coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

キャリコ稚魚たちは元気です

こんばんは
 
先日、メスピンポンの病気が発覚してから
キャリコ稚魚水槽に加えて隔離水槽と本水槽の
換水を毎日毎日やってます。
 
絶望的だったメスピンポンは驚異的な回復力で
充血はほぼなくなり、わずかにただれた跡が
残っている程度です。
 
来週は本格的な春の気温になりそうなので
本水槽の金魚たちと合流させようと思ってます。
 
ですが、残念なことに本水槽のオスピンポンの1匹が
メスピンポンと同じ症状が発症してしまいました。
メスピンポンよりも症状がひどく、すぐに隔離をして
ずっと薬浴をつづけてますが回復する兆しはなく
もう時間の問題かもしれません・・・。
 
本水槽の他の金魚たちは問題なさそうですが
念のために本水槽ごと塩浴をつづけています。
来週まで様子を見て問題なさそうであれば
回復しつつあるメスピンポンを合流させて
再度底面ろ過で立ち上げ直そうと考えてます。
 
もう少しの辛抱です・・・・・。
 
と、暗~いつら~いお話ばかりも飽きられそうなので
このあたりでキャリコ稚魚たちの見事な成長っぷりを
ご紹介したいと思います。
 
 
 
 
 

 
ちょっとななめな画像が気になりますが
お掃除直後のキャリコ稚魚水槽です。
はじめの頃はゴミ吸い取りホースで
毎日2,3匹ぐらいは吸い込んでましたが
最近はホースに吸われそうになっても
『フンッ!』と踏ん張れる力がついたようで
吸い込むことはまったくなくなりました。
とにかく元気です。
 
 
 
 
 
 

 
朝与えたブラインも夜には完全に食い尽くされてて
水槽の底面には赤くて細い糞がかなり目立つようになりました。
 
 
 
 
 

 

 
気づけばこの稚魚たちが孵化してから
2週間を過ぎていました。
『選別』がまだ出来ていないので
数が減ってません・・・。
そろそろしないとまずいですね・・・。
 
 
 
 
 

 

 

 
すっかり琉金らしくなりました。
もう針仔ではなく
徐々に体色が褐色となっていき
黒仔となっていくんでしょうね。
ここまで来るとかなり愛着がわきます。
 
 
4月のあたたかい時期になったら
屋外の容器に引越しして
太陽の光を浴びさせながら
丈夫なキャリコ琉金に育てたいと思います。
 
 
ではそろそろブラインが沸く時間となりましたので
給餌の準備を始めようと思います。
 
では、また。
 
 
スポンサーサイト
  1. 2012/03/24(土) 22:34:01|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

非常事態宣言・・・。

こんばんは
 
それは突然でした・・・。
『お父~さんっ!ピンポンパールがっ!!!』
と、リビングから大声で叫びながら呼ぶのは5歳の娘。
今日は仕事は休みでしたがいつもどおり朝6時に起きて
玄関でキャリコ稚魚たちの残り餌の吸い取りをしていました。
 
『何だ、何だ、どうしたっ!』とリビングの金魚水槽を見に行くと
『このピンポンパールの体が何かおかしくなってる・・・』と
5歳の娘が言うので見てみると、なっ、なっ、何とっ!
メスピンポンの左わき腹が赤くただれてボコボコになってるじゃないですかっ!
『まずいっ!これは非常にまずいっ!』と思わず叫んでしまうほど
それは5歳の娘でも異常な状態と分かるほど悲惨な状態でした。
 
お姉ちゃん(小学3年生)が金魚の本を持ち出してきて
『これは何の病気・・・?』と言いながら本に掲載されてる
写真を見ながら調べだしました。
色々な病状の写真を見ながら、『赤班病かな~・・』とか
『穴あき病かもしれない!』とか言ってましたが
いずれにしても寄生虫による病気であることは間違いなく
とにかく何か手を打たないと本当にまずい状態でした。
 
すぐに余っていたMサイズ水槽を持ってきて
0.5%の塩とエルバージュを投入し
メスピンポンを隔離しました。
他の金魚たちもいったん別の容器に移し
本水槽の水草、砂利をすべて取り出し
水槽は丸洗いしました。
 
空になった水槽に新水を入れエアレーションをして
0.1%の塩を混ぜメスピンポン以外の金魚を
元に戻し様子を見ることにしました。
 
現時点でメスピンポン以外の金魚たちに
病気らしい症状は見られませんが
しばらくは毎日換水しながら様子を見ようと思います。
 
本当にうかつでした・・・。
最近はキャリコ稚魚たちばかりに気をとられ
他の金魚たちは餌を与えるだけでじっくりと
観察してなかったので完全に見落としてました・・・。
 
