coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

孵化からもうすぐ3ヶ月

201808113.jpg

5月17日に孵化してもうすぐ3ヶ月。

給餌は1日1回、毎朝赤虫と粒餌を与えているだけだが

それなりに成長している。

猛暑日や真夏日が続く間は朝だけの給餌とし

気温が落ち着いたら給餌量を増やす予定。











201808112.jpg

次の土日の夏祭りにわが家のジャンボ舟にいる稚魚たちを金魚すくい用として出す予定。

ただ残念なことに、ジャンボで飼育していた稚魚たちの約半数(約20匹)が

一気に☆となってしまった・・・。

原因は水換え時に使用したバケツに付着していたムカデ駆除用の薬。

わが家のとなりには草ぼうぼうの空き地があり、梅雨時期ぐらいから

ムカデの侵入が相次いだため、家の周りにムカデ用の薬を撒いた。

ジャンボ舟の水換え時に使用したバケツを無意識に地面に置いたため

その時にバケツの底に付着した薬に気づかず、バケツを舟につけてしまった。

わずかな量ではあったが、小さな体の稚魚たちは耐えることが出来ず

次々と☆に・・・。

ジャンボ舟には一部の親魚も同居しているが、何とか耐えてくれた。












201708111.jpg

金魚すくい用として飼育していた稚魚たちの数が激減してしまったため

残すかもしれない組の中から最低でも10匹ぐらいは出さないといけない状況に・・・。

秋になったら数を絞る予定でいたが、かなり早まってしまった。



しかし、仔引きをする年は必ず何かやらかしてしまい、自信をなくしてしまう。

今回は明らかな不注意だったので、本当に情けない。

幸い、残すかもしれない組の仔たちには何の被害もなかったため

何とか気持ちを切替えることが出来た。











201808115.jpg

現在、ジャンボ舟とは別の舟で飼育している自家産の3歳4歳魚たち。

以前、ジャンボ舟で発生した鰓病に何とか耐えて残ってくれた。

毎年色んな失敗をしてしまうので、その度に金魚飼育をやめようかなと考えるけど

この魚たちがいるから、何とか東錦の飼育を継続出来ていると言ってもいい。












201808116.jpg

一昨年の仔引きの時も、成長が遅かったり、しょ~もないミスをしたりと色々あったけど

きれいな浅葱色の仔が残ってくれた。


今年はさらに期待薄な仔たちばかりだけど

もうちょっと粘れば1匹ぐらい、いい仔が残せるかもしれないと思いながら

今年のシーズン終了までのあと約3ヶ月、

あきらめずに頑張ろう。



では、また。




スポンサーサイト
  1. 2017/08/13(日) 18:39:48|
  2. 金魚飼育全般

孵化から2ヶ月と2週間

201707301.jpg

いつ梅雨が明けたのかよく分からないけど

とにかく毎日暑く、陽ざしも強いため

さすがのジャンボ舟でも換水をちょっとでもサボれば

とても濃くて苦そうな青汁になってしまう。

量が量なので、朝の出勤前にササッと水換え出来ないのがつらい。

今日は少し久しぶりに時間がとれたのでしっかりと水換え。











201707302.jpg

ジャンボ舟の水を抜いたり新水を入れたりする間に

他の舟の水換えをしながらお魚観察。

約2週間前に屋外デビューした仔たち。

孵化から2ヶ月と2週間が経過。

ここでやっぱりお気に召さない仔は脱落。

お盆過ぎまでジャンボ舟で優雅に泳がせて

その後は金魚すくいへ。











201707303.jpg

残しかもしれない黒東候補たち。

もう少しこの組で管理し

最終的に残す普通鱗は2~3匹程度にする予定。











201707304.jpg

この仔は少し変わった色をしているので

もう少しこの組で育てていく予定。











201707305.jpg

この組の中ではサイズも色も順調に育っている仔たち。

綺麗な色だけど、本来自分が残したい色ではない。

もう少し様子見ということで。











201707306.jpg

2週間前から敗者復活でこの組に入った仔たち。

自分が残したい色の仔が出てくればいいなあということで

キセキを信じて飼育中。











201707307.jpg

何とか底が見えるようになったジャンボ舟。

でもあっという間にまた濃い青汁に戻ってしまう。

いくら容器が大きくて水量が多くても

夏の青水化は防ぎようがなく

ひたすら水換えをがんばるしかない。




水道代が怖い・・・。





では、また。



  1. 2017/07/31(月) 00:59:10|
  2. 金魚飼育全般

すべての仔が屋外デビュー

201707153.jpg

5月17日に孵化して約2ヶ月間

狭~い狭~い下駄箱の中で暮らしてきた

今後の成長次第では残すかもしれない組。

室内の明かりの下で成長したせいか

あまりいい色には育っていない。











201707154.jpg

7月15日の今日、ようやく屋外の舟にデビュー。

今後の色の変化が楽しみな仔たちではあるけど

緋色が入った仔が多いので、最終的に手元に残る仔は

ほとんどいないかもしれない。











201707155.jpg

残すかもしれない組より一足先に屋外デビューしていたお気に召さない仔たち。

残すかもしれない組が屋外デビューするため、別の舟に移動。

その移動先は、











201707156.jpg

プラ舟ジャンボ800。

一部の親魚たちと同居することになるので

食べられてしまう可能性もあるけど

なんとかたくましく生き抜いてほしい・・・。

お気に召さない組をジャンボ舟に移動させる時

敗者復活戦を行い、気になる仔を残すことに。











201707151.jpg

めでたく敗者復活戦で勝ち残った

お気に召さなかったけどやっぱり気になる仔たち。

浅葱色が出そうな仔や黒東になりそうな仔。











201707152.jpg

過密飼育で育ててきたのでサイズはかなり小さい。

でも、室内で育ったかもしれない組たちと比べると

明らかにこっちの方がいい色に育っている。

このままいい感じで育てば、立場が逆になるかもしれない。

今日から、かもしれない仔たちと一緒の舟でサイズアップを図る。




ということで

これで今年産まれた仔たちはすべて屋外へ移動完了。

稚魚飼育過程の中で、屋外デビューというのは

ブライン給餌終了と同じぐらいの大きな節目。



これで少しだけ気が楽になった気がする。



さらに、嫁さんの小言も少なくなる気がする。



飼っている猫たちから狙われる心配もなくなる。



でも野良猫にやられないように注意しないと。



今後の屋外飼育は大雨、台風に猛暑に蚊や蜂などなど

大自然を相手に色々と大変になるけど

大変だからおもしろい。

臭いとか音がうるさいとか言う人もいないし。

さあ、頑張ろう!



では、また。




  1. 2017/07/15(土) 22:26:01|
  2. 金魚飼育全般

孵化から2ヶ月の5日前

201707121.jpg

先週、屋外デビューして1週間が経過したお気に召さない組。

たった1週間で体色に明らかな変化あり。











201707122.jpg

201707123.jpg

数が数なので、急激なサイズアップは望めないが

梅雨空の合間に射してくる太陽光をしっかり浴びて

少しだけ金魚らしくなってきた。

特に、普通鱗の仔はしっかり黒々と。

今後の色具合によっては、残すかもしれない組に

移す仔が出るかもしれないし、やっぱり出ないかもしれない。











201707124.jpg

今後の成長次第では残すかもしれない組。

あと1週間ぐらいで梅雨が明けると思うので

この小さい容器でもう少しだけガマン。










201707125.jpg

201707126.jpg

201707127.jpg

それなりにサイズアップして、色も少しは変化してきたが

太陽光をしっかり浴びている屋外組には、やっぱりかなわない。

太陽光の影響力をあらためて実感。



今年は尾びれが残念な仔が多いけど、もう少し成長すれば

そんなに気にならなくなるかもしれないと最近思えてきた。

というか、そうなればいいなあと・・・。




とりあえず、もう少しだけ頑張ってみよう。




では、また。



  1. 2017/07/12(水) 22:05:55|
  2. 金魚飼育全般

孵化から7週間

201707051.jpg

5月17日に孵化して今日でちょうど7週間。

いつものことだが成長速度が遅いため

この写真の『お気に召さない組』を屋外にいち早くデビューさせ

『今後の成長次第では残すかもしれない組』をもう少し室内で管理することに。











201707052.jpg

梅雨明け宣言が出次第、『今後の成長次第では残すかもしれない組』がこの舟に入る予定。

それまで『お気に召さない組』にこの舟の環境を整えてもらう。

『・・・かもしれない組』がこの舟に入ると同時に『・・・召さない組』は別舟に移動し

8月には金魚すくいにてお別れ予定。











201707053.jpg

現在、『・・・かもしれない組』は約30匹ぐらい。

今のところ最後まで残せそうな仔は1匹だけ。

ほとんどまともな尾の仔がいないので

あとは色次第・・・。











201707054.jpg

かなり数を絞ったので今後は少し成長が早まると思うけど

今はまだ、朝晩2回の赤虫のみ。

容器が小さいため、粒餌を与えるとすぐに水が濁ってしまう。

早く広い舟でタイマーを使って日中も食べさせたい。











201707055.jpg

うまく成長してくれるかな・・・。

あとは飼い主次第。




では、また。




  1. 2017/07/06(木) 00:21:55|
  2. 金魚飼育全般
次のページ

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦一本飼育です。

気が向けば小規模ながら仔引きにも挑戦。

かなり不定期更新のブログです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (366)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。