。
 
 
 
 
 

 
キャリコの仔たちの中に
早い段階で黒く色変わりした仔がいますが
これを調べてみると
鉄尾長(てつおなが)という名前があることを知りました。
今後もずっと黒い色のままのようですが
通常は選別の対象として販売はほとんどされず
認知度としても低いようですが
成魚サイズになると黒くて貫禄のある金魚に
なるそうなので、ちょっと興味が出てきました。
しっかり育ててみようと思います、1匹だけ・・・。
 
 
 
 
 
 

 
屋外の和金タライです。
少しずつ苔が広がってきました。
午前中にフィルター掃除と糞を吸い取り
半分ほど換水しました。
 
が、
夕方に様子を見てみると誰かが産卵したようで
水面には泡が立ち、水も少し濁ってました・・・。
もちろん再び換水することに・・・・・。
 
 
 
 
 

 
この朱文金ですが
屋外に出した当初は突然の環境の変化に
完全にビビッてしまい、墨の色が薄くなり
ヤバイかなあと思って様子を見てましたが
最近になって完全に元の色に戻りました。
もしかしたら、室内水槽にいたときよりも
色がよくなったかもしれません。
やっと屋外に慣れてくれたようです。
 
 
 
 
話はかわって、
 
 
 
 
 

 
今日、買い物に行った時に見つけたものです。
これを見た瞬間にビビビッと来ました。
壁に固定して使う台のようですが
これを何に使うかというと、
 
 
 
 
 

 
稚魚水槽の上に置いてバケツを置き
ちょろちょろと足し水するのに使います。
60センチ水槽には見事にピッタリで
12リットルバケツを2個のせても平気でした。
ちなみに790円という微妙なお値段です。
 
 
 
 
 

 
その稚魚水槽の東錦の針仔たちです。
今日は水面の高さを少し低くするために
フィルターの容器のサイズを小さくしました。
これで約30リットルぐらいの水量ですが
成長にあわせて水量を増やしていきます。
 
次の土日が休みの予定なので
第一次予選を行いスパッといきたいと考えてます。
正直言ってこの水槽でこの匹数は無理があり
他の容器に分けるほどのスペースもないため
早い段階で最終勝ち組を決めたいと思います。
 
 
ということで、明日から通常の生活リズムに戻りますが
早朝ブラインと夜ブラインのリズムは変わりません・・・。
早く赤虫が食べられるサイズに成長してほしいです。
 
 
では、また。
 
  1. 2012/05/06(日) 22:17:48|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日も明日も明後日も・・・

こんばんは
 
GWも残すところあと一日となりましたが
自分は間で何日か仕事でしたので
あまり大型連休という感覚ではありませんが
長い方で9連休だったという方は
現実に戻るのが大変なのではないでしょうか?
 
次の大型連休は8月のお盆休みになりますが
それまでの約3ヶ月間、精一杯がんばりましょう!
 
 
 
 
 

 
早いものでキャリコ稚魚たちも(もう稚魚じゃないか・・)
産まれて2ヶ月が経過しました。
現在、室内の水槽でAチームとして飼育してる
このキャリコ琉金たちは25匹ですが
予選落ちしたBチーム以下の仔たちは
先発隊として1週間前から屋外のトロ船で過ごしてます。
明日、Bチーム以下の仔たちの状態を確認して
問題なさそうであれば、Aチームの仔たちも
明日、屋外デビューさせようと考えてます。
 
 
 
 
 

 

 
キャリコの仔たちの体に墨らしき模様が出てきました。
このまま体が真っ黒になり黒仔になるのかなと思ってましたが
どうもそうではなさそうで、キャリコ柄なのかなと考えてます。
 
 
 
 
 

 
でも、この写真の仔のように
そばかす状の点々もでず、墨らしき黒もでず
真っピンクのままの仔もいて、この先どうなっていくのか
ちょっと想像が出来ません。
まるで桜系の金魚のようにも見えます。
この真っピンクのままでもいいのですが・・・。
 
 
 
 
 

 
かわって、東錦の針仔たちですが
昨晩にブラインを初めて与えましたが
今朝分のブラインが事前に沸かすことが出来てなかったので
今夜、丸一日ぶりにブラインを与えました。
 
 
 
 
 

 
今朝は、殻なしブラインの黄身を与えて出勤し
夜帰宅して確認してみましたが、けっこう残ってました。
まだ殻なしブラインは早いのかなと考えてます。
沸かしたブラインを与えたとたんに、針仔たちは活気づき
ピンピン泳ぎながら小さい口でパクパク食べ始めました。
 
 
 
 
 