もし、娘がメスピンポンの異変に気づいてなかったら
もう数日間は気づかないままだったかもしれません。
ただ、症状がかなり悪化してますので
時すでに遅し・・・、かもしれませんが
やれるだけの事はやってみようと思います。
 
たいして知識も経験もない金魚飼いが
調子に乗って金魚の繁殖をしようとして
バチが当たったのかなと思ってます。
しかも時間に余裕がない忙しい3月なのに・・・。
 
4月になったら東錦の繁殖をしようと考えてましたが
それも考え直す必要があるかもしれません。
 
キャリコ稚魚たちの飼育は
もちろん今までどおり続けていきますが
それに加えてメスピンポンの薬浴と換水、
リビング水槽の換水作業も重なるので
今まで以上に毎日のお世話が大変になります。
 
いずれのいずれは魚の数や水槽の数を一度整理して
自分のキャパを見極めた上で楽しいアクアライフを
つづけていけるようにしないといけないかなと思います。
今のままでは金魚のお世話が苦になってしまい
最悪の場合、やめてしまうことだってありえます。
 
とにかく一度冷静にならないと・・・・・。
 
 
では、また。
 

http://aquarium.blogmura.com/
  1. 2012/03/20(火) 23:33:15|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

久しぶりに淡水魚ネタ

こんばんは
 
最近は金魚ネタばかりで
川魚(淡水魚)たちの記事を書いてないので
今日は久しぶりに書きたいと思います。
 
特にこれと言って何か大きな変化があったわけでは
ありませんが、気温が上がってきたのにつられて
川魚たちの活性もあきらかに上がってきてます。
 
 
 
 
 

 
こうやって川魚水槽にむかって
カメラを構えるのもかなり久しぶりです。
毎日餌を与えながら様子は確認してますが
特に変わったことはなく、唯一変わったと言えば
水草に生えている髭ゴケの勢力が拡大したぐらいです・・・。
 
 
 
 
 

 
髭ゴケの絨毯でたたずむヨシノボリ・・・。
んな訳ないとは思いますが
なかなか風情があっていい感じ・・・んな訳ないですね。
汚い・・・・・。
 
 
 
 
 

 

 

 

 

 
ダーっとヨシノボリたちの写真を並べてみましたが
決して手を抜いてるわけではありません。
大小さまざまなサイズのヨシノボリたちが
寒い時期は石の下に穴を掘って隠れがちでしたが
最近は常に前面エリアで自己主張してるってことを
お伝えしたいだけで、手は抜いてません、手は・・・。
 
 
 
 
 

 
水槽のほぼ中央付近でビヨ~んと伸びてるアナカリスです。
キャリコ稚魚たちに夢中になってるスキにここまで伸びました。
これをこのまま放っておくと、そのうち髭を蓄えはじめます。
そうなる前に切り取らないと・・・。
 
 
 
 
 

 
キャリコ稚魚たちに夢中になってるスキに
流木が見えなくなるぐらいジワジワと
勢力を拡大しつつあるウィローモスです。
これはこれでイイ感じなのでこのまま放置です。
 
 
 
 
 

 
カワムツの成長は本当に早いです。
どんどん成魚っぽくなってきてます。
もう少し成長したら玄関の川魚の大人水槽へ
引越しさせよようと思います。
 
 
 
 
 

 
ムギツクもかなり大きくなってきました。
ですが、カワムツほどのサイズにはならないようなので
ムギツクはこのままこの水槽でいいかなと思ってます。
春になったら仲間を探しに川へくりだす予定です。
 
 
 
 
 

 
こうやってあらためて見ると
ここの川魚たちは全体的に
ひと回り大きくなったように思えます。
昨年9月に立ち上げてちょうど半年が経ちますので
そろそろ低床の砂利の掃除のことも
考えないといけない時期になりました。
 
金魚たちのお世話や川魚たちの捜索も含めて
春になったら色々とまた忙しくなりそうです。
 
春本番まであと少し・・・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/18(日) 23:38:24|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化から10日目の稚魚

こんばんは
 
今日はとても暖かい日でした。
日中に車で走ってると少し汗ばむぐらいで
道路上にある電光掲示板も『16℃』を示してました。
夜、仕事から帰宅して無加温の東錦水槽も
『17℃』まで水温が上がってまして
餌を欲しがる動きもかなり激しくなってきました。
 
もし、このままオスとメスを合流させてしまったら
即、始まってしまいそうなほど『春』が近づいてる気がします。
 
今日で、キャリコ琉金の稚魚が孵化して
10日が経ちました。
毎日ブラインまみれの生活を送ってますが
そのかいもあって稚魚たちはすくすくと成長してます。
 
 
 
 
 

 
孵化した当初に比べれば10匹程度は減りました。
水槽で横から見てると、少しずつですが成長速度に
違いが出てきたのも分かるようになりました。
 
 
 
 
 

 
ブライン散布中・・・・・。
ちょっと多すぎるかなと思いながら与えてますが
翌日の朝にはほとんど食べつくしてるほど
食欲もどんどん上がってきてます。
 
 
 
 
 

 

 
今にもお腹が破裂しそうなほど膨らんでるというか
垂れてるようにも見えるのは気のせいでしょうか?
それでもしっかり水中を泳いでますから大丈夫なんでしょうね。
 
 
 
 
 

 
上から見るとこの程度の数です。
かなり減りましたね。
 
 
 
 
 

 
よ~く見ると、わずかに尾が開きはじめてました。
 
 
 
 
 

 

 
体長は約1センチぐらいだと思います。
昨年は和金の稚魚を育てましたが
もちろんすべて『フナ尾』ばかりでしたので
尾が開いた稚魚を目の当たりにするのは
実は人生で初のことなんです。
やっぱり金魚の稚魚はこうでないと。
 
 
 
 
 

 

 
魚なんてどうでいい嫁さんやうちの親などは
この稚魚を見ても『これメダカと一緒じゃん!』
『本当はメダカじゃないの?』と
かなりムカつく言い方をサラッと言ってくれます・・・。
稚魚を見せて感想を聞こうとした自分がアホでした・・。
 
 
 
 
 
 

 
そのうち、こんな姿になることを願いつつ
今日も明日も明後日もブラインをしっかり与え
メダカと言った嫁たちをギャフンっと言わせてやりたいと思います。
 
いずれ成長した姿を見て
『実は買ってきたんでしょう・・・』
なんてことは言わせてなるものか!
 
では、また・・・。
 
 
  1. 2012/03/17(土) 23:29:46|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

もしかしてもしかしても・・・。

おはようございます。
 
今日は休日ではありませんが
下の娘が熱を出してしまいまして
急きょ午前中お休みをいただいて
お昼まで仕事の嫁さんの帰りを待って
午後から出勤することになりました。
 
少し前の記事でリビングのキャリコが
今にも産卵しそうになり、娘をだしにして
休もうかな~なんていう事を書きましたが
今日は本当です。真実なんです。
 
とは言っても、特に何かするわけでもなく
娘はおとなしく布団に入ってTVを見てるので
かなり余裕のある『子守り『となりました。
 
ということで、
キャリコ琉金の稚魚たちの様子を
ボケ~と眺めてたのですが
背後から、チャッポンッ!チャッッポンッ!と
水をたたく音が聞こえてきましたので
振り返って見てみると、
 
 
 
 
 

 
そこにあるのは朱文金がメインの水槽ですが
この水槽からチャッポン、チャッポンと音がします。
 
 
 
 
 

 
水槽の中をよ~く見たら
なんとなくザワザワしてる感じです。
『もしかして・・・?』と思ってじっと見てると、
 
 
 
 
 

 

 
ご覧のとおり、でっかい朱文金を筆頭に
オス金魚たちが和金を追いかけまわしてました。
ついに、この水槽でも始まってしまったようです・・・。
やっぱりこの和金はメスだったのか・・・・・。
 
 
 
 
 

 

 
普段はとてもおとなしい黒出目金や琉金も
一緒になって水草の中でおしくら饅頭やってます。
でっかい朱文金は『邪魔すんなよ・・・』って感じです。
 
 
 
 
 

 
もうとにかく大騒ぎなので
水槽内はゴミなどが散乱し水草もめちゃくちゃです・・・。
次の休日には換水した方がよさそうです。
この前したばかりなのに・・・。
 
 
 
 
 

 
でっかい朱文金に負けず劣らず
このチビ朱文金が若さあふれる追っかけっぷりです。
今年購入してきた4匹のうちの1匹で
購入直後は一番元気がなかったのですが
今では一番やんちゃになりました。
 
 
 
 
 

 
来週の水曜あたりから『大潮』が始まりますが
もし、この和金が産卵したとしても
さすがにこれは『無視』します。
今はキャリコ稚魚たちでいっぱいいっぱいだし
和金は昨年産まれたのが屋外にたくさんいるし
飼うスペースもないし、嫁さんもあきれるし・・・。
 
ということで
この水槽でもしかしてもしかしても
何もなかったことにしたいと思います。
 
4月になったらこの和金を屋外に移し
琉金と出目金も朱文金とは別にして
メス朱文金たちの成長ぶりを見ながら
来年以降に期待しようと思います。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/16(金) 09:58:02|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

人間フードタイマー

こんばんは
 
キャリコ琉金の稚魚たちが孵化して
ちょうど1週間が経ちました。
毎日、朝と夜にブラインをたっぷりと与えてますので
少しずつですが、成長具合が分かるようになってきました。
 
 
 

 
上から見ると、尾が開きはじめる兆候があります。
まだまだ数ミリ程度のサイズですが
少しだけ金魚らしさが出てきた感じもあります。
 
 
 
 
 

 
横から写真を撮っても、先日よりは確実に
ハッキリと見えるようになりました。
少し成長した証拠ですね。
 
 
 
 
 

 
今月は仕事がとても忙しく、帰宅時間が毎日21時を過ぎ
ひどいときには23時をまわってます。
その時間から稚魚水槽の底に溜まった餌の食べ残しなどを
ストロー&エアホースで作ったミニミニプロホースで吸い取り、換水してます。
この作業を1日でもサボったら稚魚たちは全滅するかもしれないと思いながら
どんなに疲れてても必ずやります。
 
 
 
 
 

 
そして朝は6時に起床して、餌の食べ残しを吸い取り
水をちょろちょろと補充しながらブラインを与えてます。
 
稚魚たちのすべてにブラインがいきわたるように
とにかくたっぷりと与え、しっかりと食べ残しを掃除し
なるべく水がきれいな状態になるように毎日換水します。
 
孵化して昨日までは、日中は餌を与えてませんでしたが
今日から日中も餌を与えるようにしました。
 
 
 

 
日中の餌はこのテトラフィンベビーです。
これを日中のうちに最低1回は与えます。
ですが、便利そうなフードタイマーはわが家にはありませんので
うちの嫁さんにお願いして日中の餌やりをしてもらうことにしました。
嫁さんも仕事はしてますが、お昼過ぎには帰宅するので
帰宅してから1回と、出来れば夕方にも1回与えてもらいます。
 
今日から『人間フードタイマー』として嫁さんに餌やりを任せる以上は
フードタイマー自身の機嫌が悪くなって餌やり機能が低下しないよう
飼い主自身も素行や言動に十分に注意したい思います。
 
では、また・・・。
 
 
  1. 2012/03/15(木) 00:38:29|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵化後4日目の真っ赤な稚魚たち

こんばんは
 
最近は金魚のことばかり書いてますが
やっぱり今日も金魚ネタです・・・。
 
めだかや川魚たちのネタも書きたいのですが
とにかく今は稚魚のお世話でいっぱいいっぱいなので
もうしばらくは金魚の稚魚ネタがつづいていきます・・・。
 
 
 
 
 

 
今日あたりから、稚魚たちの動きが活発になり
ガラス面や底面でじっとしてる稚魚は
ほとんどいなくなりました。
 
 
 
 
 

 

 
かなり上空を飛んでるというか泳ぐ稚魚もいて
餌を求めてウロウロしてるような感じです。
 
 
 
 
 

 

 
1匹1匹がとにかく小さいので
写真を撮るときもなかなかピントが合わず
わが家のカメラではこれが限界です。
 
 
 
 
 

 
マクロレンズというものがあれば
もっと近寄って写せるんでしょうね。
嫁さんに聞こえるように
『マクロレンズ欲しいな~・・・』と言っても
『宝くじが当たったら買えば・・・。』と
お決まりのセリフがかえってきます・・・。
 
 
 
 
 

 
朝と夜の2回ほどブラインを与えてますが
底なしの食欲でお腹を真っ赤に染めながら
ガツガツ食べてます。
あと2~3日したら底面に溜まったブラインの屍骸?や
ゴミをきれいに吸い取って同時に選別する予定です。
 
しっかりと見極めが出来るかどうか
とても怪しい飼い主ですが
ぼちぼちやっていこうと思います。
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/12(月) 00:16:46|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

稚魚のお世話の幕あけ

こんばんは
 
3月5日の月曜日の朝に
わが家のキャリコ琉金が予想よりも一日早く産卵したり
3月8日の朝に予想よりも一日早く孵化がはじまったりして
ことごとく予想がはずれてしまい、この調子だと
先日買った宝くじもあっけなくはずれるだろうなと
思いながら真夜中にパソコンをポチポチやってます・・・。
 
3月10日土曜日の朝、前日の朝から沸かし始めた
ブラインシュリンプを稚魚たちに初めて与えました。
ついに稚魚のお世話の幕あけです。
 
 
 

 
『仕掛け水槽』⇒『卵水槽』⇒『稚魚水槽』と
この一週間で次々と呼び名が変わったこの水槽ですが
孵化した稚魚たちが徐々にヨチヨチ歩きをはじめました。
 
 
 
 
 

 
ぱっと見た目では、50~60匹程度にしかいそうにない
稚魚たちです。いたとしてもせいぜい70~80匹でしょう。
数少ない稚魚たちからどのくらいお気に入りのキャリコ琉金が
出てきてくれるのかとても楽しみです。


 
 
 

 
稚魚水槽の真下でブラインシュリンプを沸かしてます。
左が夜与える用、右が朝与えるようです。
昨年、和金の稚魚たちを育てていた時期は真夏でしたので
ヒーターなどは使わなくても常温で沸かせることができましたが
さすがに今の時期はヒーターなしでは無理なので
余っていた26℃固定のオートヒーターを使って沸かしてます。
 
 
 
 
 

 
わが家ではペットボトルで沸かしたブラインシュリンプを
半分から上の部分に黒いビニールテープを貼った
計量カップにまず移します。
 
 
 
 
 

 
計量カップの下半分にライトを当てて
孵化したブラインシュリンプの幼生を
計量カップの下半分に呼び寄せながら
少し時間をおきます。
その間に空になったペットボトルを洗浄して
翌日分のブラインをセットします。
 
 
 
 
 

 
翌日分をセットし終わった頃には
計量カップの水面に空になった
ブラインの卵の殻が浮いてますので
スポイトを使って出来るだけ吸い取ります。
 
 
 
 
 

 
下半分には孵化した幼生がピコピコしてて
底には孵化しなかったブラインの卵が沈んでます。
この状態からスポイトでピコピコ泳ぐ幼生だけを
スポイトで吸い取り、コーヒー用のろ紙にためます。
 
 
 
 
 

 
ろ紙に吸い取った幼生はこのままで
水道水をちょろちょろ流しながら洗浄したら、
 
 
 
 
 

 
きれいな水を入れた計量カップに再び戻して
この状態からスポイトで吸って稚魚たちに与えてます。
今回は稚魚の数が少ないので、余った幼生は
屋外のメダカたちにおすそ分けしてます。
メダカたちは狂ったようにパクついてました。
 
 
 
 
 

 
まだぎこちない動きの稚魚たちですが
稚魚なりに興奮して食べてるように見えます。
こうやってあっという間に大きくなっていくんでしょうね。
朝、稚魚たちがブラインにパクついてる様子を
ボケ~っと眺めてると仕事に行きたくなくなってしまいます・・・。
 
 
 
 
 

 
夜にも同様にブラインを与えましたが
朝与えたブラインの幼生が10時間以上経った夜に
まだ水槽内でピコピコ動いてましたので
少し驚きました。塩分濃度はほぼゼロなのに。
稚魚たちがもう少し成長したら
きれいに食べられてしまうんでしょうね。
ちなみに、この写真はブラインを与えた時に
ライトを水槽内に照らしたら光に集まってきた
幼生たちです。不思議な生き物ですね。
 
 
ということで、稚魚のお世話の第一段階である
ブライン沸かし、ブライン給餌が始まりました。
次は人生初の『選別』という試練がやってきます。
和金の稚魚はすべてフナ尾でしたので
選別も何もありませんでしたが、今回は違います。
心を鬼にして『選別』に挑みたいと思ってます。
 
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/11(日) 02:23:52|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

孵ってました・・・

こんばんは
 
わが家のキャリコ琉金が産卵して今日で4日目です。
金魚の卵は水温20℃でだいたい5~6日ぐらいで孵化するようなので
早くても9日の金曜日ぐらいかな~と予想してましたが
今日、仕事から帰ってさっそく卵水槽をのぞいてみると、
 
 
 
 
 

 
特に変化はなさそうだな~と思いながら・・・ン?
 
 
 
 
 

 
ン?なんか細いものがいっぱいあちこちに・・・。
もしかしてこれは・・・・・!
 
 
 
 
 

 
『あ、孵ってる・・・・・。』
 
 
 
 
 

 

 

 
水槽全体を見るとあちこちに稚魚たちが横たわってます。
(小さすぎてボケボケ写真になってしまいます・・・。)
 
産卵から4日目にして孵化が始まっていました。
あまり早く孵化するのは良くないとネットや本などには
書いてありましたが、4日目というのはどうなんでしょうか?
微妙な日数ですが、とりあえずよしとしようかなと思います。
 
 
 
 
 

 
あっ!フィルターに1匹吸い込まれてる・・・と思いましたが
このフィルターのエアー量は最小限にしてますし
中まで吸い込まないようにギュウギュウにろ過材を
フィルター内に詰め込んでますので
おそらく大丈夫だろうと思います。
たぶんこれは孵化直後にふらふら~と泳いで
気がついたらフィルターに張り付いてたっていう
感じではないかなと都合よく考えてます・・・。
 
 
 
 
 

 
ガラス面にも張り付いてました・・・。
 
とにかく、ついに孵化が始まりました。
同時にそれは、稚魚の飼育がスタートしたということですが
まずは、明日の朝からブライン沸かしを始め
明日の夜も時間差で沸かそうと考えてます。
 
ただちょっと不安なのは、日中に餌を与えられない事です。
誰も家にいないのと、例え嫁さんにお願いしたとしても
ブラインを濾してスポイトで与えてくれるわけないですし
まだ娘たちにも無理でしょうし・・・・・。
 
昨年の夏、屋外で飼育している和金が産卵し
孵化した稚魚を育てた時も朝と夜の2回ほど
ブラインを沸かして毎朝、毎晩与えていました。
日中は、今と同様まったく餌は与えてませんでしたが
しっかり成長してすでに立派な和金と言えるほどになってます。
 
琉金の稚魚も同様の与え方で通用するのか少し不安ですが
出来る限りの事はしようと考えてます。
稚魚用フードの『テトラフィン ベビー』や
『アルテミア』という名前の殻無ブラインなども
用意してますので、場合によってはそれを嫁さんに
与えてもらうことも考えてます。
 
昨年は和金の稚魚でしたので100%『フナ尾』でした。
『金魚の三つ尾の稚魚』というのをまだこの目で見たことがないので
うまく育てる事が出来れば『三つ尾の稚魚』がついに見れます。
その日を想像しながらがんばって育てようと思います。
 
ということで、明日から遅寝早起きの毎日が始まりますので
更新がサボりぎみになってしまうと思いますが
写真だけはしっかり撮って休日にまとめて紹介しようと思います。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/08(木) 23:28:39|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

産卵から3日目

こんばんは
 
一昨日の朝にキャリコ琉金が産卵して
今日で3日目です。
昨日ぐらいから卵が入っている水槽の水が
少し臭ってきましたので
今日は朝から卵水槽を含めて5本の水槽の
換水をしました。
 
 
 
 
 

 

 
産卵後は水量を約半分まで減らし
1.5リットルのペットボトルフィルターから
ミニペットボトルフィルターに変更しました。
 
今はまだ卵の状態なので吸い込むことはありませんが
稚魚が孵化して泳ぎだした時に吸い込まないように
しっかり目を光らせて水流を調整する必要がありますが
このミニペットであれば大丈夫かなと思ってます。
 
 
 
 
 

 

 
今日はこの水槽の卵の中で白くなってしまった
無精卵を1つ1つ取り出しました。
有精卵と見間違わないように
慎重にライトを当てながらピンセットや
スポイトを使って取り出しました。
この作業に予想以上に神経を使ってしまい
かなり疲れてしまいました・・・。
 
無精卵の数がかなり目立ってまして
もしかして有精卵は1個もなかったりしてと
思いながらびっしり張り付いている卵を取ってたら、
 
 
 
 
 

 
すでに目や体の線が見えるものなど
思っていた以上に有精卵が確認できました。
水温は20℃一定にしてますので
孵化するとしたら今週末ぐらいかなと見てます。
ブライン沸かしの準備もバッチリです。
 
金魚の卵の数は見た目よりも実際は多いという
ことをネットなどで見たことがありますが
今回の産卵もそうであってほしいなと思ってます。
 
卵を見つけた時はかなりの数が潰されてましたので
発見がもっと早ければもう少し多く残ったのではと思ってます。
次回から金魚たちを仕掛けたら、とにかく目を光らせ
いつも以上に早起きをして産卵の瞬間に立ちあうぐらいの
気持ちでいきたいと考えてます。
 
とは言っても難しいでしょうね・・・。
 
 
 
 
 

 
さあ、この東錦たちの出番がだんだん近づいてきました。
今、わが家のさかなたちの中で一番気を使ってお世話してます。
 
 
 
 
 

先日作ったペットボトルフィルター(500ml)は
少しこの容器には大きすぎましたので
ここにもミニペットボトルフィルターを入れました。
なので、フンを見つけたらすぐにスポイトで吸い取ったり
水面の泡が消えにくくなったら換水したりして
常に目を光らせてます。
 
 
 
 
 
 

 
最近は水温も14~15℃もありますので
活性が上がり餌もよく食べます。
来月に入ったら大潮を狙って仕掛けますが
それが終わったらちゃんとした
底面ろ過の水槽を立ち上げて飼育するか
トロ船かジャンボタライで屋外飼育させようと思ってます。
 
今回、キャリコ琉金が産卵してくれたおかげで
もうすっかり東錦の産卵がうまくいくような気になってますが
まだまだ金魚に関しては無知な部分がたくさんありますので
いろんな方のブログを参考にしたり、本を読んだりして
東錦の繁殖がうまくいくようにしたいと思います。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/07(水) 18:47:51|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

キャリコ琉金の産卵

こんばんは
 
天気予報では、今週は少し気温は上がりますが
ずっと雨みたいなので憂鬱な月曜の朝だなあと
思いながら今朝は目が覚めました。
 
朝食を食べ、ひげそり、歯みがき、服の着替えと
いつもの平凡な朝でしたが
ふと、玄関に置いているキャリコ琉金たちの
仕掛け水槽をのぞいた瞬間から
平凡な朝は一変してドタバタの朝となりました。
 
 
 
 
 

 
『よしよし、仲良くやってるな!』と思いながら
じっと見ていたら、
 
 
 
 
 

 
『あっ、産んでる・・・・・。』
 
 
 
 
 

 
よく見ると、水槽の底面全体に卵が散らかってました。
『うぉ~、ついにやりやがった!』と一瞬喜びましたが
『待て、とりあえず冷静になろう、冷静に・・・』と
自分を言い聞かせ、群がってくる娘たちを追い払った後
金魚たちをそれぞれ元の水槽に戻しました。
 
卵をとって別の容器に移そうかなとも考えましたが
前回同様、出勤時間直前での卵の発見だったため
卵はこのままさわらずに帰宅してから考えようと決め
とりあえずルンルン気分で家を出ました。
 
 
 
 
 
 
 

 
帰宅してからはとりあえず換水し、あらためて卵の状態を確認しました。
今朝は仕掛け水槽の中でかなり激しいバトルがあったと思われます。
産卵床として入れておいた園芸用の網のひもが
ほぼまっすぐに上に向かって浮いていたのですが
本物の水草に見えてしまうほどぐっちゃぐちゃです。
 
水槽内の卵をよく見ると、あきらかに押しつぶされたような
卵がいくつもあり、初産とはいえ卵の数がかなり少ないようです。
産卵床にもいくつかは付着してますが、数える程度のものなので
順調に孵化したとしてもたくさんは無理かなという感じです。
 
しかし、今日は少々驚きました。
先週の土曜日にキャリコたちを仕掛け
明日の火曜日から大潮となるため
早くても火曜の朝だろうと思ってましたが
まさか月曜に産むとはまったく予想してませんでした。
 
でもこれで、ある程度産卵のタイミングがつかめたかなと思います。
次は、大潮の期間中の自分が休みの日に狙いを定め
その2日前に仕掛けるといいかもしれないと考えてます。
 
今回のキャリコたちの卵が有精卵であれば
稚魚が孵化した後、しっかりブラインを与えて
元気なキャリコに育てようとは思ってますが
あくまで大本命は『東錦』です。
今月はこの卵の孵化から稚魚の飼育に重点を置きますが
来月の東錦たちの仕掛けのための予行練習だと思ってます。
 
これから、いろいろと忙しくなりそうです。
望んではいたことですが、3月なので仕事も非常に忙しいため
思うように世話ができるかなあという不安もあります。
やっぱり4月に仕掛ければよかったかなあ~と少し思いながら
孵化する稚魚たちを一日でも早くみたい飼い主でした。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/05(月) 23:34:12|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

和金とだるまと仕掛け

こんばんは
 
今日はいい天気で春を感じる陽気でした。
そういう日はわが家のせま~い庭にある
めだかや和金たちの容器の観察が気持ちよく
しばらくボケ~っと見入ってしまいます。
 
今日はペットボトルでフィルターを作った後
屋外のさかなたちを少しだけ観察しました。
 
 
 
 
 

 
まずは和金が6匹いるタライです。
気温とともに和金たちの活性も上がり
少し餌を与えると人の気配に警戒しながらも
パクパクと餌を食べてました。
 
 
 
 
 

この容器も真冬には水面が完全に凍りましたが
和金たちは見事に越冬してくれました。
体格もしっかりしてますので特に問題はなさそうです。
とにかく和金というのは強い金魚です。
 
 
 
 
 

 
これは楊貴妃めだかたちがいる容器です。
陽があたるようになってきましたので
めだかたちの活性も徐々に上がってきました。
 
 
 
 
 

 
まだ人の気配を感じるとすぐに姿を隠しますが
石のようにしゃがんでじっとして見ていると
そろ~と水面に上がってきます。
かなり元気そうでしたので
今日はめだかたちにも餌を与えました。
 
 
 
 
 

 

 
かなり警戒心が強い楊貴妃めだかたちですが
この写真の楊貴妃めだかだけは
すぐ近くで一生懸命餌を食べてました。
体型は『楊貴妃だるまめだか』そのものです。
昨年孵化してから成長していくにつれて
だるま体型が何匹かいるなあとは思ってましたが
特に室内飼育はせず屋外飼育のままにしてましたが
しっかり越冬できたようです。
 
 
 
 
 

 
夕方に、90センチ水槽にいたキャリコ琉金と
リビングのキャリコ琉金2匹の計3匹を
ペットボトルフィルターを入れた水槽に合流させました。
もちろん産卵狙いの仕掛けです。
 
 
 
 
 
 

 

 
よく考えたら、90水槽のキャリコはわが家に来て1年半で
リビングのキャリコたちはわが家に来て1年弱ですが
この3匹が同じ水槽で泳ぐのは初めてになります。
初対面にしては、すぐに3匹仲良く寄り添って泳いでます。
 
 
 
 
 

 
さあ、来週の火曜日から大潮となってますが
狙い通りいくでしょうか?
来週の水曜日が会社が休みなので
水曜の朝に産卵してくれると助かるのですが・・。
 
って言うか
産卵する前提でこの水槽を立ち上げましたので
産卵せずにまた空振りだったら悲しいですね・・・。
 
では、また。
 
 
  1. 2012/03/03(土) 23:16:46|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ペットボトルフィルター

こんにちは
 
少し更新をごぶさたしてました。
今日はようやく休みとなりましたので
色々とやりたかったことをやってます。
天気もよく、気温も上がり春らしい陽気です。
 
先日、リビングのキャリコ琉金たちが
産卵するかなと見せかけて
結局しませんでしたが
来週、また大潮がやってきますので
今回はその大潮に狙いをさだめ
別の水槽で産卵させてみようと思い立ち
その別水槽を立ち上げる準備を開始しました。
 
ちなみに、東錦たちは4月以降で産卵を狙います。
 
金魚の繁殖をするにあたり
必要となるものはたくさんありますが
まずはスポンジフィルターをGETしようと思い
ネットで色々検索していると、そのうちに
『作ってみようかな・・・』といつもの癖が・・。
ということで、なんだかんだと考えながら
本日ついに自作フィルターが完成しました。
 
題して
『投げ込み式ペットボトルフィルター』です。
 
では、参考までに作り方のご紹介です。
 

 
これは、1.5リットルのペットボトルです。
これを使ってフィルターを作ります。
 
 
 
 
 

 
まず、カッターで2分割に切りました。
実際に使用しながらフィルター内のろ材を
掃除したり交換したりするために
脱着できるようにします。
 
 
 
 
 

 

 
2分割に分けた下の方に
ハンダゴテで適当に穴をあけます。
1個だけ大きめの穴をあけプラジョイントを固定し
ストローを切ったものをつなげてL字部分を上に向けます。
 
 
 
 
 

 
わが家にあった底面フィルター用のパイプにも
適当に穴をあけます。
穴があけられるパイプであれば何でもいいと思います。
パイプの径はペットボトルの口に入る大きさがいいです。
 
 
 
 
 

 
容器の底に砂利を入れます。
これはろ過というよりはおもりの役目です。
市販の投げ込みフィルターにも入ってますね。
 
 
 
 
 

 
ペットボトルの口には
100均に売ってるペットボトルに付けて使う
水さし用のノズルを付けました。
元々穴が開いてますが
少し穴を大きくします。
 
 
 
 
 

 
穴をあけたパイプをペットボトルの口に固定し
容器の中にろ材を入れられるだけ入れて
穴あきパイプをストローの位置に合わせながら
上下を合体させたら完成です。
 
 
 
 

 
60X30X36サイズの水槽に入れてみました。
もう少しペットボトルの高さを低くしてもいいぐらいです。
中央には100均で買った園芸用の網状のビニールひもを
産卵床として入れてみました。
 
 
 
 
 

 
正直言って『ボコボコボコボコ・・・・・』という音が
かなり大きくてうるさいです・・・。
容器が大きいのでエアストーンは使わず
直接エアーが上がるようなつくりにしましたが
なにか考えないと嫁に文句を言われそうです・・・。
 
 
 
 
 

 
ちなみに、東錦のメス水槽にも
500ミリリットルのペットボトルでつくった
フィルターを昨晩に入れてみました。
元々入れていたフィルターがあまり機能せず
すぐに水が白っぽくにごってしまうので。
 
 
 
 
 

 
こっちは底面フィルターのL字を使い
底面フィルターとかわらない感じで
ろ過された水が水面に落ちるようにしました。
この状態から一晩経過すると、
 
 
 
 
 

 
今日の朝の状態です。
元々入れていたフィルターは撤去し
ペットボトルだけにしました。
ほんの少~しだけ水がキレイになった気がしますが
気持ちの問題かな・・・。
 
 
 
 
 

 
ペットボトルの穴を見ると
少し汚れてるのが分かります。
とりあえずろ過はしてるみたいです。
 
ということで、くだらない工作シリーズ第?弾か
忘れましたが、またやってしまいました・・・。
ご紹介するほどのものではありませんが
ネタがない時にまたきっとやってしまうでしょう・・・。
 
さあ、琉金たちを移して来週の大潮を待ちたいと思います。
 
では、また。
 
  1. 2012/03/03(土) 13:59:48|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦一本飼育です。

気が向けば小規模ながら仔引きにも挑戦。

かなり不定期更新のブログです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (357)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる