coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

川魚水槽を上から目線で

こんばんは
 
今日は仕事が休みでしたので
久しぶりに家族4人でドライブに出かけました。
先日、下の娘と2人きりで川へ石拾いに行った事を
お姉ちゃんがず~っと根に持ってましたので
今日はみんなで川へ遊びに行こうということになりました。
ある1人は全く乗り気ではありませんでしたが・・・。嫁です・・。
 
石拾いに関しては、娘たちに任せて
自分はもちろん魚狙いで行きました。
ですが、最近のこの寒さのせいか
まったくと言っていいほど魚たちの姿はなく
今年のGET目標であるシマドジョウやイシドジョウにも
かすりもせずに今日のガサは幕を閉じました。
いつも行ってる川へ行けばカワムツやオイカワには
出会えたでしょうけど、現在飼育していない種類が
今日の狙いで、初めて行く川ばかりでしたので
いいポイントも分からずに時間だけが過ぎ
疲れだけが残ってしまった休日でした・・・。
 
ということで、
今日は残念だったなあと思いながら
わが家のリビングの川魚水槽を眺めてたら
ふと、『上から写真を撮ってみよう』と思い立ち
いつもと違う角度からカメラを向けられて
少しパニック状態に陥った川魚たちをどうぞ・・・。
 
 
 
 

 
とりあえず正面写真です。
先日少し換水はしましたが
ガラス面が汚れてきてますので
まったく邪魔者たちがいない
平和な平日休みに掃除をしたいと思います。
 
 
 
 
 

 
上からのぞかれて、あわてふためく魚たちです。
 
 
 
 
 
イメージ 3
 
貝たちが一生懸命苔掃除をしてますが
そろそろスポンジの出番のようです。
もう少し石巻貝を増やそうかな・・・。
 
 
 
 
 
イメージ 4
 
ヤマトヌマエビは沈着冷静にウィローモスの上で
ツマツマとやり続けてます。
 
 
 
 
 
イメージ 5
 
わが家の屋外のめだかの容器から植え替えた
水草がきれいな新葉を展開させながら
少しずつ上に向かって伸びてます。
そして、下の方の葉は少しずつ
コケコケになりつつあります・・・。
 
 
 
 
 
イメージ 6
 
左に写ってるのがカワムツです。
カワムツの背びれの色あいは独特で
川へ行ったときも、この背びれの色で
すぐにカワムツだと分かります。
 
 
 
 
 
イメージ 7
 
ピントが合ってる方の魚ですが
一瞬、『グッピーのメス?』と
思ってしまうような色と体型ですが
アブラボテの幼魚のオスです。
上から見るとメタボな魚ですね。
 
 
 
 
 

 
これはオイカワの幼魚です。
きれいな鱗の模様がくっきりと分かります。
先日残念な事に、この水槽で一番成長していたオイカワが
無謀なダイブを決行してしまい、そのまま天へ召されました・・・。
そろそろ本気で水槽の上にかぶせる網の蓋を作成しようと思います。
この写真を撮っていたときも、オイカワたちが一番パニクってましたので
『今はダイブすんじゃね~ぞ・・・』と恐る恐る写真を撮ってました。
 
 
 
 
 

 
最後にヨシノボリです。
10匹のヨシノボリがこの水槽にはいますが
ほとんどがビビッて石の下や水草の陰に隠れてましたが
このヨシノボリだけは堂々とした態度で中央付近にいました。
少し擬似色っぽい体色になってます。
確か、川で採取していたときもこの体色だったと思います。
人間にはバレバレですが・・・。
 
 
ということで、上見の川魚たちでした。
また新たな種類の川魚を採取したいのですが
4月頃まで待った方が良さそうな気がします。
とか言いながら、来月もきっと川へ行くことでしょう・・・。
 
では、また。
スポンサーサイト
  1. 2012/01/29(日) 22:18:30|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

雪と綺麗な川と東錦

こんばんは
 
今日は朝からとても寒い日で
朝外に出てびっくりしました。
それは、
 
 
 
 

 
屋外のめだかの容器の水面が完全に氷ってました。
なるべく自然のままでと思って寒さ対策はしてないので
氷った水面の上に雪が積もってます。
でも、この氷った水面の下でめだかたちは
じっとがまん強く寒さに耐えてます。
春にこのめだかたちの姿を見たときは
『なんという生命力なんだろう・・・』と
毎年感心しています。
がんばれ!めだかたち!!
 
 
 
 
今日は午前中、勤務先の本社に用事があり
朝から車で雪が降る中を2時間ばかり走ってました。
午後の2時ごろに用はすみ、今日の仕事は終わったので
帰り道に国道沿いを流れる川をちらちら眺めながら走ってると
なんとなくガサれそうな場所を発見してしまい
よせばいいのにめちゃくちゃ寒い中車を降りて
川のそばまで近寄ってみました。
 
 
 
 

 
国道のすぐ下を流れてるきれいな川です。
この川は自然のまま残ってる川で
川に沿って国道が作られたと言ってもいいと思います。
 
 
 
 

 
あきらかに何かいそうな匂いがプンプンしますが
パッと見は何も見当たりませんでした。
やはり水が冷たすぎて魚達も泳いでる場合じゃないのかなと思ったら、
 
 
 
 

 
この写真では何も見えませんが
川の中央付近で流れに逆らう向きで
ものすごい魚の大群が停滞していました。
少し離れてて、魚種は確認出来ませんでしたが
群れをつくって停滞する魚と言えば
以前にも、ほかの川でオイカワたちが
ものすごい群れで泳いでましたので
オイカワの可能性が高いと思います。
 
 
 
 

 
苔や草が生えてる岩が川の中にあり
とても雰囲気がある川でした。
こういう人の手が加わってない川が
国道沿いにあるなんて思ってませんでした。
水もきれいだし、石や岩もゴロゴロしてるので
もしかしたらシマドジョウもいるかもしれません。
今、わが家にいるイシドジョウを捕まえた川にも
オイカワたちが群れをなして泳いでましたので。
もう少し暖かくなったら、この川に来てみようと思います。
 
 
 
 
最後に、よ~やく全快になった東錦たちの写真です。
 
 
 
 

 
左が先日通常飼育に戻った東錦たちのメスで
少し青みがかった水槽がオスたちです。
『アグテン』という薬で白点病の治療をして
わずかな期間で完全に回復しました。
 
 
 
 

 
上を泳いでるオスが治ったと思ったとたんに
白点病が再発してしまい、アグテン治療をしました。
すっかり白点は消え、元の状態に回復しました。
とりあえずひと安心です。
 
 
 
 

 
このオスも白点病らしきものにかかり
背びれをたたんだまま水槽の底でまったく動かず
とても心配でしたが、塩浴をつづけた結果
購入したきた時のように背びれがピンッと立ってます。
完全復活したと考えていいと思います。
 
 
 
 

 
『アグテン』は治療が終わっても換水しなくていいと
説明書には書いてましたが
とりあえず今日は1/2ほど換水しました。
水槽のシリコン部分やエアホースは青くなったままですが
明日、もう1回換水したらフィルターを設置しようと思います。
これでやっと、『毎日全換水地獄』から開放されます。
 
 
 
 

 
このメスたちとともに
もう春まで病気が再発しませんように・・・・・。
 
では、また。
  1. 2012/01/24(火) 23:20:17|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

お久しぶりの東錦です

こんばんは
 
今年のお正月明けから続いた
東錦たちの塩浴治療ですが
おとといからメスたちの水槽だけ
通常の飼育の戻しました。
もう少しで治りかけていたオスの方は
再び白点が発生してしまいましたので
アグテンという薬を使ってまだ治療が続いてます。
 
今回、アグテンという薬を初めて使用しましたが
たったの3日間で、10数個見られた白点が
今日の夜の時点でわずか2,3個まで減っていて
完治まであとわずかの状態になってます。
10日とちょっとの間、塩浴だけできましたが
こんなに効くんだったらもっと早く使っとくべきだったなあと
少し後悔してしまうほどの効果です。
 
オスたちの様子はまた後日紹介するとして
今日は、塩浴から開放され
元気いっぱいのメスたちをご紹介します。
 
 
 
 

 
東錦のメスたちは、治療前~治療中の間は
自分たちが病気にかかってるという
自覚が全く感じられることなく元気そのものでした。
 
 
 
 

 

 
この特大プラケでは、少々狭いかなあと思うぐらい
2匹のメスたちは元気いっぱい泳ぎまわってます。
ただ、今週は雪の予報が出てます・・・。
また水温が下がってしまい、元気をなくして
病気が再発しなければいいなあと願うばかりです。
 
 
 
 

 
少し暗い写真ですが
左が東錦のメス水槽で
真ん中の小さな容器が
5匹のエビが入っているミニアクアです。
そして、黒いボードで隠れてる水槽が
現在治療中となっているオス水槽です。
 
 
 
 

 
なんとか踏ん張って、この厳しい冬と治療を乗り切り
繁殖が期待される春までに元気を取り戻して
思う存分メスを追いかけまわしてほしいと思います。
 
本当にあと少しの辛抱です・・・。
 
では、また。
  1. 2012/01/22(日) 22:51:22|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

今日は河川を散策

こんばんは
 
毎日寒い日が続いてましたが
今日は少し気温が上がり
日中、車で走ってて暖房を入れなくても
暑いぐらいでした。
夕方、わが家の玄関の水槽の水温を見ても
14℃もあり、塩浴中の東錦たちも
元気そうに泳いでました。
 
が、その東錦のメス2匹はほぼ完治しましたが
オスの1匹の体に再び白い点がポツポツと発生・・・。
毎日毎日換水を続けて来たにもかかわらず
どうして今さら・・・・・。
 
ということで、メスの水槽は塩浴を終了し
オスたちの水槽ではついに
塩浴に加え、薬浴(アグテン)を開始しました。
もうしばらくオスたちの治療が続きます・・・ハア~・・・。
 
では、気を取り直して、
本日のタイトル『河川の散策』ですが
今日は仕事が休みで天気も良かったので
下の娘(5歳)を連れて
田舎の河川を上流に向かってたどりながら
ドライブしました。
 
もともとは川へ行く予定で家を出発したわけではなく
単純にドライブに行こうということで出発しましたが
ハンドルが勝手に川へ川へと導くので
仕方な~く川の横を走っている県道を
ひたすらドライブしました。
 
川へ行くのに手ぶらで行くわけにもいかず
走ってる途中に100均屋さんを発見し
水槽用のすくい網(大)とバケツ1個を購入し
娘には『これで綺麗な石を拾って帰ろう』と言い聞かせ
もうほとんどガサ気分で川へと向かいました。
 
 
 
 

 
わが家には、昨年の9月末に偶然捕まえた
シマドジョウの仲間で『イシドジョウ』という
キレイで小さなドジョウがいます。
淡水魚の本を読むと、このイシドジョウは
上流に生息していて、石などの下に隠れてるので
なかなか姿を見ることがなく発見が難しいそうです。
自分が住む山口県やとなりの広島県などには
このイシドジョウや『ヤマトシマドジョウ』という
シマドジョウも生息してるそうなので
今年はこのドジョウたちに的を絞り
県内の河川を隅々まで散策していこうと思ってます。
 
 
 
 

 
まず、ある河の上流近くの流れが穏やかな小さな川に来ました。
いかにも『何かいそう・・・』という雰囲気があり
5歳の娘が一緒にいながら、親の方がかなりワクワクして
川の中をじ~と見ながら魚影を探しました。
 
 
 
 

 
ですが、シマドジョウがいるような感じはなく
カワムツらしき群れが人影に反応して
ビュンビュンとものすごい速さで移動してるだけでした。
 
 
 
 

 
上流となると、どうしても川をつたって
山道を上がって行くような場所ばかりで
5歳の娘を連れて行けるような所ではなく
今日はシマドジョウがいそうなポイントを
確認するだけにしました。
帰り道に簡単に川のそばへ下りれる場所があり
石もゴロゴロ転がってましたので
娘と一緒に石を集めました。
 
 
 
 

 

 
すると、その川の中に何かの幼魚の群れを見つけ
とりあえず携帯で写真を撮ってみました。
おそらくオイカワかカワムツの幼魚だと思います。
かなりの数がいましたので、その様子を見てると
ついつい・・・、
 
 
 
 

 
100均で購入しておいたすくい網で
幼魚たちをすくってしまいました・・・。
どうしても体が勝手な行動を起してしまいます・・・。
 
 
 
 

 
バケツに移してあらためて確認しましたが
やはり自分には魚種の特定は出来ません・・・。
オイカワかカワムツは間違いないと思いますが。
もちろん、この後はリリースして帰りました。
 
 
 
 
昨年末以来、約1ヶ月ぶりの川遊びでしたが
天気のいい日に川で遊ぶのはとても気分が良くて
これでまたずいぶんとリフレッシュ出来ました。
家に帰ったらまた東錦たちの治療が待ってますが
またいずれストレス解消に川へくりだそうと思います。
 
 
 
まだ見ぬ『イシドジョウ』の仲間
あるいは『ヤマトシマドジョウ』を
GETするその日まで・・・。
 
 
あ、最後に、今日のガサの成果です。
 
 
 
 
 

 
河原の石がいっぱい・・・でした。
 
 
では、また。
  1. 2012/01/20(金) 23:15:26|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

魚と貝とエビと・・・

こんばんは
最近、仕事から帰宅した後
東錦たちの2個の水槽の全換水から
水槽の丸洗い、新水補充、水温合わせをした後
適量の塩を溶かすという毎日を過ごしてまして
金魚の治療は本当に根気が必要だなあと実感してます。
ですが、その苦労の甲斐もあり4匹の東錦たちは
すっかり元気を取り戻し、水槽内をとても元気に
泳ぎ回るようになりました。
もう少し様子を見て、問題なさそうであれば
塩浴は終了しようと考えてます。
ストックしていた塩もそろそろ無くなってきましたし・・・。
 
ということで、東錦たち以外のさかなたちの様子を
最近じっくりと観察できてませんでしたので
今日はリビングの川魚水槽の脇役たち中心にご紹介します。
 
 
 
 

 
昨年の9月末にこの水槽を立ち上げてから
そろそろ4か月が経とうとしています。
昨年末のガサで飼育数も少し増えましたので
少しガラス面の汚れが目立ってきました。
次の休日には換水と掃除をしようと思います。
 
 
 
 

 
この水槽の生き物たちはほとんど採取してきたものばかりですが
この写真の貝(カワニナ?)もそうです。
地道に苔掃除をしながら、ひそかに数も増えつつあります。
数は増えても、スネールのような増え方はしないし
水槽内の石やガラス面に発生した苔を掃除してくれますので
けっこう重宝しています。
 
 
 
 

 
ちょこっと見えてるこの石巻貝は
近くのショップで購入したものですが
石巻貝もガラス面などの苔を
地道に掃除してくれますので
とても助かってます。
 
 
 
 

 

 
この写真のエビたちは川で採取してきたものです。
ヌマエビなのかスジエビなのか分かりませんが
常に水草などに生えた苔などをツマツマやってますので
ヌマエビなのかなあと思ってますがどうでしょうか?
 
 
 
 

 
これは近くのショップで購入した
ヤマトヌマエビです。
10匹購入して以来、まだ1匹もおちずに
みんな元気に水槽内のあちこちでツマツマやってます。
最近は脱皮した抜け殻も増えてきてますので
いずれ抱卵してる姿が見れるかもしれませんね。
 
 
 
 

 
この水槽に植えてる水草はわが家の屋外で飼育してる
めだかのタライから植え替えたものです。
アナカリスはかなりコケコケになってますが
エビたちにとってはイイ溜まり場になってます。
 
 
 
 

 
キレイな緑色の葉を展開させながら
グングン上に向かって成長しています。
水草活力素『メネデール』というものを
定期的に添加していますので
その効果もあるのかなあと思ってます。
 
 
 
 
それでは、主役の魚達も少し、
 
 
 
 

 

 

 
オイカワ、カワムツ、アブラボテたちは
微妙な距離を保ちながら水槽内を泳いでます。
みんなまだまだ幼魚なので60センチ水槽でも
なんとかなってますが、成長していくにつれて
この水槽でもせまくなってしまうでしょうね。
水槽のサイズアップはぼちぼち考えていきます・・・。
 
 
 
 

 

 
ヨシノボリたちも微妙な距離を保ちながら
時々ナワバリ争いをしてるように見えますが
思ってたほど激しいケンカはないみたいです。
目の前で見てるかぎりでは、ですが・・・。
 
 
 
 

 
こんなにたくさんの川魚を飼ってても
まだまだいろんな種類の川魚を採取しに
行きたいなあと常に考えてます。
やっぱり川魚の飼育は楽しいです。
 
 
 
 
最後に、
 
 
 
 

 
今年のお正月に立ち上げたミニアクアです。
5匹のエビたちも今のところ元気そうです。
 
 
 
 

 
今日は立ち上げ以来初めて少し換水しました。
エビ5匹だけなのであまり汚れることはありませんが
エビといえばキレイな水を好むということなので
こまめに換水していって少しでも長持ちさせたいと思ってます。
 
 
 
 
ということで、
川で採取した生き物たちなので
お金はほとんどかかってませんが
とても元気な川魚たちでした。
 
では、また。
  1. 2012/01/18(水) 23:11:25|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ただいま闘病中・・・

こんばんは
少し久しぶりの更新です。
 
10日ほど前から、わが家の東錦たちの元気がなくなり
 
背びれを折りたたみ全く動かずボ~っとしてましたので
 
よ~く見てみると1匹のオスの尾ひれに白い綿のようなものが出来てたり
 
もう1匹のオスには白い点がいくつか出来てたり
 
メスたちは元気はありますが、やはり尾ひれに白い点や白い出来物があったりと
 
白点病あるいは白雲病、はたまた水カビ病とも思える状態でした。
 
『これはマズイ・・・』と、さっそくオス、メスとも別の容器に移し
 
水槽内のフィルターを撤去して、水槽を2個とも丸洗いして
 
新水を入れ温水を混ぜて水温を調整し、0.3%の塩浴を開始しました。
 
毎日全換水しながら3日目ぐらいから0,5%濃度に上げ
 
今日に至ります。
 
今日になってようやく回復の兆しが見えはじめ
 
オスたちは尾ひれの白い出来物や白い点はほぼ無くなり
 
背びれをピンッと立てて元気に泳いでますし
 
メスたちの尾ひれもほとんど正常な状態に戻りつつあります。
 
途中、薬を入れることも考えましたが、何の病気かもはっきり分からないし
 
むやみに薬を入れても的外れな薬ではかえって調子が悪くなってもいけないので
 
とにかくひたすら毎日換水して塩浴をつづけました。
 
今日もさきほど換水を終え、現在まったりしながらパソコンに向かってます。
 
今年は東錦たちの繁殖にかなり期待しているので
 
こんなところで弱らせるわけにはいきません。
 
春に屋外のトロ船の中で元気に追いかけっこをする姿を
 
想像しながら東錦たちの看病を続けていこうと思います。
 
今日は文章だけの記事になってしまいましたが
 
東錦たちが全快になったら、また写真をたくさん撮って
 
元気な姿をお見せしたいと思います。
 
 
では、また。
  1. 2012/01/16(月) 22:17:10|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

金魚と川魚の様子をじっくりと・・・

こんばんは
毎日とても寒い日がつづき
冬真っ只中といった感じですね。
無加温水槽のさかなたちも
じっと寒さに耐えてる気がします。
 
今日はそんな室内水槽のさかなたちの
様子をご紹介したいと思います。
 
 
 
 

 
まず玄関にある90センチ水槽の金魚たちですが
ここはヒーターを設置してまして
夜8時ごろで水温が約17℃でした。
そのおかげでここの金魚たちは元気いっぱいです。
 
 
 
 
 

 
最近この水槽の水の色が少し黄色がかってましたので
今日は久しぶりに1/3ほど(約30リットル)換水しました。
今の時期は水温合わせがに時間がかかり
外に汲み置きしている水と温水を混ぜながら
水槽の水温に近づけていくのですが
なかなか素早くできないです・・・。
無加温水槽の方が水温は合わせやすいような気がします。
 
 
 
 
 

 
かわって東錦のオスたちです。
ここは完全に無加温なので水温は約10℃でした。
水温が低いせいもあり、動きがとても鈍いです。
 
 
 
 
 

 
同じ水温10度の東錦のメスたちは
オスたちと違ってとても元気です。
人の姿を見ると前面の寄ってきてエサをねだります。
たくさんエサを与えたくなりますが
そこはグッとこらえてほんの少しだけの
赤虫を一日一回だけ与えてます。
 
 
 
 
 

 
かわって玄関の川魚たちです。
ここも無加温なので水温は約10℃です。
オイカワ、カワムツ、アブラボテたちは
身を寄せ合うようにして一か所に集まってます。
(ドジョウはたまたまそこにいただけです・・・。)
 
 
 
 
 

 
この水槽で唯一のオイカワです。
わが家にやってきて2年が過ぎました。
今のところ病気もなくとても元気です。
 
 
 
 
 

 
わが家の来て約半年のカワムツです。
3匹いますがそのうちの一匹の口の周りに
追星らしき点々が見えました。
こんな寒い季節なのに繁殖時期なのでしょうか?
カワムツたちも水槽からダイブする以外は
☆になることなく、とても元気です。
 
 
 
 
 

 
わが家に来て約一週間のアブラボテの幼魚です。
周りのさかなたちはみんな大きいので
このアブラボテが特別小さく見えます。
それでも赤虫を与えた時はなりふりかまわず食いに徹してます。
元気に育ってほしいと思います。
 
 
 
 
 

 
このヨシノボリもわが家に来て半年が過ぎました。
最近は水温の低さの影響なのか
流木の下に潜り込んだままじっとしてます。
 
 
 
 
 

 
まるで上半身がヨシノボリで下半身がドジョウのように見えますが
ヨシノボリとドジョウが仲良く流木の下に潜ってるところです。
この水槽は、潜り系のさかなたちが多いので
大磯砂利の下の赤玉土がかなり掘り返されて
低床の表面に赤玉土が散乱してます・・・。
 
 
 
 
 

 
このヌマチチブも最近の水温の低下で
とてもおとなしく精悍を保ってます。
ヌマチチブも流木の下に潜るのが好きみたいですが
ヨシノボリとドジョウたちの間で
イスとりゲームのように潜れる場所を取り合ってるようです。
今日は潜れる場所がなく中央付近でたたずんでました。
またそのうち、川に行って石や流木を拾ってきて
潜りたいだけ潜らせてやろうと思います。
 
 
 
 
 

 
先日立ち上げたばかりのミニアクアです。
スジエビ5匹は元気にしてるか確認してると、
 
 
 
 
 

 
死んでる・・・と思ったら脱皮した抜け殻でした。
しっかり5匹とも健在でした。
 
 
 
 
 

 
かわってリビングにいる金魚たちです。
この水槽はリセットして2カ月が過ぎました。
最近、茶ゴケにかわり緑コケがガラス面に発生してます。
そろそろ水が落ち着いてきたのかなと思ってます。
今まで以上に水がピカピカになってる気がします。
 
リビングは家族がいるときは暖房を入れ
夜中や日中の誰もいないときは暖房を切るので
部屋の温度差が大きく水温も5℃ぐらい変動するので
金魚たちの体調を考えてヒーターを20℃設定にして
水温を一定に保つようにしてます。
この調子だと来春の繁殖は無理でしょうね。
 
 
 
 
 

 
最後にリビングの川魚たちです。
年末のガサで一気に数が増えとてもにぎやかな水槽になりました。
 
 
 
 
 

 
オイカワの幼魚もわが家に来て3か月が過ぎ
かなり成長してきました。
銀色に光ってとてもシブいです。
 
 
 
 
 

 
ムギツクの幼魚もオイカワたちに負けず劣らず
順調に成長しています。
エサを与える時以外は水槽の端に置いている
アロマ用の容器の中に潜んでます。
この仲間もまた採取したいなと思ってます。
 
 
 
 
 

 
年末ガサで採取したカワムツです。
幼魚の状態ではオイカワによく似てます。
このカワムツも成長が早いので
あっという間に大きくなると思います。
 
 
 
 
 

 
年末ガサで採取したアブラボテの幼魚です。
体調はまだ2,3センチしかないので
とても可愛らしく見えます。
 
 
 
 
 

 
普段はなかなか姿を見せず、砂利の中に潜ってるイシドジョウです。
次回のガサは、イシドジョウかシマドジョウに的を絞り
このイシドジョウの仲間を増やしたいと思ってます。
玄関の水槽にいるマドジョウと違って体がとても小さいので
水槽飼育にもってこいのドジョウだと思います。
 
 
 
 
 

 
この水槽にいるヤマトや採取した川エビたちが
そろって下向きになって水草につかまり
ツマツマとやってました。
ちょっとめずらしい光景です。
 
 
 
 
 

 
本日最後の写真は
最近、見て見ぬふりをしている髭ゴケです。
エビたちの処理速度が間に合わず
こんなに伸びてしまいました・・・。
そろそろ切り取ったほうがよさそうです。
 
 
 
 
ということで、とても長くなってしまいました・・・。
最後までご覧いただきましてありがとうございました。
 
 
では、また。
  1. 2012/01/05(木) 23:39:41|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ミニアクアにエビ投入

こんばんは
今日はやることがなかったので
お菓子の容器でミニアクアを作成し
水を入れて水草を植えて
ポンプを作動させたところまでを
本日の記事に書きましたが
どうしても我慢できずに
エビたちだけ先に入れてしまいました・・・。
あわせて照明も設置してみましたので
少しだけですが写真をご紹介します。
 
 
 
 

 
照明から光が差し込んで
少し容器の中が明るくなりました。
少し近づいてみると、
 
 
 
 

 
川で採取したスジエビのミニミニサイズを
5匹ほど投入しました。
ミニアクア的にはちょうどいいサイズのエビたちです。
これから毎日仕事から帰ってボケ~と眺める
容器が一つ増えました。
 
 
 
 

 
東錦たちの水槽の間にミニアクア容器を置いて
照明を東錦たちの水槽の上にとりあえず置きました。
今まで東錦たちの水槽に照明を置いてなかったので
こうやって照明を置いてみるとあらためて
東錦たちの綺麗さがよく分かります。
 
明日から仕事ですが、仕事から帰ったあと
しばらくここの前でボケ~っとしてるんでしょうね・・。
そうやって毎日癒されながら一年間がんばります。
 
では、また。
  1. 2012/01/03(火) 21:35:27|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

I'ts a Small AQUA!

明けましておめでとうございます。
2012年第1回目のブログ更新です。
お正月連休はあっという間に過ぎ
もう明日から仕事初めです。
この連休中は年末ガサ納めに行ったりと
あいかわらずお魚三昧でしたが
連休最後の本日、うちの家族はTVに見入っていて
自分は暇で暇でどうしようもないぐらい暇でしたので
新年から無意味な工作をしながら過ごしました。
 
 
 
 
では、2012年一回目の無意味な作品をどうぞ・・・。
 
 
 
 

 
この容器はお菓子が入っていたもので
いつかこれを使って魚かエビを入れて
飼ってみようと思ってとっておきました。
容器に貼ってあったラベルは
うちの嫁さんが持っていた除光液を使い
きれいに剥がすことが出来ました。
 
 
 
 

 
うちの水槽はすべて底面濾過をしてるので
今回も底面濾過で立ち上げます。
容器がとても小さいので
余っていた底面フィルターのプレートを切り
パイプの差込口をホットボンドで固定しました。
 
 
 
 

 
底面フィルターを容器の中に入れると
こんな感じです。
かなり無理がありますがこのままいきます。
 
 
 
 

 
いつも使っている細目の大磯砂利を約1/3程入れて
プラストーンとエアホースをパイプに通してセット終了です。
 
 
 
 

 
水を入れ水草を屋外の容器からとってきて植え
ポンプを作動して完成です。
所要時間は約30分でした。
ちなみに水の容量は約1.5リットルでしたので
今から春ごろまではいいかもしれませんが
夏はさすがに水質がもたないでしょうね。
 
 
 
 

 
『I'ts a Small AQUA』の完成です。
屋外の容器でよちよち泳ぎをしている
めだかの幼魚を数匹入れてみようと思ってます。
苔取り屋さんとして、先日の年末ガサで
捕ってきた川エビの小さいのも入れようと思います。
今日はバクテリアを極少量添加して数日後に
めだかたちを入れる予定です。
 
 
ということで、新年早々からこんなことをして
平和な休日を過ごしてしまいました・・・。
 
では、今年もよろしくおねがいします。
 
  1. 2012/01/03(火) 15:08:16|
  2. 金魚飼育全般
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦を中心に飼育しています。
理想の自家産東錦作出を夢見て
毎年春には仔引きにも挑戦してます。
毎年5月頃にはこのブログで
里親さん募集も行ってます。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (349)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。