 
あっという間に体がオレンジ色になっていきます。
やはり針仔たちの餌はブラインに勝るものなしですね。
もちろん活きミジンコが与えられたらもっといいかもしれませんが
まだミジンコに関しては知識も経験もないため
今後もブライン主体でいく予定ですが
いずれは活きミジンコでも育ててみたいなと思います。
 
キャリコ琉金の仔たちのときにも書いた気がしますが
今日も明日も明後日も、ひたすらブラインを与えて
元気な東錦に育つよう願いながら
遅寝早起きの毎日を過ごしていきたいと思います。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/05/05(土) 21:40:29|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ってまいりました

こんばんは
 
5月の3,4の2日間の小旅行に家族で行き
ついさきほど帰宅しまして
自分で言うのも何ですが
お疲れのところブログ更新中です・・・。
 
明日というかあと数時間もすると
ダル~いお仕事に出勤しなくてはなりませんが
とりあえず無事に帰宅出来たこととあわせて
東錦の針仔たちの様子を報告したいと思います。
 
 
 
 

 
一泊二日という短い時間での旅行のため
行ける所は限られてましたが
日本一の吊り橋という大分県の『夢・大吊り橋』に行きました。
うわさではものすごい高さで歩いて渡るにはとても勇気がいると
聞いていましたが、実際に渡ってみると
天気が思わしくなく曇り空だったのと
風がビュンビュン吹いてましたので
怖いというよりは、寒かった・・・・・です。
ただ、かなりの人が行き来してましたので
そうとう揺れてたのは事実です・・・。
 
 
 
 
 

 
あとは、乗馬を楽しんだり、
 
 
 
 
 

 
うさぎとふれあったり、
 
 
 
 
 

 
イノシシのような豚とふれあったり・・・、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
温泉で有名な『湯布院』へ行って
ゆっくりと温泉に入って過ごしました。
 
この2日間はすっかり東錦の針仔たちの事は忘れ
じじばばに確認の電話をしたのはたったの4回でした・・・。
 
 
で、思った以上に帰宅時間が遅くなり着いたのが23時前。
家に入るなり速攻で針仔たちの様子を確認してみると、
 
 
 
 
 

 
おお~、生きているってすばらしい!
ほぼすべての針仔たちが泳ぎ始めていました。
じじばばにたったの4回だけ電話したときに
『8割ぐらいは泳いでるよ』と聞いてはいましたが
実際に自分の目で見て、ホッとしました。
 
 
 
 
 

 
とりあえず産卵床を取り出し、じじばばが与えた残り餌を吸い取り
1/3程水を抜いて新水をちょろちょろと足したあとは
旅行に出発する直前にセットしておいたブラインを
この針仔たちに初めて与えました。
 
 
 
 
 

 

 
キャリコ稚魚たちには約2ヶ月間ブラインを与え続けましたが
東錦稚魚たちにも同様に2ヶ月間ぐらいをめどに
ブラインを一日2回与えていく予定です。
まずはこの1ヶ月間が勝負ですね。
その後からは赤虫も食べ始めるので
少し楽になるとは思いますが。
 
 
 
 
 

 

 
前回のキャリコ琉金の産卵と比べて
卵の数が多いなあとは思ってましたが
こうやって孵化した針仔たちを見ると
確実にキャリコの時より多いのが分かります。
およそもなにも分かりませんが
1000はいないにしても、500以上はいるかなと思ってます。
 
この東錦稚魚たちの場合は、はやめからオーディションを行い
何度も予選を重ねてイイ個体を残していけるようにしたいと思います。
 
気づけば出勤時間まで7時間を切ってしまいましたので
今日はこのぐらいにさせていただこうと思います。
 
では、また z z z z z z z z。
 
  1. 2012/05/05(土) 01:21:27|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

行ってまいります・・・。

こんばんは
 
今日はGW中の中休みではなく中仕事で
通常の終業時間よりは早く帰宅できましたので
帰宅途中にペットショップへ寄って餌を買いました。
 
すると、いつもは10枚で1890円する冷凍赤虫が
今日は10枚で980円で販売されてましたので
購入する予定ではありませんでしたが
買わないと損する気がして思わず買ってしまいました。
 
明日から2日間ほど旅行に出掛けますので
その間は両親に産まれたての東錦の針仔に
ブラインシュリンプを与えてもらうつもりでしたが
どう考えてもズブのド素人、しかも60過ぎのじじばばに
沸いたブラインから殻を分けさせ、幼生を吸い取り
濾して真水で洗浄して針仔に幼生を与え
新たに塩水をつくり、卵を投入してセットさせるのは
困難と判断し、もっと与えやすい餌を買ってきました。
 
 
 
 
 

 
冷凍ミジンコです。
昨年までは和金の稚魚に与えたりしてましたが
今年産まれたキャリコ稚魚たちには与えてなくて
東錦の針仔が食べてくれるか分かりませんが
これなら水で溶かして与えるだけなので
60過ぎのじじばばでも出来ると判断しました。
 
それともう一つ、
 
 
 
 
 

 
殻なしブラインシュリンプです。
アルテミアという名前で販売されてまして
わずか25gで980円します。
 
 
 
 
 

 
ブラインシュリンプの卵の黄身だけを取り出したもので
栄養価はけっこうありそうです。
キャリコ稚魚たちにも針仔の時から与えてまして
日中、人間フードタイマーとして働いてくれた嫁さんも
このアルテミアをキャリコ稚魚たちに与えてくれてました。
食いつきはかなりイイと思います。
 
明日はお昼頃に旅行に出発する予定なので
午前中のうちにじじばばに冷凍ミジンコとアルテミアの
与え方や量を教えておいて
出発する直前にブラインをセットしていこうと思います。
 
明後日の夕方から夜には帰ってくると思いますので
なんとかその時点でブラインを与えれたらなあと考えてます。
 
さあて、かなり気が重い旅行になってしまいましたが
嫁さんに針仔たちの給餌の話を相談したときの一言、
 
『じゃあ、金魚の赤ちゃんも連れて行けば・・・』だって・・・。
 
嫁さんに相談した自分がバカでした・・・。
 
じじばばにすべてを託して行ってまいります。
 
では、また。
 
  1. 2012/05/02(水) 22:18:14|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

東錦孵化

こんばんは
 
昨日、今日と休日でしたのでかなりやりたい事が出来ました。
明日は仕事なので少々ダルいですが
明後日からまた2日間休みなのでがんばらないと。
 
今日は曇り空でしたが久しぶりに屋外の観察をしました。
 
 
 
 
 

 
黒めだかたちがいるタライですが
睡蓮の蕾がダブルで水面まで伸びてきました。
昨年もそうでしたが、花が咲きそうになると
天気がくずれてしまい咲きそうで咲きません。
今年もそんな気配ですがどうでしょうか?
 
 
 
 
 

 

 
水草はどんどん水面をつき抜け水上葉となりつつあります。
このまま伸び続けるといずれ小さな小さなピンクの花を咲かせます。
睡蓮、ロタラの花が咲き、アナカリスも白い小さな花を咲かせ
ホテイ草を浮かべると薄紫色のきれいな花を咲かせます。
本当にイイ季節になってきました。
 
 
では、東錦のお話です。
 
 

 
今朝の8時ごろですが、卵からしっぽを出し
孵化寸前の針仔の姿が確認出来ました。
どうやら始まってしまったようです。
 
 
 
 
 

 
ダ~っと時間は流れて約12時間後の状態です。
パッと見ただけでもかなり孵ってるように見えますが、
 
 
 
 
 

 
孵ってますね。
みんなガラス面に張り付いてます。
 
 
 
 
 

 

 
水槽の底面に落ちていたほとんどの卵が
孵化していました。
本当はもう一日卵の中でゆっくりしてほしかったのですが
まあ、しょうがないですね。
 
 
 
 
 

 
卵から孵化した直後、針仔はびっくりしたかのように
スーっと上に向かって泳ぎ始めます。
何かにつかまるものはないか探してるように見えます。
 
 
 
 
 

 

 

 

 
ジ~っと見ていると次々と卵から針仔が誕生し
一瞬だけふらふら泳いだと思ったらガラス面に張り付いたり
水面近くまで上がっていったりします。
 
 
 
 
 
 

 
水面近くまで上がりはするものの
途中で力つきてしまい
真っ逆さまに下に落ちて行きます。
まるで死んでしまったかのように落ちますが
しっかり生きてるようです。
あとは2,3日もすれば餌を求めて泳ぎだすでしょう。
 
今日は休日でしたので貴重な瞬間が見れました。
 
まだ産卵床に付着している卵が相当な数あるので
完全に孵化が終わるのは明日ぐらいになると思います。
 
ですが、明後日から2日間の旅行に行きますが
泳ぎだしたぐらいに出発することになりそうです。
 
最後の手段として、となりに住んでいる両親にお願いし
ブラインの沸かし方、濾し方と与え方を教えて
2日間の間はそれでなんとか凌ぐ作戦にしました。
 
かなり不安な気持ちを抱えたままの旅行になりそうですが
せいいっぱい楽しんでこようと思います。
 
楽しめるかな~・・・・・。
 
無理ですね、きっと・・・・・。
 
では、また。
 
  1. 2012/05/01(火) 21:15:06|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦一本飼育です。

気が向けば小規模ながら仔引きにも挑戦。

かなり不定期更新のブログです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (364)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる