FC2ブログ

coconon's Gold Fish

理想の自家産東錦をめざして・・・

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

決断

本日、今年産まれた仔すべてを流し、今年の仔引きは終了とした。

昨年の仔もそうだったが、尾の形が非常に悪く

まともな四ツ尾の仔が1匹も見当たらず、三ツ尾すら見当たらない。

桜尾とイチョウの葉っぱのような尾の形をした仔ばかり。

今年はお気に入りの親魚たちのみで仕掛けたが

結果的に昨年よりもさらに悪い結果となってしまった。



ということで

しばらく金魚は忘れることにする。

(親魚は飼育継続するけれど・・・)




では、また。



スポンサーサイト
  1. 2018/06/03(日) 23:00:41|
  2. 金魚飼育全般

効率

201805251.jpg

孵化から約20日が経過。

本日、1腹目と2腹目を合流させ、1つの舟で管理することにした。

通常、成長するにつれて舟を分け、過密にならないようにするはずが

今年は逆に1つの舟にまとめてしまった。













201805252.jpg

複数の舟で稚魚を飼育するのは自分にとっては大きな負担で

糞掃除、水換え、給餌をそれぞれ毎日行うため、少しずつ心が折れそうになってくる。

せっかく仔引きするんだから、出来るだけ楽しくやっていきたいので

多少成長に影響するかもしれないけど、今年はあまり無理はせず

1つの舟で気楽にやっていこうと決めた。

ただし選別はお早めに・・・。











201805253.jpg

現在、稚魚たちの飼育水は塩分濃度0.2%にしてブライン給餌をしているので

朝与えたブラインは夜までには一匹残らず食べつくされ、たくさんの糞が散乱している。

夜与えたブラインも朝には完全に食べつくされてるので

今年は食べられなかったブラインの幼生が底に溜まってしまうことはない。

なので、毎日の掃除も楽ちん。

夜孵化したブラインの幼生の半分を朝までゆる~くエアレーションして活かしておいて

朝はササっと与えるだけなので、そんなに早起きする必要もなくなった。













201805254.jpg

2腹分を合流させたので、当然ながら過密状態。

エアチューブと細いアクリルパイプで作ったプロホースで糞を吸取り掃除すると

どうしても数匹の稚魚を吸い取ってしまう。

掃除の時に1匹も吸い取らずに終了したときが、自分にとってはそれが一つの節目であり

その年の稚魚も自分も少し成長した証拠となる。

今年のその日が来るのもあと少し・・・。




ということで

効率よく稚魚飼育をやってるつもりではいるけど

結局、自分が楽な稚魚飼育の方法を模索しているだけなので

理想の東錦なんて誕生するわけないような・・・

今日の記事を書いてるうちに、何かそんな気がしてきた。

やっぱり心を込めて飼育しないと。











201410205.jpg

数年前はもっと心がこもってたような気がする・・・。

効率よくするだけじゃなく、稚魚第一で考える必要もあるかもしれない。




もうちょっと真剣に頑張らないと。




では、また。



  1. 2018/05/26(土) 00:58:59|
  2. 金魚飼育全般

桜尾

201805161.jpg

気づけば孵化から10日が経過。

今のところ、わが家の猫たちから狙われることなく

平和に針仔飼育に集中出来ている。











201805162.jpg

1腹目の針仔たち。

最初は黒い容器で飼育を始めたけど

針仔も残餌も糞も見にくくて不便なので

今日から昨年も使用した半透明の容器に変更。











201805163.jpg

ぼちぼち尾の形で選別が出来るかなという時期。

すでにサクラ尾っぽい仔がちらほら・・・。

いい仔に育ちますように。











201805164.jpg

2腹目。

こっちは1腹目と1日しか孵化した日が変らないのに

全体的に1腹目に比べてやや小さい。











201805165.jpg

こっちもぱっと見でサクラ尾がちらほら・・・。

そんな中でもいい仔がきっといるはずなので

見落とさないようにでっかい虫メガネっでも買ってみよう。

ハズキルーペってどうなのか?

今度調べてみよう。



ということで

首や背中や腰が痛くなるあの選別地獄・・・。

来週ぐらいからやるか。



では、また。



  1. 2018/05/16(水) 23:16:58|
  2. 金魚飼育全般

鳥害

■アオサギ

日本で繁殖するサギの中では最大。

体長約1メートル、羽を広げれば1.5メートルにもなり、北海道から九州まで広く分布。

川や池などで主に小魚やカエルなどを食べ、時には飼育している金魚までも食べてしまうバカ野郎。











201805121.jpg

201805122.jpg

今朝、金魚たちに餌を与えようと自宅裏に行くと

プラ舟ジャンボの水面に不自然に大量の苔が浮いていた。

4月初めに床直しをしてから天気が良かったため

あっという間にグリーンウォーターになり舟の中は苔まみれ。

その苔が空から降ってきたかのように水面に浮いていた。











201805123.jpg

しかも、いつもなら朝の餌の時間になると

魚たちはすでに水面に待機しているはずなのに今日は1匹もいない。

グリーンウォーターではあるが魚影も全く見当たらない。

急いで水を抜き、魚たちの数を確認すると

黒東になり切れなかった3歳茶東2匹と

2歳魚の変わり東と黒東の計4匹しかいない・・・。

仔引きには参加させなかった4歳魚たちや

お気に入りになれなかった2歳魚たちに

大事に育てていた7歳の東もいない・・・。




やられた・・・。




2015年2月からプラ舟ジャンボで飼育を始めて3年ちょっと。

ジャンボ舟は深さがあるため、猫やカラスぐらいだったら問題ないため

あえて網や蓋などの対策はしていなかった。

そんな深さがある舟でもお構いなしに金魚を襲う奴がいた。





それがアオサギ。





長~いくちばしで舟の中を突きまわしたか

直接中に入って襲った可能性がある。

だから大量の苔が水面に浮き、水もいつもより濁っていた。

黒系の東たちは体色を活かして逃げ切ったが

モザイク透明鱗の魚たちは根こそぎ持っていかれた。











201805125.jpg

仔引きで頑張った浅葱組と黒東たちはそれぞれ80舟で飼育し

網で対策しているため、特に荒らされた様子はなく

魚たちも元気だった。



ジャンボ舟もいつか対策しないといけないなあとは思っていたけど

どこかに油断があり、すぐに行動しなかったので

自業自得ではあるが、あの7歳の東は本当に残念・・・。


とりあえずジャンボ舟に対策をするまでは

しばらくジャンボ舟は無期限停止にして

80舟2つで様子を見ることにした。











201805124.jpg

あの野郎・・・

悔しいけど

よくあんなデッカイ7歳東を咥えられたなあ・・・。





次の休日に80舟の対策をもっと強化しないと。






では、また。




  1. 2018/05/13(日) 01:06:47|
  2. 金魚飼育全般

給餌

201805101.jpg

ブライン給餌を始めて今日で3日目。

毎年やってる事なのに、やり始めは何となく段取りが悪く

効率の悪い作業をしてしまう・・・。

1リットルの水にどれだけの塩を入れたらいいのかさえ

少々戸惑いながら、一応しっかり取説を確認してしまう・・・。

今年は久しぶりに2腹分の針仔たちを管理するので

最初から2リットルに2グラムのブラインを沸かし給餌。











201805102.jpg

昨年から使用している簡易給水タンクでブラインの幼生を分離。

このタンクは値段の割に本当に役に立つ。











201805103.jpg

この茶こしもブライン給餌には欠かせない一品。

この茶こしがなかったらブライン給餌はやりたくないぐらい貴重な一品。











201805104.jpg

今年のブラインは、昨年購入したエッグ。

未開封のまま餌用冷蔵庫で保管し一年近く経過しているが

何の問題もなく孵化した。

でも一度開封してしまったので今後もしっかり孵化するかは怪しい・・・。

一応新しいエッグは用意したほうが良さそう。











201805106.jpg

1腹目。

孵化した数は500~600ぐらいかと思ったが

産卵床を撤去してあらためて見ると、1000ぐらいいそう。

でも毎年過密だから成長が遅いなどなど問題あったけど

今年はちょっといい感じの匹数なので、サボらなければ

すくすく成長しそうな気がする。











201805105.jpg

2腹目。

こっちは1腹目に比べて匹数は圧倒的に少なく

こっちこそ500~600といったところ。

でも油断するとすぐに成長して過密になってしまうので

細かな選別や容器をサイズアップする時期を早めに見極めないと。




ということで

この時期のこのブログは毎年同じような進歩のない内容になってしまう。

そのうちブライン給餌にも疲れ果て、ブログ更新すらままならなくなり

結局ブログの活動休止に陥ってしまうでしょう・・・。



ってことにならないように、頑張らないと。




では、また。




  1. 2018/05/11(金) 00:50:59|
  2. 金魚飼育全般
次のページ

プロフィール

coconon

Author:coconon
東錦一本飼育です。

気が向けば小規模ながら仔引きにも挑戦。

かなり不定期更新のブログです。

最新記事

月別アーカイブ

カテゴリ

金魚飼育全般 (376)

訪問者数

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。